【テニス】ヤマ場取り切り3連勝!!次戦は宿敵関学大戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第3戦対園女大◇9月8・9日◇江坂テニスセンター◇

●D1 越野・大野菜1(6-2 5-7 2-6)2 小池・東谷
○ D2 橘・鎌田2(6-0 6-3)0渡邊・石井
○ S1 越野2(6-4 2-6 6-3)1小池
○ S2 沈2(6-0 6-1)0山口
○ S3 鎌田2(7-5 6-3)0東谷

○関大4-1園女大

リーグ戦連覇へ大きな鍵となる園女大との戦い。運命の一戦は悪天候により、2日間にわたる大激闘となった。

D1の越野菜摘(文3)・大野菜々子(社2)組は、幸先よく第1セットをものに。第2セットも先行し、5ー4までこぎつけた。勝利が見え、ベンチコーチの林大貴男子主将(社4)も「勝負しよう」と声をかける。しかし、ここから苦しんだ。強く叩いたボールがそれ、相手のゲーム。自らのミスも絡み、失速する。このセットを落とし、ファイナルセットも相手の流れ。夏関のリベンジとはならなかった。

ここまでリーグ戦全勝と安定した活躍を見せるD2の橘彩音女子主将(経4)・鎌田琴衣(社3)組はこの日も好調だ。第1セットは相手に1ゲームも許さず奪う。第2セットは1-3と一時はリードを許したものの、慌てることはない。すぐさまブレークバックに成功するとその勢いのままストレート勝ちを収めた。

1勝1敗でシングルスに折り返し、最初に登場したのはリーグ戦ではいまだ無敗と無双している沈清河(法3)。経験値豊富なシングルスプレイヤーは流れを左右するこの場面でも重要な働きを見せた。第1セットの序盤の2ゲームはデュースにもつれこむが、その後のゲームは圧倒。フォアハンドで相手を左右に揺さぶり浮いたボールを上から叩きこんでポイントを量産した。相手に1ゲームしか許さず最高な形で後続につないだ。

S1越野は1-2、S3鎌田は0-2としたところで中断となり、明日に持ち越しとなった。

9日もあいにくの天気となり、予定試合開始時刻より2時間遅れてのスタートとなった。その条件下でも選手たちは集中して試合に臨めていてた。鎌田は第1セットは1-5というスコアに。しかし「出だしが悪かったとは思わない」。じっくりと序盤は相手の様子をうかがった。そして、そこから脅威の6ゲーム連取で第1セットをものにした。その勢いに乗った第2セットは相手を攻略。華麗なる逆転劇で関大の勝利を決めた。

S1越野は夏関のシングルスの王者である小池と関西頂上決戦。関西トップ同士の対決はし烈なものとなった。第1セットは越野が奪うが、第2セットは負けじと小池が奪い返す。ファイナルセットに入って幾度か中断を挟むが2人の集中力は切れない。だが、隣のコートで鎌田の試合が終了し関大の勝利が決まったこともあり、追い風は越野に。一つ一つのラリーが速く、長いものとなったが5-2と越野がリード。大雨のため中断し19時から試合となったが、崩れることなく越野が試合をものにし熱戦に終止符を打った。

全勝対決を制し橘主将は「結構ヤマ場の試合だったので勝てて良かった」と素直に喜んだ。この勝利によって連覇へ大きく前進。次の相手は永遠のライバルでもある関学大だ。主将はいつもと同じように「ダブルスで流れを作ってシングルスは思い切ってできるようにしたい」と意気込んだ。あと2戦、この勢いで優勝まで駆け抜ける。【文/写真:松浦智・三木勇人】

▼橘女子主将
「結構ヤマ場の試合だったので勝てて良かった。強い相手が続いていたので、今日勝てたのはプラスになる。流れ的にダブルスから沈につながって、沈が良い流れで取って昨日2-1で途切れたことが結構大きいと思うので今日も鎌田が劣勢のときに越野が1セットを取っていて、越野がセカンドセットをもつれているときに鎌田がとりきっていた。全体で良い流れを作っていけたのが勝利につながった。(雨天中断が続いたが選手に言っていたことは)別に間は自由にしてくれていいですけど、『入る前は集中してアップして入りや』とは言いました。今回は長い中断が多くて、結構みんなリラックスして臨めていた。整備が始まるとみんな試合のスイッチが入っているのでそのへんの切り替えはみんなうまいと思う。(4―1のスコアについて)残り2戦も勝つつもりでいるんですけど、絶対勝てるという保証はないのでしっかりこのスコアで勝ててるのはプラス。1本でも多く取れているのはいいこと。(明日について)関学も強い相手なので今まで通りダブルスから流れを作って、シングルスは思い切ってできるようにしてチーム全体で勝ちたいと思います」

▼鎌田
「春関でもやった相手だったけど、そのときより相手のミスが少なくなっていて、引いてしまった部分が昨日はあった。0―2のデュースまでいってしまって、そこで雨で中断になった。そこから切り替えて今日になった。スコアだけを見たら、出だしが悪かったと思う人もいると思うけど、あまり悪かったとは思わない。ファースト取ったら、セカンドは簡単に取れるかなと思っていたので、ファーストでどれだけ追い込まれても自分が取る気でいた。相手のストロークがすごく良くなっていて、崩すのに時間はかかってしまった。あと、自分のプレースタイルに自信が持てないポイントが結構あった。『やるしかない』と思っていたので、途中からは積極的にいけるようになった。(ファーストセット中は相手の)様子を見ていた。ここに打ったらここに返って来るっていうのはファーストで読めた。自分が無理して打たなくても、相手は絶対返してくるので、3割ぐらいの力で打ってても、ここに返って来て、次で仕留めるっていうビジョンができていた。(雨での中断があり)最初は緊張というより、そわそわしていた。焦りはなかった。(普段の試合の入り方は?)落ち着いて臨むタイプ。コートに入る5分前くらいまでベンチに座っている。あがってしまうと自分のプレースタイル以上のことを求めてしまう。(次戦に向けて)すごくいい流れでみんな来ていると思うので、このまま5-0で最終戦に持ち込めるようにみんなで頑張っていきたい」」

▼越野
「出だしはそんなに悪くないので、中断に対して嫌悪感はなかった。慣れているので、やりにくさはない。(3-2から5-2になったときは)やることを徹底した。相手も強く、夏関でも優勝しているので、引くことはないから自分のテニスをやろうと思っていた。インカレでもベスト8なので、結構戦績を残しているところもあるし、だからこそ変に考えすぎて相手に合わせてもダメなので、自分の力を出そうと思っていた。(ダブルスのリベンジは)ちょっとあった。チームとして1敗つけてしまっているので、勝ちが決まっているからといって1敗を自分がつけるのは良いことじゃない。相手が強いとはいえ、勝ち切ろうとは思っていた。明日は関学大が相手なので、応援も多いし、向こうも向こうで独特のテニスという感じだけど、テニスはテニス。戦略をちゃんと組み立てて、その中でしっかり集中して自分たちのプレーをしたい。変に意識しすぎず、チームを信じて勝ちたい」