【卓球】開幕戦快勝!リーグ好発進

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生秋季リーグ第1日目◇対佛大◇9月11日◇ベイコム総合体育館◇

関大4-0佛大
S1 各務 3(11-3)(11-6)(11-8)0
S2 坂根 3(11-6)(11―6)(11―7)0
S3 福本 3(11-6)(10-12)(11-5)(11-8)1
D1 坂根・西郷 3(11-9)(11-4)(9-11)(11-8)1

春に降格が決定し、2部で新たにスタートを切った関大卓球部男子。リーグ全勝を目標に、再び気を引き締めて初戦の佛大に挑んだ。

最初に登場したのは各務博志(人3)。「完全に流れをこっちに持ってきてくれた」と西郷純平主将(安全4)が振り返るように、第1ゲームからペースを握る。落ち着いて確実に3ゲームを勝ち取った。

続く第2シングルスでは、関西選手権大会で準優勝を飾った坂根翔大(経3)が登場。サーブから相手を圧倒し、攻撃の隙を与えない。第2ゲームからは少しミスも出てきたが終始リードは譲らず、ストレート勝ちを収める。

第3シングルスの福本卓朗(社1)は、第2ゲームで立ち上がりからミスが続く。10―10でジュースに追いつくも、そこから巻き返すことはできず、このゲームを落としてしまう。しかし、その後ペースを取り戻し第3、4ゲームでは攻撃が効き、勝利をつないだ。

ダブルスは、初である坂根・西郷ペア。大きく振られる場面もあったが、お互いカバーし合い2ゲームを先取する。第3ゲームは相手にリードを許し、落としてしまうも、最後の第4ゲームで立て直し、見事勝利を挙げた。


開幕戦白星で好発進となった。このまま勢いに乗り、リーグ全勝優勝で1部昇格をつかみ取る。【文/写真:野村沙永】

▼西郷主将
「春で2部に降格してしまったので、絶対にこの秋で昇格することは掲げている。ただ上がるだけではなくて、しっかり全部全勝で優勝して1部に上がることを目標にしている。相手のチームは強い選手もいるということは把握していたので、気を緩めずに一人一人しっかり勝って4-0で終わらそうという話はしていたので、前半で勝ち切れてよかった。(試合内容は)1番の各務が相手を完全に寄せ付けないで、完全に流れをこっちに持ってきてくれたので、2番の坂根も同じように相手を寄せ付けず勝ってくれた。3番の福本はちょっとてこずったけど、そこでも負けることなく勝ち切ってくれたし、ダブルスは僕と坂根で初めて組んで、絶対に緊張するってわかってたけど、後輩たち3人がつなげてくれたのであまり緊張することなく臨めたかなと思う。(チームのモチベーションは)春は1部だったので自分たちより上の選手ばかりっていう状況で立ち向かっていこうという感じだった。2部に落ちたらモチベーションが落ちるかなというのは心配していたけど、合宿とかを経て一人一人が2部でも絶対に負けずに勝ち切るという強い気持ちを持っていたので、レギュラー陣はモチベーションが下がることはなかった。(次戦に向けて)1日空くけど明日また練習して、次は阪大戦だけど何が起こるかわからないので、気持ちを引き締めて、誰かに勝ってもらって勝つではなくて、自分が勝ってチームが勝つという気持ちを一人一人が持って試合に臨めたらと思う」