【ソフトテニス】天理大戦、阿久根が決めた!チームは2勝1敗でトップタイ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦1日目◇9月22日◇マリンテニスパーク・北村◇

【1戦目】関大2―1関外大
薮内・古田  4―2
阿久根    4―1
西村・中別府 2―4
【2戦目】関大1―2関学大
薮内・古田  4―2
阿久根    0―4
木村・中別府 2―4
【3戦目】関大2―1天理大
薮内・古田  4―0
阿久根    4―1
木村・中﨑  0―4

「関学大に勝ち切れなかったのは良くなかったけど、明日につながる内容だったと思う」(薮内祥子主将=人3)。チームとしての初陣を終え、薮内主将はまずまずの手応えを得た。本日から秋季リーグ戦が開幕。薮内を新主将に据え、新たなシーズンへ挑んだ。西岡真里華前主将(文4)や、田中純(人4)が抜けたこともあり、メンバーを大きく変更。その中でも、シングルスを務めた阿久根麻尋(文2)が第3戦の天理大戦を勝ち切りチームとして2勝。初日を2勝1敗のトップタイで折り返した。

初戦の相手は関外大だった。春季リーグ戦とは異なり、薮内・古田麻友(人2)組がまずコートへ。相手のネットプレーに苦しむ場面も見られたが、薮内のフォアハンドが好調。次々と相手コートに叩き込み、勝利を決める。続く阿久根は、序盤は相手に振り回され苦しんだが尻上がりに調子を上げた。第2ゲームをツイストなどを駆使し、デュースの末奪い返すとその後はラリーで打ち勝ち、関大の勝利を決めた。

第2戦の関学大戦でも薮内・古田組は上々の出来だった。いい流れで後続へ繋ぐ。しかし、ここから苦しんだ。阿久根は相手のコースを突くラリーに対抗できず黒星。1ー1の状況で、木村綾乃(人2)・中別府瑞希(文1)組へ回って来る。幸先よく1ゲームを奪ったが、その後は相手に主導権を握られた。相手前衛に得点を許し敗北。2戦目での黒星となった。

3戦目の相手は天理大。薮内・古田組は第2ゲーム、デュースの末にもぎ取り勢いに乗る。その後は、圧巻のプレーを披露。薮内のストロークで相手を寄せ付けなかった。シングルスの阿久根も、デュースの末に第3ゲームをものにすると加速。相手とのラリーの応酬に打ち勝ち2勝目をあげる。初めての団体シングルスに「60点」とやや課題は残したが、十分に役割を果たした。

1日目終了時点で、6大学中4大学が2勝1敗というまれに見る混戦状態。関大にも優勝の可能性は十分にある。明日は立命大と神松蔭大との試合が控えている。「個人としては良かった」と薮内のペアは好調など、視界も悪くない。残り2戦。負けるわけにはいかない。【文/写真:松浦智】

▼薮内主将
「雰囲気は良かった。2戦目の関学大に勝ち切れなかったのは良くなかったけど、明日につながる内容だったと思う。前まで3番で出ていて、今回は1番。チームが良い流れに乗っていけるようということは意識してやった。私と古田が絶対に勝たないといけないので、絶対に勝ちにいっている。オーダーは監督や幹部と相談して決めた。いろいろ試してよかった人を試合に出している感じ。個人としては良かった。(3番目から1番目になり変わったことは?)3番目の方があまり緊張しなくて、久しぶりに1番だったからかもしれないがちょっと緊張した。新チームになってから意識しているのはチャンスになれば絶対に決めるということと、ミスを減らすこと。テンポも変えていければいいと思い練習をしている。(残り2戦に向けて)絶対に負けない」

▼阿久根
「今日は60点ぐらい。1試合の中で調子が悪くても悪いなりに粘ることが出来た。最後が良かったので、終わりよければすべて良しという感じ。(第3戦の相手の実力は?)ほぼ同じくらい。いつも練習でできていることが出来なかった。サーブレシーブが良かったので何とか耐えた。去年までは、レギュラーの人たちに追いつくとかを考えていた。今年は練習から自分が絶対に出ると思ってやってきた。キャプテンが絶対に勝ってくれるので、自分の勝ちがチームの勝ちになるということを代が変わってから意識してきた。1試合目だけ少し緊張したがもともとあまり緊張しない。残り2戦は、インカレチャンピオンもいるし手ごわい。積極的に自分から仕掛けていくだけだと思う」