【テニス】強さの証明、リーグ戦全勝で2連覇!今年こそ王座獲る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第5戦対大教大◇9月11日◇江坂テニスセンター◇

○D1 越野・大野菜2(6-3 6-1)0清水・井手
○D2 橘・鎌田2(6-2 6-1)0浦上・西川
○S1 越野2(6-2 6-4)0浦上
○S2 沈2(7-5 6-0)0井手
○S3 中塚2(6-3 6-2)0笠原
○関大 5-0 大教大

地力の強さを見せ付けた。全勝でリーグ戦2連覇を達成。リーグ5戦の内3戦を5-0勝利と他を寄せ付けず独走での優勝だった。

最終戦を前に唯一全勝を収め、ほぼ優勝が確定していた関大。相手は既に3敗を喫している大教大との試合で気を緩むことなく普段通りのプレーができるかが焦点となっていた。橘彩音女子主将(経4)が「(コーチ陣から)王座に向けたスタートと言われていた」と話した通り選手たちは集中していつもと同じように試合に臨んだ。

リーグ戦勝利のためカギとなるダブルスは好調を維持した。リーグ戦を通して無敗と無双状態のコンビ、D2橘・鎌田琴衣(社3)組はこの日も相手を圧倒。危なげない試合運びで、ストレート勝利を収めた。

昨日の関学大戦では相手エースの前田・栗本組を撃破するなど、調子を取り戻してきているD1越野菜摘(文3)・大野菜組。ポイント間ではよく笑顔を見られ、コンビネーションも上々。こちらもストレートで試合を片付けた。

2勝0敗でシングルスに折り返した関大。S3には今季リーグ戦では初出場となる中塚桃子(人2)が登場した。これまではベンチコーチなどチームをサポートする側に回っていたが「出るなら絶対にチームに1勝をもたらそう」(中塚)。昨日に対戦相手の高校の先輩である伊藤優花(人2)と話し合いゲームプランを練った。妥協なき姿勢が実を結び、相手に付けいる隙を与えない。全勝優勝を決める白星をチームにもたらした。

S2には今までチームの命運を左右する場面で確実に勝利をもたらしてきた沈清河(法3)。第1セットこそ苦戦する展開になるも、持ち味の粘り強さを発揮し先取に成功した。これをものにすると勢いのままに第2セットはベーグルで奪いストレート勝利を収めた。

昨日、夏関で準優勝を果たすなどブレーク中の関学大・吉田に対して1ゲームしか与えぬ完勝を収めた不動のエース・越野。勢いに乗るS1を止められるものはもういない。盤石の戦いで勝利を挙げ、5-0勝利に貢献した。

リーグ2連覇を達成し、橘は「うれしいのと、ほっとしています」と率直な気持ちを述べた。昨年の優勝メンバーがそのまま残り、「勝てる」と言われた中で、重圧に勝ち切って見事関西の頂点に立った。チームの強みは「仲の良さ」。リーグ戦でも隣のコートで試合をしている仲間の頑張りが力に変わることが何度もあった。何ものにも変えられない武器がリーグ連覇の支えになった。

閉会式の優勝スピーチで主将の橘は「関東がもう強いとは言わせない。絶対に関大が優勝してきます!」と自信を持って宣言した。幾度もはね返された関東の壁。チームメートが「いなくてはチームが成り立たない」と慕われる主将が先頭に立ち、今年こそ壁をこわしにいく。【文/写真:三木勇人】

