【アメリカンフットボール】苦しい試合を制し、開幕3連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2018関西学生リーグDiv.1第3節◇対近大◇9月22日◇於・EXSPOFLASHFIELD◇

【第1Q】関大0-0近大
【第2Q】関大3-6近大
【第3Q】関大3-0近大
【第4Q】関大10-0近大
【試合終了】関大16-6近大

リーグ戦3戦目の相手は近大。苦しい状況が続く試合となったが、終盤に強さを見せ開幕3連勝を決めた。

両チームとも無得点で迎えた第2Q。先制したのは関大。K三輪達也(法4)がフィールドゴール(FG)を決めた。だが、その後近大もFGを決め同点に。攻撃権が関大に移り、フォースダウンでFGを狙う。三輪が48ydから蹴ったボールはゴールポストを通過しなかった。流れが近大に傾く。関大の反則で相手に15ydのゲインを与えてしまう。残り2秒としたところでFGを決められる。3-6とリードを許し、後半へ折り返すこととなった。

第3Qは関大の攻撃から始まった。QB入佐一輝(情4)からのパスでゲインを重ねる。31ydから三輪が今度は着実にFGを決め、振り出しに戻す。

第4Qでも三輪がFGを決め、逆転に成功。流れを関大に引き寄せた。フォースダウンで近大がパントキックを選択。蹴った瞬間のボールをDL永岡嵩大(文4)が弾く。それをDB湯浅直希(商3)がキャッチ。そのまま20ydを走り切り、自身公式戦初のタッチダウン(TD)を決めた。「落ち着いて行こう」(三輪)。三輪も冷静にトライフォーポイントを決め、7点を追加。DB浜島康太朗(環3)がインターセプト。相手に攻撃させる時間を与えず、試合終了となった。

「僕らが目指しているのは日本一」と山田周平主将(人4)。目線を常に上に向ける。4連勝を目指し、10月7日の神大との一戦に臨む。【文:遠藤菜美香/写真:水上壮平】

▼山田主将
「近大は強いってことが事前のスカウティングでわかっていた。厳しい試合になるっていうのは自分たちもコーチたちもわかっているつもりで2週間練習はしてきたけど、まだ甘さが出てしまった。龍谷戦みたいな感じで、なかなか雰囲気も向こうの方が良かったし、自分たちのプレーができなかった。オフェンスで点を取りたかったところだけど、湯浅がTDしてくれて確実に流れはこっちに来たし、終盤のあのプレーは勝ちを決定させる点だった。いい活躍をしてくれたと思う。僕らが目指しているところは日本一なので、日本一を目標にしているといえるような試合をしないといけない。これまでの試合はそう言える試合ではないので次戦はいい内容の試合をしたい」

▼湯浅
「近大戦はチームとしても一つの指標としてとらえていた。関学、立命も近大と戦っていて、チームとしては一つの指標としてとらえていた。ディフェンスとしては関学、立命よりも抑えて、無失点にしようと考えていた。ボールが飛んできて、取ってTDできてうれしかったです。ディフェンスとしては、オフェンスが取れていないなかで、どれだけ自分たちが止めるか、ボールを取れるかが重要なことだった。みんなでなんとしてでもボールを取ろうと話していました。龍谷とも近大とも苦しい試合をしてきたけど、関学、立命戦を前にして勢いのつくゲームをできたらいいと思う」

▼三輪
「前半、相手にもフィールドゴールまで進まれたり、こっちのフィールドゴールを止められたり、苦しい展開が続いていた。その中で、はずしてしまい相手リードで後半に入った。でも、はずしたあとからがスペシャリストの問われるところ。あわてず後半に臨んだ。(逆転の場面では)ビックポイントの後のトライフォーポイントは舞い上がってしまうものだが、上級生で落ち着いて行こうと話して集中し直した。あそこで浮き足立たなかったのは春より成長したところ。苦しい戦いが続くが、一戦一戦気持ちを入れて、日本一目指して頑張る」