【準硬式野球】リベンジ果たし3連勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西六大学秋季リーグ戦第2節◇対立命大1回戦◇同志社大学軟式野球場◇

関大 000 200 110=4
立命 000 100 001=2

(関)平井、沖崎、池川―庄中
(立)二宮、高橋―笹部

秋晴れの下で、チームに笑みがこぼれた。開幕から好調キープの関大準硬が3勝目を挙げた。今試合の相手は、リーグ戦前の練習試合で接戦を落として悔しい思いをした立命大。普段は2連戦の試合も、雨で試合日程がずれたため、単発で1戦のみ。手強い相手へのリベンジに、存分に力を発揮した。

先発マウンドを託されたのは平井巽(法3)。「変化球がなかなか入らなかった」。普段よりも四死球が目立ったものの、打たせて取るピッチングでホームを踏ませない。4回裏には連続ヒットを浴びて1点を失うものの、続くピンチを守備陣に助けられながら切り抜ける。その後は安定した投球でバッターを封じ、8回1失点の好投でエースの貫録を見せつけた。

両チームともに得点できないまま迎えた4回、関大が均衡を破る。この回先頭の6番阪本幹太(安全1)が左前二塁打で出塁すると、7番松本航太(安全1)も内野を抜ける一打で続く。そして、相手先発・二宮の暴投と、9番長尾聡大(政策3)のスクイズで2点を挙げて先制に成功した。


△阪本


△松本


△長尾

ルーキーを中心とした攻撃は止まらない。7回表、8番庄中亮太(政策2)が失策を誘う打球を放つ。再び暴投と長尾の犠打で3塁まで進むと、2番東條光希(安全1)の当たりが守備陣の間をすり抜けて中前適時打に。


△庄中


△東條

8回表にも、4番前田航平主将(環都3)のヒットを皮切りに打線がつながり、6番阪本の適時打で追加点を挙げ、ダメ押しの2点を捧げてエースの好投に応えた。最終回に1点を返されるものの、それ以上はホームを死守。2点のリードを保ってゲームセットとした。


△前田


△阪本

ヤマ場の立命大戦も、無事先勝を収めた。このまま2勝、と言いたいところだが、2回戦の前には阪大との2連戦が控えている。2連戦から中1日でまた1試合とイレギュラーな試合日程だが、しっかりと体を整えて臨んでほしい。勝利の流れは関大に来ている。【文/写真:松山奈央】

▼丸山監督
「雨で練習があまりできずにいて、試合前ノックを見た時に、『接戦になるだろう』と思った。同大に2連勝して、選手の気持ちとしては高かったのでは。勝つことももちろん大切だが、課題を見つけて次の試合につなげることも大切。1年生が活躍するのが、今のチームとしてはベストの形。前とは色が全然別のチーム。今まで出ていなかったメンバーだが、ハラハラな試合にならないようにやっていきたい」

▼前田主将
「雨で流れて、試合や練習がなかなかできなかったまま迎えたから、体があまり動かないのが心配だった。アップは良かったが、ノックがダラッとしてしまっていた。入りが遅れていたのは相手も同じだったから、お互いに最初は点が取れなかったが、これがしっかりと入ってくる相手だったりしたら苦しくなる。雨で流れた時も、だらけずしっかりとやってほしい。(先発平井について)平井は頑張ってくれていて、頼りにしている。平井が投げる日はロースコアで、先制できるかが大きい。(打撃について)暴投や長尾のスクイズで4点取って、リーグ前の練習で作ってきた形で取れている。エラーもなかった。ランナーを背負っても点をそこまで取られず、守備力が上がっていると感じている。1年生もリーグに慣れてきて、自分たちのプレーができてきたのでは。チームが勝ち方を分かってきて、打って点を取るだけではなく、戦術の引き出しを持つようになった。先制して、ダメ押しの追加点もして、入り以外は良かった。あとは自分がふがいなさすぎたことくらい。開幕戦の時から言っているが1点取って『良かった』ではなく、取れる内に取る。後から逆転されて焦るのが関大の悪い所」

▼平井
「4回のピンチで、最小失点で抑えられたのは良かった。先制してくれて、2点差で投げやすかった。マウンドが他の球場よりも低くて、変化球がなかなか入らなかったが、真っ直ぐとツーシームで抑えられた。今日は連戦じゃないから、明日のことを気にせずにピッチャーを出させて、全力をぶつけられる機会。信頼して出しているし、点は取られてしまったが、これがベストな選択での結果だと思う。次の阪大戦をしっかり2連勝して、余裕を持って日曜の立命大へ。そうすれば優勝も近付く」

▼東條
「今日のヒットはたまたま。(3回表の二塁打について)試合のテンポが早かったし、先頭だったから『とりあえず出よう』と思っていた。(7回表の適時打について)いつも自分が足を引っ張っているので、なんでもいいから1点を取ってチームに貢献しようと思った。打った時は最高でした。でも、サイクルヒットを約束してたのはできなかったですね。いつも練習を手伝ってもらっている先輩などのためにも、優勝したい。来週3連勝して近付ければ」