【テニス】山中・平川組リベンジ決めた!リーグ3連勝!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第3戦対甲南大◇9月6日◇江坂テニスセンター◇
○ D1 山中・平川2(6-4 6-3)0吉田・福嶋
○ D2 高村・島田2(6-4 6-2)0藤永・岡崎
○ D3 林・柴野2(6-3 6-4)0東川・岩村
○ S1 林2(6-1 6-2)0岡崎
● S2 山尾0(4-6 3-6)2吉田
○ S3 高村2(6-1 6-2)0東川
○ S4 大野翼2(6-4 6-3)0藤永
○ S5 柴野2(6-0 6-3)0西本
○ S6 工藤2(3-6 7-5 6-3)1福嶋

○ 関大 8-1 甲南大

第3戦の相手は甲南大だった。この日のダブルスオーダーは、第1戦と同じ顔ぶれに。林大貴主将(社4)みずからがD1に起用した山中瑠樹亜(経1)・平川暉人(人1)組が、見事夏関のリベンジを果たすなど、ダブルスでは3-0、シングルスでも、5-1と圧倒しての勝利だった。

林・柴野晃輔(文4)組はD3での出場。試合を通して林のサーブが冴え渡った。強烈なフラットや、外に逃げるスライスを使い分け相手を手玉にとる。リターンゲームでは、2人の低く沈めたボールで得点を奪った。「思っていたことが出来た」と林。これぞ黄金ペアという試合運びだった。

D2に登場した高村烈司(商3)・島田達也(人3)組。試合序盤は一進一退となり、お互いにゲームを奪い合う展開が続く。それでも、島田がコート奥へ正確なショットを打ち込み、高村も緩いボールを駆使するなど、徐々に調子を上げていき、第1セットを奪う。第2セットでも2人は随所で好プレーを見せ、ストレートで相手を下した。

D1の平川・山中組は夏関のリベンジ戦となる吉田・福嶋組との一戦。ストロークでは、相手に押されネットにかける場面が見られたが、ネットプレーで得点を奪う。この日は、時折緩いサーブなどを使いじっくりゲームを組み立てた2人。第1、2セットとともに1ブレークアップを守りきった。

S6の工藤丈寛(人4)は第1セットを3-6で落とすと、ネットにかかるアンラッキーな失点もあり、第2セットも4-5とされピンチに追い込まれる。だがここから力を発揮。粘りを見せて3ゲームを連取しタイに持ち込むと、迎えた最終セットでも勢いそのままに6-3で奪い、フルセットにもつれた激戦を制する。試合が終わった瞬間、工藤からは笑顔がこぼれた。

柴野晃輔(文4)は開始から相手を圧倒する。フットワークを生かしたテニスで、相手に流れを渡さなかった。サーブも次々と入り、ゲームを連取。相手のロブにも、身体能力を生かしたスマッシュが決まる。奪われたゲームは、試合を通してわずか2。圧倒的なテニスだった。

S4の大野翼(経2)は、3試合連続でシングルスに出場。第1セットでは残り1ゲームとした時点から相手に粘りを見せられ5-4とされるが、何とか6-4で奪う。キャップをかぶり臨んだ第2セットでは打ち合いになるが、長いラリーにも大野はしっかり対応する。6-3でこのセットを制しストレート勝ち。チームの勝利に貢献した。

高村烈司(商3)は、相手の最初のサービスゲームで、いきなりブレークを決める。その後も、ベースライン上からのストロークで相手に時間を与えない。バックハンドのダウンザラインもはまり、波にのった。サーブもファーストサーブが好調。次々にコートに叩き込んだ。相手を寄せ付けなかった高村。全日本インカレベスト8の実力を存分に発揮した。

S2の山尾玲貴(商2)は、夏関以来のシングルス。互いにラリーを主体に我慢の展開が続く。随所で山尾のコースをついたショットが決まるが、相手の粘りの方が上手だった。わずかにボールがそれ、離される。久しぶりのシングルスながら何とか食らいつくも、ストレート負け。良いボールも多かっただけに、残り2戦での復調に期待したい。

林は相手サーブをスライスなどで低く返し、落ち着いてブレークを決める。第2戦では、不調だったサービスも「振れば入るかなというイメージもあった」と快調。要所では果敢にネットプレーも。「相手が嫌なこと、嫌なことを徹底してできた」と林。攻守ともに一枚上手だった。

第3戦までで全勝は関大と近大のみ。いよいよ、昨年と同じく最終戦での優勝決定戦が現実味を帯びてきた。次戦の相手は同大。「徹底して隙をなくして万全な状態で挑みたい」と林。残り2戦、何が何でも勝利をつかむ。【文/写真:松浦智・長尾洋祐】

▼林主将
「今日甲南大戦でみんな結構気合が入っていた。ダブルスが強いということでコーチとしっかり警戒していて、昨日オーダーを決めた。そこをしっかり3-0で取り切れたのはすごい良かったと思っている。特に、山中、平川は昨日からすごいいい感じで、『絶対にリベンジしたい』と言っていた。D2も考えていたが、D1にいってほしいと自分は思ったのでコーチに伝えた。しっかりそこで勝ってくれたのがうれしかった。チームの出だしは良かった。でも、山尾は復帰戦だったがまだまだ元気がなくて、後半失速してしまった。そこはしっかり残り2戦で直してもらわないとと思う。関大のエースなので。そこは期待している。あとは、シングルスは全体的に勝つところで勝てたので良かったなと思っています。柴野とは組みやすくて、ずっとやってきたので特に問題はなかったと思っている。強いて言うならばサービスゲームは良かったが、リターンゲームで相手にした合わせてしまう部分があった。もう少し序盤にアグレッシブにとりにいっても良かったなと思う。(サーブの調子は?)ダブルスはダブルフォルトは出てしまっているが、今日に関しては前に比べて良いイメージで打てている。振れば入るかなというイメージもあったので、少し良かったかなと感じています。これを継続させていきたい。(シングルスの時に意識していたことは?)コーチと話していて、自分は一発がない分、緩いボールをうまく使ってどうボールを速く見せていくのかという話があった。そのアドバイスが今日はすごくはまって、相手が嫌なこと、嫌なことを徹底してできた。ポイントを落としても最後まで徹底できたのが良かった。相手も勢いがある選手なので、序盤に抑えていこうというのは自分の中で考えていた。作戦がうまくはまったので良かった。シングルスの方がサーブを良いイメージで打てていたので良かった。(残り2戦に向けて)やっぱりどこも厳しい戦いになる。明日1日空き日があるので、落とすことなく、今日コーチに少し抜けている部分がある選手がいたというのを指摘されたのでそういう部分もチームの隙だと思う。徹底して隙をなくして万全な状態で挑みたい」

▼工藤
「自分の今までの試合と今日の試合を比べて、1つのことしか考えられていなくて、周りのことや自分の立ち位置を全然見られていなかった。次の試合は修正していきたい。フルセットになったときは、自分も周りが見えてきた。自分のテニスはしっかりできたので、そんなにプレッシャーは感じなかった。相手もダブルスをやっていて、自分はシングルスだけだったので、体力的にはそれほどきてなかった。(改善点をあげるとすれば?)プレーというか、頭を使ってテニスをすることを意識していきたい。(次戦へ向けて)今日の反省点を生かして、しっかりと頭を使い、自分のペースで試合をしていきたい」