【卓球】天理大を圧倒し、全勝優勝で1部昇格を決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ第6日目◇対天理大◇9月16日◇ハンナリーズアリーナ◇

関大4-1天理大
S1 福本 3(11-3)(11-6)(9-11)(11-3)1
S2 坂根 3(11-7)(11-7)(11-5)0
S3 杉山 2(11-7)(7-11)(11-7)(9-11)(7-11)3
D1 坂根・西郷 3(6-11)(11-6)(11-8)(11-4)1
S4 各務 3(11-5)(11-3)(11-6)0
※S5の増田はストレート勝ちするも各務が勝利し団体4勝となった為、記録残らず。

今秋、2部リーグで戦う関大卓球部男子は、リーグ戦無敗で最終日を迎えた。今春リーグで悔しい2部降格を経験したチームは、秋リーグ他の2部チームを圧倒して優勝し、1部に昇格するという目標を立てた。この目標達成まであと一つ。最終戦は主将の西郷純平(安全4)が「実力はどっこいどっこい」と語る天理大と対戦した。


関大に流れを呼び込んだのはスーパー1年生・福本卓朗(社1)。福本は第3ゲームこそ落とすも、他ゲームは豪快なスマッシュやバックハンドが冴え終始、相手を圧倒する。全勝優勝に向けて、幸先の良いスタートを切った。

△福本
続いて登場したのは関大の絶対的エースの坂根翔大(経3)だ。坂根は関西2位の実力を見せつけ、強烈なスマッシュを叩き込んだり、ボールに回転をかけ相手のミスを誘うなど確かな技術で相手に隙を見せない。最後まで相手を寄せ付けず、ストレート勝ちを決めた。

△坂根
2勝し、良い流れの中の3戦目。関大は杉山孝知(社2)がコートに立った。杉山はフォアハンドがよく決まり、難なく第1ゲームを取ると、第2ゲームこそ落としはしたが、続く第3ゲームはバックハンドが冴えわたり第3ゲームを勝ち取る。しかし、相手も黙ってはいない。杉山は第4、5ゲームとリードはするが、相手も粘り、勝ち切ることができなかった。

△杉山
このまま引き下がる訳にはいかない関大は主将の西郷とエース坂根をダブルスで投入する。第1ゲームは「堅かった」(西郷)と語るようにいつも通りのプレイが出来ず、相手に奪われる。第2ゲームに入る前、西郷は坂根から「柔らかくいきましょう」とアドバイスを受けた。これで楽になれたと西郷は本来の実力を発揮し、坂根との連携の取れた動きを見せ、第2ゲームから3連続勝利し、見事勝ち切る。

△坂根(左)西郷(左)
1部昇格への切符は各務博志(人3)と増田隆介(社3)の両3年生のシングルスに託された。各務はコート上で気持ちのこもった卓球を見せる。強烈なスマッシュに加え、絶妙なバックハンドを駆使し相手を寄せ付けずに第1ゲームを先取する。隣のコートの増田もスタンドからの声援に応え怒涛の8連続ポイントを獲得し、第1ゲームを奪う。第1ゲームを取り、勢いに乗った2人はその後も、夏に磨きをあげた実力を相手に見せつけストレート勝ちを飾る。増田は登録順の関係で各務が勝利したため記録こそは残らなかったがリーグ戦前に掲げた圧倒して勝つという目標に花を添えた。

△各務

△増田


今日の試合は、全勝して1部に戻ることが決まった試合であると同時に、これまで関大卓球部を支え続けてきた4年生5人の引退試合となった。

この4年生は1部2部の昇降格を経験してきた苦労の世代であるが、関大の実力を今の1部昇格が当たり前になるレベルにまで底上げした。この4年生の意思を引き継いで、今度は1部にいることが当然であるようなチームにまで到達したい。その一歩として来春リーグは1部で結果を残す。【文:北島大翔/写真:長尾洋祐】

▽西郷主将
「天理大は、毎回2部に落ちた時に、1部をかけて試合することが多いチームなので、実力は(関大と)どっこいどっこいだという印象。接戦になるだろうと予想していたが、一人ひとりが絶対に勝つんだという気持ちを強く持って臨んだ結果が4-1という結果になったんだと思う。今春リーグで惨敗し、2部降格という悔しい結果に終わったが、今秋リーグで1部に戻れる可能性が高いと思っていたが、(1部に)上がった後のことを考えて、ただ2部のチームに勝つのではなく大差で絶対に圧倒して勝てるチームになるということを意識して練習してきた。その結果が他を寄せ付けない全勝優勝につながったんだと思う。坂根とダブルスを組むのは今秋リーグが初めてで、彼の技術についていくことが精いっぱいで、今日も序盤、僕が固くなってしまって1ゲームを落としてしまった。ゲーム後に彼からひと言『もう少し柔らかくいきましょう』という声掛けがあったのと、彼は相手の特徴をよく見ているのでどういう風に攻めるかなどの指示を出してくれたので第2ゲーム以降圧倒して勝てたと思うし、今秋リーグのダブルスで負け無しに終わることが出来たんだと思う。」