▼橘女子主将
「(2連覇について)うれしいですね。うれしいのとほっとしています。(重圧は)今のこのメンバーがいたら優勝できるやろっていう自信が負けられへんっていうプレッシャーにつながりました。(昨年と違ううれしさは)どっちもうれしいですね。うれしいけど、去年はやっと勝てたというのがあって今年は強い関大っていうのを見せれた。(D2で取れたことは)他大学はどこも強いのでダブルスって大事やなって感じた。(これから必要なことは)結果的にはしっかり勝てましたけど、1試合、1試合課題が見つかった。それをクリアして王座まで1カ月しかないけどレベルアップしていきたい。(チームの強みは)仲が良いこと。ある程度のしなければいけない、礼儀とか守ったらあとは自由にしてくれていいとずっと言っているので、ちゃんとするところはちゃんとしつつ本当に仲が良くて何でも言えるのが強みだと思います。(リーグ戦前は後輩から優勝させると言われていたが)うれしかった。うれしいし、今大会通して頼もしかった。リーグ戦はどの試合とも違う雰囲気、一気に成長出来る場。去年よりもしっかり成長してくれていると思う。(一年を通して変わった人は)2回生の特に大野菜、中塚はしっかり自分がもっとやらないとという自覚を持ってくれているし、3回生も全員自分がしっかりやらないとという自覚が芽生えている。(今日の試合はいつも通り臨めたか)試合前にコーチからほとんど優勝が決まっていて、これは王座に向けたスタートだと言われていたので勝つことはもちろんですけど、王座で勝つということを意識してできていたので良かったです。(全日本インカレでどこに差を痛感)今回感じたのはここぞというときにギアの上げ方や経験の差かなと。関東の人の方が色んな大会に出ている人が多いので。(主将として意識していることは)私が適当な人なので楽しくするとこですね。コーチ陣に対する礼儀とか立ち振る舞いとかをしっかりする。テニス以外の人としての当たり前のことをちゃんとやった上で楽しくやっていきたいと思っています。(王座に向けて)優勝したいです」

▼沈
「(2連覇について)2連覇できて、チームの1勝に貢献できて、率直にうれしい気持ちです。王座に向けて、課題も見つかったので焦りも感じています。(焦りは)関東の選手はすごく勝負強く、気合いで勝ってくるところが多いので、こっちは逆に戦術や相手の弱点を見つけながらプレーしていくことが一つの課題かなと。S2は同じ気持ちダブルスが2-0で回ったときは結構気楽で戦ってるときもあるんですけど、1-1で回ったときは絶対に先に2をつけて1と3に良い影響を与えられるようにプレーしていました。経験もあってリードされていても冷静に戦えていた部分はありました。3回生3人で言い合ってたこと姫大のときは越野と鎌田がすごくプッシュしてくれて、新進で一回当たって負けた相手なので声をかけてくれて2人の存在はかなり大きかった。(橘主将について)怒ってくれるときは怒ってくれて、褒めるときは褒めてくれる。みんなを上手くまとめてくれる。親目線で見てくれている。(慕われる部分は)優しく接してくれる部分もあるし、話していてもみんなを盛り上げてくれる。テニスしているときと、部室でみんなで騒いでいるときのオンとオフの差ですかね。全国の関東の強い選手にまだ勝ったことがないので練習を積んで勝利できるよう頑張りたい」

▼中塚
「チームみんなで戦っているので出たい気持ちはあったんですけど、やっぱりチーム全員で信頼できる先輩たちなのでそこはしっかりサポートをもらってチャンスがあったら絶対にチームに1勝をもたらそうと思っていた。自分が出なくても先輩方が勝利をあげてくれたらいいかなという気持ちでこのリーグ戦は臨んでいました。試合内容は1個下の相手で、今年初めて対戦した相手。同期の伊藤(優花=人2)が同じ高校ということで昨日から聞いたりして作戦を組んでいた。それがうまくいく展開になった。ポイントを取られたけど、ゲームは自分に入ってきて、いい流れでできたところはできたけど課題がまだ自分に残っている。100点とはいかない内容だったかなと。(具体的にはどういう戦略で)相手は回り込みの逆クロスが多いというイメージだった。そこで私はスライスが得意なのでスライスで返球して相手に先に打たせてミスを誘う展開で入れればいいかなと思っていた。それを見て相手もイライラしはじめて。セカンドは思い通りにできたかなと。橘主将はとても信頼できるし、チームにいなければいけない存在です。いなかったらこのチームの雰囲気でもないですし、1人だからこそ工夫してやってくれる。みんなの気持ちが一番分かっているのがキャプテンだと思う。関東の人は打ってくるタイプが多くてタイミングも早い。自分に足りないところはそこだとコーチとも話した。そこをしっかり出来ればチャンスはあると思う。今年は本当に王座優勝を本当に狙っているので取れるようレベルアップしていきたい」