【野球】最後まで1本が出ず、勝ち点逃す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦第4節◇対近大3回戦◇ほっともっとフィールド神戸◇

関大 000 000 000=0
近大 000 002 04X=6

(関)山本隆、肥後―高橋佑
(近)小寺、林山―川上

まさかの敗戦で、チームは苦境に立たされた。1勝1敗で3戦目に駒を進めた近大戦。エースの好投も虚しく、2日連続で相手投手に完封で抑え込まれる。最後までホームを踏めないまま勝ち点を献上することとなった。

先発は山本隆広(人4)。毎回ヒットを許すものの、後続を断って無失点投球を繰り広げる。4回には2者連続三振で三者凡退に抑え、マウンドで吠える姿も。エースの活躍で5回まで近大打線を封じ込むが、6回に試合が動く。


△山本隆

6回裏、先頭の1番向に左前打を放たれると、3番竹村の適時打でランナーは生還。守り抜いたスコアボードの「0」はここで途切れ、先制を許したところで山本隆はマウンドを後に。2番手で肥後皓介(人3)が登板するも、ホームを守り切れず、さらに1点を奪われた。8回にも被安打と守備陣の失策で次々失点。この回一挙4点を失い、悪い流れから抜け出すことができなかった。


△肥後

打撃陣も決め切れない。7回には6番肥後と代打・北川拓輝(政策2)のヒットなどで2死一、三塁の好機を演出。しかし1番多田桐吾(人4)が三振で打ち取られ、唇をかんだ。打線は最後までテンポを作れず、ピッチャーを援護できないまま試合終了。選手の顔には悔しさがにじんだ。


△肥後


△北川

投打がかみ合わない試合が続いた近大戦。追い込まれた関大は、これ以上の敗北は許されない。残る試合は全戦必勝。熱い闘志を抱く男たちの本気は、まだまだこんなものではない。【文/写真:松山奈央】

▼早瀬監督
「初戦を取って、昨日をあんな風にやられて。全然点が取れてないから勝ちようがない。チャンスでも取り切れていない。クリーンアップも低調。そこが頑張らないと。ピッチャーは力を出してくれている。点を取れないから、辛抱し切れなくなる。個人の調子にバラつきが出るのは当然。そこをみんなでどうカバーするか。チームの雰囲気は悪くない状況で来てたから、選手も今日は落ち込むと思う。だがスポーツは切り替え。切り替えを大事に。勝ち点を落としてもう後がない。残る全部の試合を勝たないと。最後となる4回生を中心に頑張ってほしい」