【バドミントン】リーグ戦4連勝!勢いそのまま最終戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦対大体大◇9月16日◇近畿大学記念会館◇

関大 4-1 大体大

S1竹岡2(21-16 25-30)0名倉
S2米田2(21-17 16-21 25-12)1小島
D1中野・山田2(21-13 21-10)0矢野・吉村
D2五味・森脇1(14-21 21-14 21-14)2岡野・小島
S3浅野2(21-19 21-16)0岡野

リーグ戦3連勝と勢いに乗っているバドミントン部女子。この日の相手は、大体大。上位リーグでの戦いも、「いつも通りやった」と野里あかね主将(情3)。4つ目の白星を並べた。

まず、最初にコートに入ったのはS1竹岡瑞希(人4)。ラインぎりぎりを狙う正確なショットで第1ゲームを取る。第2ゲームは相手を前後に動かし得点を奪う。デュースを制しストレート勝利を収めた。

S2は米田愛弥(政策2)。コート全体を使ったバドミントンを展開。第3ゲーム目に突入するも、冷静な判断で試合をものにした。

いい流れでダブルスの試合を迎えた。
D1は中野愛梨(人4)・山田千晴(商4)組が出場。前日は敗北を喫したが、エースペアの実力を発揮。息の合ったプレーで相手を翻弄(ほんろう)し、危なげなく勝利した。

D2の五味祥子(社2)・森脇瑠莉(政策1)の試合はフルゲームの戦いとなった。相手の強烈なスマッシュに対応できず、1ゲーム目を落とした。第2ゲームを奪い返し、第3ゲームに。大事な場面でのポイントを決められず、敗退した。

S3の浅野真由(商4)は、「今日こそは勝とう」と意気込み試合に臨んだ。点を取っては取られる展開に。ラリーで粘り、相手のミスを誘う。今季リーグ戦初勝利を決めた。

次戦は甲南大との試合。関大での試合のため、「有利だと思う」と野里。1部昇格へ勢いづけるためにも、5連勝し、1位通過で入れ替え戦に挑みたい。【文/写真:遠藤菜美香】

▼野里あかね主将
「3本取ったら勝ちなので、オーダーで結構迷った。全体的にこっちの方が技術面とかが上なので、向こうは挑戦する気持ちだったと思うけど、こっちはいつも通りやったらいけると思った。1部目指してやってきたのでいつも通りやった。自分がリーグ戦前日にけがをしてしまって、全員試合に出すっていうのは決めていた。4回生でリーグ最後だし、浅野さんのシングルスの調子が戻ってきた感じがしたので、出そうと思った。明日勝ったら1位通過で入れ替え戦いけるので有利だと思うので、甲南戦は負けることが多いけど立ち向かっていきたい。いつも甲南大に(シングルスとダブルスを)兼ねている選手がいるんですけど、居ないっていうのを聞いたのでチャンスだと思う。ホームでの試合なので、リラックスしていける。床が柔らかくて、みんなびっくりすると思うけど、自分たちは慣れているので有利だと思う」

▼浅野
「もともとのオーダーでは出る予定じゃなくて、勝敗が決まってから出るかもしれないっていうのを聞いていたので、『メンバーチェンジでもしっかり1勝できるように』と思った。今日までの2戦は負けてしまったので、『出してもらったからには今日こそは勝とう』と思って臨みました。メンバーチェンジでの試合入りでも気持ちの準備は大丈夫だった。ホーム戦でやりやすいっていうのもあるので、リーグ戦で絶対1部昇格するためにも明日は全勝で入れ替え戦に挑みたい。明日はみんなで勝ちにいきたいと思う」