【弓道】王座に王手!連勝3に伸ばす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生リーグ戦第3戦◇対天理大◇9月23日◇関西大学◇

関西大64ー53天理大

ここまで無敗でリーグ戦を勝ち進んできた。王座までもう少し、第4戦はホームで挑んだ。

メンバーは鈴木江梨香(化生1)、吉仲秋月(安全2)、岩本真奈(社3)、金井茉緒(法4)。
1立目から、大前の鈴木が安定の射で流れをつかみ、13中を出し関大がリードする。2、3立目は鈴木、岩本が皆中を出して相手との的中差を保った。

続く4立目は鈴木、吉仲、岩本が皆中を出し、関大の強さを見せつけた。しかし、最終立。「毎回の試合の課題である最後崩れてはいけないということができなかった」(金井)。先週の試合でも目立った終盤の崩れが出てくる。岩本は2中、金井はすべて抜いてしまい9中となるも、64-53で関大が勝利を挙げた。

ここまで着実に勝ち上がってきた。昨年は惜しくも叶わなかった王座まであと1勝。必ず王座を決め、悲願の王座優勝へ。もう道は見えている。【文:野村沙永/写真:金田侑香璃】

▼金井
「全体の流れとしては悪くなかったけど、毎回の試合の課題である最後崩れてはいけないということができなかったということが、次の試合に課題を残してしまったかなと思う。悔しい部分はあるけど、一応勝てたのは勝てたのでそれはうれしい。自分自身はあまり調子が良くなかったので、なんとか自信を持って挑もうと4立目までは何とかできたかなと思うけど、最後の最後で迷ってしまって当てることができなかったことがとても大きな課題だと思う。来週に向けて調整していかないといけない。(残り1節ですが)未知数な相手でもあるので、いつも通りに自分たちがやるべきことをやったらちゃんと戦っていけると思う。(自身最後のリーグ戦ですが)今まで1年生から3年生の後輩が頑張ってここまで引っ張ってきてくれたのはすごく感謝してる。そのひとつの襷(たすき)になっていけるのが4年生、試合では活躍してこれなかった人間の務めだと思う。これからは自分も部を引っ張っていって、部を支えられる選手になりたいし、何回も言うけどとても感謝している」

▼岩本
「結構、下級生が頑張ってくれた。すごく頼もしくてしっかり引ききれたと思う。振り返りも大事だけど、後悔せずに次の試合に向けて調整していきたい。(残り1勝で王座が決まりますが)残り勝って、全勝優勝して王座でも優勝できるように。最後まで気を抜かずに、3年生最後のリーグ戦を締めくくりたい。(次戦の和歌山大は)次は相手がホームなので、大きい声も出せると思うので、相手のペースや勢いに乗せられないようにしっかり対策していきたい」