【ハンドボール】熱戦を繰り広げるも、リーグ5敗目を喫す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ第6戦◇対武庫女大◇9月23日◇桃山学院大学

【前半終了】関大8-8庫女大
【後半終了】関大7-13武庫女大
【試合終了】関大15-21武庫女大

リーグ6戦目となるこの試合の相手は、攻撃スピードが速い武庫女大。そんな強い相手に対して関大は、中川監督が「本当によく頑張った」と褒めるほどの熱戦を繰り広げた。

関大側のオフェンスから始まり、開始わずか1分で吉川歩里(人1)が先制点を決める。だが、相手もすぐさま1点を取り返して攻めてくる。また、GK成願茜(人4)は攻撃を阻止するが、相手のスピードに流されパスがうまくつながらず、なかなかシュートを試みることができない関大。藤村祐里子(商3)は攻撃を阻まれながらも食らいつくが、決まらない。相手も果敢に挑んでくるものの成願がゴールさせず、点数が動かない時間が続いた。だが、11分で藤村が決めるとゲームは動き出す。GK山下汐香(社1)が7㍍スローを阻止すると、続いて藤田理菜(人4)が相手の隙をついて、ゴールネットを揺らす。その後も、中山真侑(人1)がGKの股下を抜いて点を決めるなどの好プレーを見せ、相手に詰め寄る。だが、25分あたりからパスミスが目立ち始めて失点。タイムアウトを取って調子を整えると、残り10秒での攻撃を成願が弾き、同点で前半を終える。

△成願


△中山

後半、30秒で相手に先制されるが、藤田が力強いシュートで追いつく。このまま流れをつかむと思いきや、ここから武庫女大との力の差が見え始める。中川監督が「スタミナが課題」というように、中盤からミスを拾われて攻撃される場面が増えた。成願が上に上がっている隙を狙われ、ロングシュートを決められる。その後も何度も打ち込むが、相手GKにコースを読まれ、ことごとく跳ね返される。終盤になっても相手のスピードは衰えを見せず、6連続で失点してしまい7点差まで広げられた。ラスト10秒で1点を返すものの、結果は敗北となった。

今リーグ5敗目となってしまった。全国の舞台でプレーするためには、もう負けることは許されない。この試合で見つけた課題を修正して、「ここからは強敵とは当たらないから、戦いやすいはず」という中川監督の言葉通りに、残りの試合はしっかりと戦って勝ち抜いてくれるはずだ。【文:竹中杏有果/写真:柴村直宏】

▼中川監督
「(今日の試合は)手一杯といえば手一杯だった。今日は成願さんがよく頑張っていた。後半は、スタミナ切れが目立っていた。力の差もやっぱりあると思う。攻めてくるスピードも全然違うし。昨日も、武庫川が強いっていうのは分かってるし、負けるつもりで行くんではなくて、内容を濃くすれば絶対に次につながるからっていう話はしていた。でも、本当によくやった。もうここからは強いチームとは当たらないから頑張ってほしい。明日は、連戦でちょっとしんどいとは思うけど、今日よりは戦いやすいはず。初めからどれだけついていけるかが重要だと思う」

▼稗田眞子主将(人4)
「今回は逆速攻でやられることが少なかった。相手を走らせないことを徹底したら、それがドンピシャにはまった。自分たちはディフェンスから速攻という流れを戦おうとしているが、今回はあんまりシュートに対する判断が良くなかった。飛び出すことはできたいたけれども。でもこの試合を通して手応えがあったし、通用したところもわかった。次の龍大戦は今日の反省を生かして、自分たちのディフェンスから速攻というスタイルを持ちつつ、しっかり勝ちきりたい。ディフェンスはよかった。機能していたからこそこの点数に抑えることができた。反省としては、相手は突破力があって今日だったらもっと早めに対応するべきだったかなと思う。オフェンスはどういうシュートに持っていくべきか話して、フォーメーションを意識したり、意図を持ってシュートに持っていけたかが大事になると思う。終盤点数が空いた時は、打ち急いだり間合いが近くなってしまったりしていたので」

▼成願
「今日の試合は、お互い点が入らない時間が多くて、後半の15分くらいまでは長く感じた。でもそこで、武庫川は(点を)取れたけど、自分たちは取れなくて、そのまま離されていったっていう展開になってしまった。やっぱり最後の15分の粘りが欲しかったゲームかなと思う。先週、後輩のキーパーの子が出て活躍していたから、自分も4年生で最後だから頑張りたいなっていう気持ちで今日は頑張っていて。それがうまくはまったというか。まあ相手が当ててくれていた部分もあると思うんですけど、良い方向に行ってほっとしている。武庫川は縦に強く来るチームだけど、同志社は逆に引きずり出してきて攻めてくるから今日みたいにガンガン当たりに行ってしまったら、その間を狙われてしまうと思う。だから、その辺を修正してやっていかないといけないと思うし、点が入らなくなる時間帯っていうのは、絶対(攻めて)来ると思うから、その時に今日みたいに同じ攻め方をしないようにしたい。」