【ソフトボール】1年生佐保が好投も、1点差ゲームを落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第50回秋季関西学生1次予選リーグ戦第3節対龍谷大◇9月23日◇大阪大谷大学グラウンド◇

関大  000 010 0=1
龍谷大 100 010 0=2

(関)佐保、髙井-日吉
(龍)緒方-奥

1部残留に向け負けられない戦いが続く中、ここまでリーグ戦2連敗。この日は龍谷大との一戦だった。

マウンドを託されたのは初先発の1年生・佐保知里(人1)。初回2死から3番奥にレフトオーバーの二塁打を打たれると、3連打で先制を許す。しかし、2回以降は調子を取り戻し、持ち味のフライを打たせる投球で凡打の山を築いた。


△佐保

援護したい打線は5回、先頭の石橋美奈(人1)が三遊間をしぶとく破るヒットで出塁。続く森香央理(人1)がバントを決めると、代打・平木琴実(人4)がピッチャー強襲のヒットを放ちチャンスを広げる。その後、盗塁で1死ニ、三塁となり、絶好の場面で迎えるはキャプテン・山元麻莉絵(人4)。ここで関大はエンドランを仕掛ける。しかし、バットは空を切り、三塁ランナーが挟れ、2死三塁。「チャンスを潰してしまった」(山元)と悔やんだ。その山元の打球はセカンドゴロ。しかし、ここで龍谷大の二塁手・星野がエラー。山元は執念のヘッドスライディングで一塁セーフに。この間に3塁ランナーが生還し、同点に追いついた。


△石橋

△山元

だが、チャンスの裏にはピンチがあるもの。龍谷大の9番和泉に内野安打を許すと1番林に左中間に持っていかれ再び勝ち越しを許し、ここで佐保は降板。代わった髙井菜々(人1)が後続を断つも、打線に元気が無く、龍谷大の先発・緒方に完投を許し、1点差ゲームを落とした。


△髙井

好機を作りながら、あと一本が出ず敗れたこの試合。打線に元気がなく、秋季リーグの得点は今日の1点のみ。好調の佐伯瞳(社3)や、売り出し中の1年生・鎌塚玲美(人1)などヒットは出ている。打線が繋がりを取り戻し、投手陣を援護できるかが鍵となるだろう。【文:水上壮平/写真:三木勇人】

▼山元主将
「前の試合で負けてから、この龍谷大戦を落とすわけにはいかないという気持ちで練習してきた。(5回裏の)エンドランでミスしてチャンスを潰してしまった。そのあとも普通の内野ゴロだったが、相手のミスに助けられた。反省の方が大きい。チーム全体にやはり硬さがある。ここのところ打撃練習中心で、みんなめっちゃくちゃバットも振ってきたが、良いところを出せなかった。今日は佐伯が3本打ったが、後続が続かず打線が途切れ途切れになってしまった。目の前の試合を一つ一つ勝っていきたい」
▼佐保
「今日は公式戦初先発だったが、集中して入ろうと臨んだ。自分はライズ系のピッチャーなんでフライで打ち取ろうと決めていた。上位打線に高めの球は抑えれていたが、低めの球は打たれてしまった。負けられない一戦で投げることができていい経験になった。自分の特徴を最大に生かし、テンポを大事に投げていきたい」