【テニス】リーグ通して初の9-0!勢いそのまま近大へ挑む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第4戦対同大◇9月9,10日◇江坂テニスセンター◇
○ D1 柴野・島田2(6-0 6-3)0岩田・福永
○ D2 山中・平川2(6-3 7-5)0伊達・三上
○ D3 林・高村2(6-0 6-2)0中山・山岸
○ S1 林2(6-4 6-1)0岩田
○ S2 山尾2(6-1 6-1)0佐伯
○ S3 高村2(7-5 6-4)0福永
○ S4 大野翼2(6-1 6-1)0宇田
○ S5 塩井2(6-1 3-6 6-4)1小泉
○ S6 柴野2(6-4 6-2)0山岸

○ 関西大学 9-0 同志社大学

リーグ第4戦は同大が相手だった。雨の影響で2日間にわたって行われたが、今リーグ初の9-0勝利。山尾玲貴(商2)が久々の勝利など、勢いに乗って最終戦の近大戦へ向かうことが出来た。

D3は林大貴主将(社4)・高村烈司(商3)組。第1セット序盤からブレ-クを奪うなど、好調な滑り出しを見せ、このセットをベーグルで先取する。高村のストロークで相手を後ろへ下がらせ、林がボレーを叩き込み得点を重ねた。第2セットでも安定した試合運びでストレート勝ち。

この日はD2として登場した、山中瑠樹亜(経1)・平川暉人(人1)ペア。1ブレーク、5キープとサービスゲームをすべてものにする。難なく第1セットを奪った。しかし、2セット目に入ると、攻められることが多くなる。自らのミスも絡み、2-5とされた。だが、「『取られても仕方がない』と考えたことでうまくいった」と2人が振り返るよう、サービスゲームを取る。すると、流れが関大に。山中の冷静なストロークと、平川のネットプレーが決まる。5ゲームを連取し、ストレート勝利を収めた。

D1には柴野晃輔(文4)・島田達也(人3)組が入った。林・高村組と同様、ファーストセットをベーグルで先取し出だしは順調。相手のミスにも助けられ得点を重ねていく。試合を通じて素早いストロークを軸に翻弄(ほんろう)し続け、6-0、6-3のストレートで勝利。まさに盤石という試合運びでシングルスへつないだ。

S6には柴野。ストロークでは、大きく外すなどらしくないミスも見られた。しかし、ボレーなどのネットプレーでフォロー。最初のリターンゲームでブレークを決める。第2セットでは、徐々に復調し終始優位に試合を運ぶ。ストレートでの快勝だった。

S5の塩井岳(人2)はリーグ戦初出場を果たした。「緊張の方が大きかった」と語るも、第1セットは難なく先取。だが、第2セットから徐々に調子を上げてきた相手に対応出来ず勝負はファイナルセットに持ち込まれた。ファイナルセットでは一進一退の攻防を繰り広げ、気の抜けない時が続いたが、持ち味である粘りを見せると最後は相手が根負け。リーグ戦初出場にしてうれしい初勝利を挙げた。

S4の大野翼(経2)は開始から好調。フォアハンドの強打を軸にする得意な形で、一気に流れに乗った。リターンからも強気のストロークで、次々にブレークを決める。「勢いをつけてくれた」(林主将)とストレート勝ち。スコアも上々の出来だった。

S3の高村は序盤、相手にブレークを許し2-5と劣勢に。だが、そこは全日本インカレベスト8の実力者。あと1ゲームと追い込まれるが焦ることはない。ベースラインギリギリのウィナーを気持ちのいいようにコートに決めていき、逆転で第1セットを先取。第2セットも要所を落とさない堅実なプレーでストレート勝利を収めた。

S2の山尾は相手とのラリーの応酬に。その中でも、「守るときは守って、攻めるときは攻めることが出来た」と相手ラリーの凌いだところでウィナー。終始山尾の形だった。前回の甲南大戦と違って、精度も取り戻す。明日につながるストレート勝ちだった。

最後にコートに入ったのは林。2年前の夏関のリベンジ戦となった。互いにラリーを打ち合う展開。先に林のボレーが決まる。サーブも強烈なサーブを立て続けにコートに叩き込んだ。第1セットを奪うと「余裕ができた」と林。続くセットでも、快調にテニスを披露した。最後は相手のネットで終了。見事リベンジを果たした。

近大が勝ったことで、明日の試合は優勝決定戦。昨年と同じ状況になった。直近の夏関では、近大の方が好調。それでも、負けるわけにはいかない。「チャレンジャーという気持ちを忘れず」と林。いよいよ大一番へ挑む。【文/写真:三木勇人・松浦智・長尾洋祐・遠藤菜美香】

