【ソフトテニス】最終戦白星締め!秋リーグ3位で終了。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦2日目◇9月23日◇マリンテニスパーク・北村◇

【4戦目】関大0―3立命大
薮内・古田  1―4
阿久根    3―4
西村・中別府 0―4
【5戦目】関大2―1神松蔭女大
薮内・古田  4―1
阿久根    4―0
本城・浦口  0―4

【結果】
3位 関大

最後は難敵相手に勝利で締めた。秋季リーグ戦の2日目は、立命大と神松蔭女大との試合に。立命大戦には敗北となるが、昨年準優勝の神松蔭女大には快勝。薮内祥子(人3)・古田麻友(人2)組が幸先よく白星を上げると、阿久根麻尋(文2)も続いた。結果は3勝2敗の3位。「まだもっとできると思う」(薮内)と満足いく結果ではなかった。しかし、西岡真里華主将(文4)や、田中純(人4)が抜けた中でも、阿久根など新たな戦力が台頭した大会となった。

立命大戦でも、オーダーは初戦と同様で挑んだ。薮内・古田組がコートへ。勢いをつけたいところだったが、出鼻をくじかれた。自らのミスでも崩れてしまい黒星となる。続くシングルスには阿久根。相手は今年の全日本インカレを制した梶尾だった。負ければ優勝の可能性が消滅する大事な一戦。相手の前後の揺さぶりに食らいつき、ガッツポーズを作る。応援でも波に乗りファイナルへ。しかし、最後の最後で力尽きた。ファイナルでは4連続ポイントを許し決着。女王の底力を見せつけられた。

神松蔭女大戦では、1番手から流れをつかんだ。薮内の強烈なシュートボールや古田のスマッシュで得点を奪う。相手に流れを渡すことなく、勝利をもたらした。続く阿久根は、相手のバック側へのサーブを効果的に使う。第1ゲームを6-4の末奪うと、その後は加速。フォアハンドでのラリーの応酬に打ち勝った。続く本城琴都(人1)・浦口華音(安全1)組は、敗北となるが最終戦を勝利で締めくくった。

チームとしては3位。「春に向けてのいい経験になった」(薮内)と、多くの新メンバーで挑み収穫の秋リーグとなった。今後は、大阪学生選手権大会などの個人戦が控えている。個の力を磨き、春に強くなった姿を見せつけたい。【文:松浦智/写真:松浦智・長尾洋祐】

▼薮内
「チームとしては3位になったが、まだもっとできると思う。応援もだし、もっと向かっていけると思う。春に向けてのいい経験になった。全日本インカレの時のようにもっと盛り上がって応援を今度の春は出来たら良いなと思う。(神松蔭女大戦について)後衛が高校の後輩で、絶対に負けたくなかった。初めての新チームでの団体戦で私がもっとしっかりしないと、チームの雰囲気も下がってしまう。最後きっちり締めないとと思っていた。1日目は自分が勝たないとと思っていてやっていたのが良いようにいっていた。今日初め優勝がかかっている場面で、勝たないといけないと思いすぎてしまい今日は悪いほうにいってしまった。力が入って自分のテニスが出来なく、チーム自体も負けてしまった。実力的には負けている自信はない。あとは、気持ちだけかなと思う。フットワークは良くしなければならない。選手だけでなく、応援を含めみんなで勝っていくのが関大の良い所。縦と横のつながりを強くして1人1人が絶対勝つと思いながら自覚をもって練習をしていけたらいいと思う。春には新入生も入ってきてくれるので優勝する」

▼西村友里(社3)
「初めての団体戦で緊張した部分はあったが、自分なりにしたいことは出来たかなと思っている。1日目は自分の力を精一杯出せてしたいことは出来たが、2日目は上手くいかなかったが中別府が助けてくれた。そこはペアとしては良かった。(2人のプレースタイルは?)私が打っていって中別府が決めるのが1番望ましいかなと思っています。(課題は?)技術は追いついてきているが、精神面的に追い詰められているところがあった。精神面の力をもっと力をつけることが大事だと思う。(出場することは決まっていた?)出るとは言われていないけど、出る覚悟はしておいてと言われていた。誰が出てもおかしくない状況だったので、合宿も気持ちを入れて迎えることが出来ていたと思う。初めて団体に出させてもらったので、この経験を生かしさらに自分の得意なプレーをできるように頑張っていきたいと思う」

▼古田
「2部に落ちることなく1部をキープできたのはほっとしている。初めての1試合目だったので、緊張もあった。勝たないといけないというメンタル的な部分もあった。最後の松蔭だけはしっかり自分たちのプレーが出来たと思う。プレーで良かったのはあまりなかったかなと思う。でも、自分で思い切ってプレーできたのは良かった。1試合目に出ることで1ゲーム目が大事だと思う。その1ゲーム目をどうするかを考えて生かしていきたいと思った。秋季リーグ戦を通して満足はしていない。(春季リーグ戦について)全体としてチームがまとまった状態で入ることが出来る。優勝したい」

▼中別府
「田中先輩が抜けてペアがいろいろ変わった。自分のテニスがあまりできなかったので、悔しい。練習中は基本友里先輩と組んでいて、リーグでは綾乃先輩と組んだりした。緊張はあまりしなかったが、私がしっかりしないとと思ってしまい力んでプレーをしている。練習から試合を想定して出来たら良いなと思う。自分が仕掛けないといけないところで仕掛けられなかったり、自分で決めようとしすぎてミスをしてしまったりしたのでしっかり修正していきたい。技術的には、調子が悪いとかあまりないのであとは自分の持っている力をどう試合で出していくかが課題だと思う。(春リーグに向けて)私らしいプレーが出来るように練習していきたい」

▼本城
「ほとんど出ないかなという感じだった。しかも松蔭という強い相手だったので向かっていこうと思った。ペアも1回生なので、とりあえず向かって言ってプレーしようと思っていました。出ると決まったのは第5戦の前。後衛がいないというのがすごい言われている。なので、雁行陣ができる後衛になれるように意識している。夏はダブル後衛をしていたので、つなぐボールばっかりになっている。ロブは出来るけどシュートボールで先に攻めるプレーを増やしていこうかなと思っている。先に攻めていくプレーとレシーブがあまり好きではないので、コースとか球種を増やせるように練習していきたい」