【野球】肥後がリーグ戦初完封!戦績をタイに戻し勝負は第3戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦第3節◇対同大2回戦◇9月16日ほっともっとフィールド神戸◇

関大 100 000 000=1
同大 000 000 000=0

(関)肥後―高橋佑
(同)溝田、仲野―栗林、西林

3塁さえ踏ませなかった。肥後皓介(人3)が9回1死までノーヒットに封じる圧巻のピッチングで虎の子の1点を守り切った。

前の試合、あと1本が出なかった打線は初回から先制点を奪う。1番多田桐吾(人4)が左中間を破る二塁打でチャンスメイク。すると、2番太田健裕(文4)が手堅く送り3番倉川竜之介(文3)が適時打を放って今季初先発の右腕に援護点を与えた。

肥後は初回から、武器のスライダーと夏に磨きをかけたストレートを軸に同大打線に的を絞らせない。スコアボードに0を並べ続ける。援護したい打線は、幾度となく得点圏に走者を送るも追加点を奪えない。5回表には太田が相手の失策の隙をつき本塁突入を試みるも判定はアウト。もう1点が奪えなかった。

肥後が初めてピンチを背負ったのは7回。直前の攻撃時に走塁でふくらはぎに違和感を覚えた影響もあってか、2つの四球で2死一、二塁と初めて得点圏に走者を背負う。だが、ここも6番前田を一ゴロに抑え、切り抜ける。

ノーヒットで迎えた9回裏。先頭の杉内の痛烈な打球を、二塁手・多田が華麗にゴロをさばき1死を奪う。しかし、同大3番辻に0-2から二遊間をしぶとく破られ球場からはため息が漏れた。それでも、肥後の集中力は切れてはいなかった。「落胆はそこまでなかった。次の打者でダブルプレーとりたいって気持ちだけだった」と切り替え、有言実行。最後は1-6-3のゲッツーで、リーグ戦初完封で勝利をもたらした。

接戦を制し、勝負は3戦目へ。リーグ優勝に向けて、次の試合は絶対に落とせない。「なにがなんでも勝ち点とれるように」(倉川)、「これから全勝できるように」(肥後)。明日も神戸に関大の凱歌を響かせる【文:多田知生/写真:中西愛】

▼早瀬万豊監督
「(肥後は)ふくらはぎがつってしまった。攻撃の時に走塁で止まった時に右足を。(7回にはかなり長い間マウンドで声をかけたが)足を伸ばしたりまだいけるか確認したり。本人は投げる気満々だったのでこれは大丈夫だと。(肥後の持ち味は)直球とスライダー。フォークも投げられる。だんだん低めに集まるようになって真っすぐに力もついてきた。春初めて先発をさせた時は経験というところもあった。秋でさらにレベルアップしてほしい。制球力も含めて安定感は増している。高野脩汰(商2)が成長してきていて山本隆広(人4)もいて、でも肥後は先発したいという感じなのでいい影響を与えられている。下半身の使い方が良くなってきた。もともと直球は早くなかったが自滅するタイプではなかった。いい方向に成長していってくれた」

▼肥後
「要所要所抑えられた。調子は良かった。(ノーヒットノーランは意識を?)はい。7回くらいから。(7回の)ワンアウトとってからちょっと意識はした。(ヒットを打たれたときは)勝てたらいいと思っていた。落胆はそこまでなかった。打たれたのはストレート。今日よかったのはまっすぐ。勝ててホッとしているというのが1番大きい。完封は大学では初めて。(マウンドに監督が来たときは)変えられるかなと思ったけど投げたいと思っていた。(ふくらはぎは)走塁の時に三塁行ったときにちょっとおかしいなって。(夏に何か取り組んだことは)特に何かしたということはないですけどストレートを磨こうとした。今年の春からプレートの踏む位置を変えた。左のインコースが苦手だったので。ストレートの数字は伸びてないけど指にかかったボールが投げれるようになった。スタンド見た時はみんな喜んでくれてそれを見てうれしかった。昨日負けてとても悔しかったので。(ふくらはぎは)痛みは少しあっとけどそこは気持ちで。高橋さん(佑八主将=人4)の配球が良かった。配球通りに投げられたわけではないけど理想通り近づけた。(今日の自分に点数をつけるとすると)90点。むだな四球でランナーを出してしまったので。次回は四球は0にしたい。あとはヒット打たれたので(笑)(これからにむけて)ピッチャー全員で頑張りたい。チーム全員で日本一になれるように、これから全勝できるように。チームが勝てるピッチングでスタンドの期待に応えられるようにしたい。」

▼倉川
「今日の試合は先制点が大事になってくると思った。初回に先頭の多田さんがツーベースを打ってチャンスをつくってくれて、なにがなんでも外野までもっていこうと思って打った。追加点を取りたかったが、チャンスで打てなかった。3番はチャンスで回ってくる場面が多いので、チャンスものにするぐらいの気持ちで打っていきたい。(明日に向けて)ここで明日勝たないと優勝するのがしんどくなるので、なにがなんでも勝ち点とれるように、明日は打線が引っ張っていきたい」