【準硬式野球】中盤の逆転劇!強豪・同大相手に2連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦第1節対同大2回戦同志社大学京田辺グラウンド

同大 202 010 000=7

関大 100 202 03X=9

 (同)戸澤、野口長原

(関)池川、平井―庄中

 まさに目の覚めるような逆転劇だ。雨のため順延となった同大との2回戦。序盤は先行されるが、中盤以降は見事に劣勢を挽回し、開幕2連勝を飾った。

 

この日先発のマウンドに上がったのは今季初先発の池川尚樹(法2)。序盤から制球に苦しみ、本塁打などで3回までに3点のリードを許す。何とか援護したい打線だが、チャンスを作りながらもあと一歩のところで得点することができない。

 

迎えた4回裏、四球などで1死満塁の好機を作ると、9番長尾聡大(政策3)と1番高品吉弘(経2)の連続タイムリーで点差は1点に。ベンチは大きな盛り上がりを見せ、関大の勢いがここから加速する。

 

そして6回裏、8番庄中亮太(政策2)の安打を皮切りに再び1死満塁の場面を作る。迎えるバッターは3番鈴木成大(安全1)。4球目を見事にライトへはじき返し、逆転の適時打を放つ。2人の走者が生還し、6-5と、この試合初めてリードを奪った。。

 

関大は攻撃の手を緩めない。8回裏、三たび満塁とし、迎えるバッターは4番前田航平主将(環都3)。振り抜いた打球は三遊間を抜け、追加点となる適時打をマーク。5番の居内佑太(法2)も続き、この回さらに3点を追加した。

 

投手の方も、池川の後を受けた平井巽(法3)が粘りのピッチングを見せる。9回に2点を失うが、リードを守り切り試合終了。新チーム初のリーグ戦で、開幕から2つの白星を並べた。

 

強敵に2連勝する好調な滑り出し。丸山和大監督も「初めは負けていた中で勝ち越せたというのは、チームの中で自信になったと思う」と語るように、全体として手ごたえをつかんだ開幕の2試合といえる。とはいえ、リーグ戦はまだ始まったばかり。まだまだ負けられない戦いが続く。同大戦で作った勢いを持続させ、チーム全員で優勝まで駆け抜けていきたい。【文/写真:長尾洋祐】

 

▼丸山監督

「初めは負けていた中で勝ち越せたというのは、チームの中で自信になったと思う。ただ、細かいプレーを含めて、自分たちらしい野球ができたかというと、向こう(同大)のピッチャーの調子が悪かった部分も大きかったので、もっともっと詰めていかなければという気持ちはある。(中盤は圧していたが?)点が入ったイニングは自分たちらしい点の取り方ができたので、そこはプラスだった。どうしても1点多く取り切れなかった部分もあったけど、諦めず9回まで戦えたのは良かった。(決勝打の鈴木に関して)1年生ということもあって、前の試合から大振りになっていた。今日1本出て彼もホッとしていると思う。彼らしいバッティングだった。(同大に対して)2連勝したことは過去にあまりない。ただチーム状況も変わってきている中なので、もちろんこれで終わりではない。これから8試合全勝できるようにチームとしてまとまっていきたい」

 

▼前田主将

「1試合目のときは僕らが常に押せ押せムードだった。『負ける気がしない』という状態で勝てた。2試合目に関しては先制されて、苦しい流れだったけど、池川が、調子の悪い中でも踏ん張っていた。打撃陣は、自分のスイングをして相手の甘い球を狙おうということで、ベンチも前向きな声が出ていたので、負けるムードにもならなかったし、逆転できた。ベンチの雰囲気が今日の勝ちの要因だった。(決勝打の鈴木に関して)あいつは1回生で、新チームになってからはスイングが1年生の中で一番鋭くて3番に起用してみたけど、バットを振ることが仕事だということを理解していると思う。1回生ばかりには頼っていられないけど、それでも頼りにしている。(中盤は)相手ピッチャーが、ストライクをなかなか入れられない中で、相手を助けないようにという声かけはしていた。その結果チャンスが広がって、無死満塁という場面も作れた。最後は自分たちの流れだったかなと思う。1節目の相手が同大に決まった時点で勝つことに照準を合わせてチームを作っていた。僕たちの野球をすれば大丈夫だという風にやった結果勝ち切れた。立命大戦にもつながるし、これからのチームにもプラスになる。今日の試合ではバントミスだったり、走塁が上手くいかなかった部分もあった。そういうのがあると流れが悪くなってしまうので、次の試合までにしっかり詰めていきたい」

 

▼池川

「(内容は)良くはなかった。でも大量失点にはならず、切るところは切れた。今日は本当に平井さんに助けてもらったので、チームでつかんだ勝利だと思う。(チームの結果については?)相手の自滅もあったけど、終始ベンチの声とスタンドの声が良かった。そこに助けられた部分もあり、そこに乗れた部分もあった。自分が投げていたときは負けていたので、『打ってほしい』とか『勝ってほしい』とか思っていたし、野手にも助けられた。同大に対して2連勝したので、優勝への勢いはあると思う。雰囲気もいいので、この勢いに乗って優勝へ近づきたい」

 

▼鈴木

「苦しい展開ではあったけど、みんながつないでくれたので、3番らしく思い切り振ってランナーを返すことだけ考えていた。(打った瞬間は)興奮しすぎてあまり覚えていない。でも、抜けたのが見えてめちゃくちゃ嬉しかった。大学に入って初めての感じだったので、最高でした(笑)。優勝候補の同大に2連勝できたのはすごく大きい。このまま次も勝てるようにしっかりと準備していきたい。(立命大は)ピッチャーがすごくいいと思うので、簡単に打線が打てるとは思わない。しっかりチーム全員でつなぎ、1点でも多く点を取れたらいい。自分は下級生なので、下級生らしく堂々と思い切って全力でプレーするだけ」