【バドミントン】リーグ戦3連敗で下位リーグへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ戦大会対京産大◇9月15日◇近畿大学記念会館◇

関大 0-5 京産大

S1 池田 0(9-21 12-21)2 曽根雄
S2 中村 0(19-21 16-21)2 山中大
D1 中嶋・田中大 0(8-21 11-21)2 木下・山中東
D2 中村・池田 0(12-21 17-21)2 曽根雄・寺尾
S3 辻村 0(9-21 17-21)2 曽根翔

おとといの第2戦は今春リーグ戦で上位リーグに進んだ強豪近大に善戦した関大であったが、近大記念会館に場所を移した今日の試合は5戦ストレート負けを喫した。リーグ戦3連敗となり、明日からは下位リーグに回ることが決定した。

S1に出場したの池田圭吾(人1)は関西学生大会でもシード選手として出場している曽根雄と対戦。春リーグでは1部昇格への立役者になったルーキーも早いうちに点差をつけられ、太刀打ちできない。

悪い流れを断ち切りたい第2試合。「自分のふがいなさが出てしまった」とS2の中村勇毅(政策4)。負ければチームの勝敗、後続への影響を担う大事な場面で100%の力を発揮できない。第1ゲームは18-18と一進一退の攻防を繰り広げ、要所で落とすと、第2ゲームも調子を取り戻せなかった。

王手をかけられて重圧がかかったか、D1田中大祐(安全3)・中嶋遼(人3)組も不完全燃焼に終わる。レシーブがネットにかかるなどささいなミスが相次ぐ。勢いに乗る相手に積極的に攻め込まれた。エースペアが落とすと、中村・池田組も力負けを喫した。

S3辻村恭吾(政策2)は第1ゲームは簡単に失うも、第2ゲームは15-15にまでもつれこむ熱戦を演じた。ポイントを奪う度に雄叫びを上げ自らを鼓舞。だが、要所を取り切れず白星をもぎとることはできなかった。

試合後、中村は「僕のS2がふがいない試合だったので、そこから流れが悪くなってしまった」と肩を落とした。これでリーグ戦3連敗を喫し、下位リーグに進むことが決まった。ただ、下を向いている暇はない。本日の試合こそ、完敗を喫したが、前戦の近大戦では2-3と1部の常連校相手にも対等に戦えている。春リーグで快進撃の支えとなった「勢い」を明日から発揮していきたい。【文/写真:三木勇人】

▼中村主将
「僕のS2がふがいない試合だったので、そこから流れが悪くなってしまった。相手のS1は強くて計算から外していた。S2で取る計算だったがうまくいかなかった。主将の僕が勝たなくてはいけない相手だったのに負けてしまったので申し訳ない気持ち。僕があそこで1本取っていたらもうちょっと流れが良くできたんじゃないかと思う。(気負ってしまったか?)そうですね。結構気負った部分がありました。入りもあんまり良くなかったし難しい試合でした。気持ちを切らさないようにしていたけど、メンタルの部分でなかなか整理できなくて、もやもやした部分が出てしまった。(おとといは近大と善戦、雰囲気は)良かったんですけど、そのときはシングルスで1本取って流れが良かった。2本目もそんなに悪くなくて、ダブルスにつながった。リーグ戦5本あるなかで先手をとらないと流れがあるので乗っていけない。特にぼくらは格下なので流れに乗っていかないと、実力以上の力を出せない」