【弓道】リーグ戦2勝目!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生リーグ戦第2戦◇対大経大◇9月16日◇京都橘大学◇

[試合結果]関大65-56大経大

開幕戦で白星を挙げ、好スタートを切った関大。リーグ2戦目の相手は、大経大だ。今回は、鈴木江梨香(化生1)、髙平愛華(人1)、金井茉緒(法4)、岩本真奈(社3)をメンバーとして挑んだ。

試合は、関大が先攻で始まった。1立目は鈴木、金井、岩本が皆中。髙平が1本抜いてしまうも、15-13と序盤から、流れをつかむ。続く2立目は高平、金井が1本外してしまうが、またもや鈴木、岩本が皆中し、隙を見せない。3立目では全員皆中で、相手を圧倒。会場に拍手が響き渡る。

だが、だんだんと集中力が薄れてくる4立目から、的中率が下がり始めた。そして最後の5立目では、1本目は全員抜いてしまう。しかし、応援側から聞こえた「切り替えていこう」という言葉が、4人の焦りと緊張をかき消した。8本とまずまずの的中数だったが、結果は65-56で、相手に大差をつけ見事に勝利した。

納得のいく勝ち方ではなかったものの、目標へと一歩近づくことができた。このままの勢いを崩すことなく、昨年は惜しくもつかめなかった、王座への切符を手にして欲しい。【文:竹中杏有果/写真:勝部真穂】

▼岩本
「(今日の試合を振り返って)悔しいの一言。最初いい調子だったたのに、最後まで勢いよくできなかったことが、課題であり、悔しい要因。自信を持って思ったように臨めたし、周りに対してもしっかり信頼感があった。強気でいけたことも良かった。悪かった点は、最後までしっかり支えることができなかったこと。(次戦に向けて)目指しているところは王座。まだまだ通過点なので、勝ちにもこだわって、自分たちの目標としていることもやりきりたい」

▼金井
「私自身、大きな試合に出ることが初めてだったのでとても緊張しました。でも、練習の時から前や後ろで引いてくれてる下回生がすごい頑張っていて、信じることができたので、落ち着いて引けたと思います。練習の時は、今日の試合と同じくらいの的中率が出ていました。まぁ一度崩れてしまうこともあったんですが、概ねは試合の時と同じような感じでした。今後のリーグ戦では、個人としてはもちろん、残りの2戦しっかり出場して、的中を出していきたいって思います。(チームとしては)私たちは、目標を王座ということにしているので、そのための一歩一歩を自分たちの手で積み重ねていけるように、仲間を信頼して、全員で頑張っていきたいと思っています。」