▼林主将
「厳しい試合も多くてうまくいかない時間もあった。最終的に9-0をつけられたのは最終戦に向けていい形になった。4面展開に入って、最初は流れが悪い中、大野が早く勝ってくれた。そこが良かった。山尾も2回目の試合で、時間が空いて難しかったと思う。勝ってくれてよかった。甲南大戦のあとコーチにしっかり見てもらって、怒られた部分もある。自分たちも出るならしっかりやらないとと言った。山尾自身もしっかり練習していた成果が出たと思う。個人的には2年前の夏関で負けている選手で、そのあと1度も当たっていない選手。リベンジしたいというのはあった。その想いが強い分、ファーストセットは上手くいかないところもあった。前回ストレートで負けていたが、セットを取れて余裕ができた。やってきたことは間違いないんだなと思った。今日はサーブのダブルフォルトが一本もなかったので、その点に関してはすごい自信をもってできた。調子は上がってきている。(悪かった点は?)ボレーで一歩足らなかった部分がある。打てば決まるので、前へという意識を持っていきたい。(明日への意気込み)部員にも言ったが、4連覇しているからといって固くならず。直近の試合では近大の方が良いのでチャレンジャーという気持ちを忘れずということを部員に伝えた。負けたら自分たち4回生の作ってきたチームが悪かっただけだとも伝えた。出る4回生はしっかり勝ち星をつけていきたい。柴野と工藤とサポート7人を合わせて4回生で引っ張っていきたい」

▼山尾
「最近負けていて、今日は絶対に勝とうと思っていた。最初からいいプレーが出来て、勝ち切れたのが良かった。少しずつ調子も戻ってきた。守るときは守って、攻めるときは攻めることが出来たのは良かった。(悪かった点は?)自分のボールが少し浅くなって、相手に攻められるというパターンがあった。そこは直していかないといけない部分。(ラケットを変えたのは?)自分の中で合わなかった。優勝を目指して、去年個人的に負けたので優勝に貢献できるように頑張りたい」

▼塩井
「(リーグ戦初出場でしたが、わくわくと緊張どちらの方が大きかったか?)緊張の方が大きかったです。全部を10で例えたら緊張9楽しさ1ぐらいです。雨でずっと試合が流れていてどこで集中したらいいか分からず試合に入ってしまった。自分のものをうまく出し切れなかった。今日は絶対9-0つけて、近大戦にというのがチームとしての流れだったので、そこを僕で1個落としてしまうと流れを悪くしてしまうので最後キーを上げて勝ちました。ファーストセットはうまくいっただけあってセカンドセットは相手が乗ってきたところに対応出来なくなってそこで弱気になってしまったのが痛かった。ファイナルセットもそのままの流れでいったのがまずかった。応援もあって個人戦では無いのでそこが力になった。自分のできるプレーが最後できたので良かった。ディフェンスですね。我慢では絶対に負けないようにしているので、相手の方が先打ってミスが出るという形で終わったのでその点自分は我慢強く打ちたいボールもできるだけ打たず、つないで、つないでミスを待つっていうのが強み。それをこれからも強化していきたい。(試合前はピリピリして入るか,リラックスして入るのか)試合前はあんま緊張したくないので楽に入るけど今回は緊張していて、ピリピリしていた。楽に入った方がやっぱり流れ的にはいいのかなと思う。(次に向けて)哲さん(山本コーチ)にも課題が見つかった試合だったと言われたのでそこを伸ばして次につなげていきたい」

▼山中
「リーグ戦はふつう1日空いてっていう試合で、序盤の2戦はリズムよくいけていたけど、第3戦目くらいから雨が降り出して、コンディション整えるのが難しい中での試合だった。入りがすごく難しい試合で、自分的にはあまり満足できていない。少しずつペアとの息もあってきて、修正することもできている。前の平川がいい仕事をしてくれたので助けられた。2-5になってからは、逆に焦らなくなって、『取られたら仕方ない』と開き直って、『最終セットいったら頑張ろう』」と思ったことでうまくいった。インドアで練習はできているけど、長い時間はできない分少し調子を上げるのが難しい。条件はみんな同じなのであまり気にせずに思い切りやるだけだと思う。でるとしたら、最終戦の近大戦のダブルスで、近大が優勝争いっていう部分で大事な試合になると思うので、しっかり勝ちをつけられるようにやるだけだと思う」

▼平川
「今まではD1として出させてもらっていて、今回はD2で相手的にもしっかりと勝ち切らないといけない試合だったので、少し緊張もありながら入りました。1セット目は、2人ともサービスゲームを全部キープできて取れたので悪くないテニスができていたと思う。2セット目に入って、少し相手も積極的なプレーが増えてきて、そこでサービスゲームが少し崩れた。いつもはしないようなボレーやポジション取りなどのミスが何本かあってブレークされるっていう形になってしまったので、崩れてしまったことが今後の課題だと思う。2-5になったときは、ベンチコーチに入ってくれてた高橋倫(情3)さんとも話をして、サービスゲームはしっかりキープして、その次のゲームは相手にキープされても仕方ないっていうくらいの気持ちでやって、それがうまくはまって5ゲーム連取できた。(次戦の近大戦にむけて)まだオーダーは発表されてないけど、ダブルスで出場させていただける機会があれば、おそらく春関で当たったD2の小野・西岡ペア。D1の高木・恒松ペアも戦ったことのあるペアなので、そこで気合で乗り越えて、しっかり勝ち切りたいと思う」