【ソフトボール】初陣飾れず。立命相手に惜敗。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度第50回秋季関西学生リーグ戦対立命大◇9月24日◇泉佐野南部公園◇

立命 001 011=3
関大 010 000=1

(立)高森―石原
(関)辰巳―鈴木

開幕戦、勝利の女神は関大に微笑まず。2回に先制点を取り、ペースをつかんだかと思われた。しかし、要所を抑えられずまさかの逆転負け。終始笑顔が絶えなかった樫原ソフトだが、初陣を飾ることはできなかった。

最初にホームベースに帰還したのは関大だった。2回、5番髙濱友裕(情2)が四球で出塁すると、相手投手の暴投で進塁。さらに、6番辰巳大樹(情1)の内野ゴロの間に3塁へ進む。そして、待望の一本は7番尾崎友康(安全2)から生まれた。左方向へと放たれた鋭い打球は、チームが待ち望んだ先制点をもたらし、関大が主導権を握ったはずだった。


△髙濱


△尾崎

しかし、3回。2死から四球で出した走者を3番打者の中間打で帰し、同点に追いつかれる。スコアが並んだまま迎えた5回。1死1塁で、辰巳が2番打者に投じたその4球目だった。内野ゴロで打ち取ったはずの打球は誰のグラブにも収まることなく、奥の鮮緑の芝生へ。不運にもその一本が適時打となり、逆転を許すことに。さらに、追い打ちかけるように6回に中越打を放たれ、終盤での痛い追加点となった。


△辰巳

「すごい悪いわけではなかった」。先発の辰巳がそう話すように、この試合、奪った三振は11。1年生投手は決して不調ではなかった。しかし、相手投手にきわどいコースをつかれた打撃陣が力投を援護できず、敗戦。好スタートをきることはかなわなかった。しかし、チームはまだ始まったばかり。樫原ソフトは太陽を失うことなく、勝利への道を駆け抜ける。【文:中西愛/写真:西井奈帆】

▼辰巳
「すごく悪いわけではなかったが、四球を出したことが失点につながってしまった。(今日打たれた球種は?)ライズが打たれた。いいところに落ちて、アンラッキーだったという感じ。ショートゴロだと思った打球がセンターまで抜けていった。多少取られるとは思っていたが、嫌な点の取り方をされた。(次戦に向けて)1試合空けての試合なので、この試合の続きのようなイメージでやっていきたい」