【コラム】秋開幕直前企画②2年生バッテリー対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

9月13日に開幕する準硬式野球の秋季リーグ戦。新チームで活躍を期待される同期バッテリーの庄中亮太捕手(政策2)と池川尚樹投手(法2)に話をお聞きしました!

―庄中選手が対談相手に池川選手を選ばれた理由は?
庄中 バッテリーなんで。あと2年、池川がエースぐらいの活躍してくれると思うんで、良いかなと思って。
池川 めちゃくちゃ嬉しいです。

―池川選手はどんな投手ですか?
庄中 結構器用やなって思いますね。ランナーおったらタイミング外すために足ゆっくり上げたりとか。コントロールもそうなんですけど。チェンジアップとかも結構器用に投げるなって思います。

―反対に、庄中選手はどんな捕手ですか?
池川 良い時は「ナイスピッチ」とか言ってくれるのは嬉しいんですけど、一番良いのは、自分があんまり気合入ってない、ピリッとしてない時に「しっかりせえよ」って言ってくれるのはほんまにありがたいですね。

―声掛けは結構意識して?
庄中 ピッチャーとは特にコミュニケーションを取るようにしてます。

―そもそも野球を始めたきっかけは?
庄中 僕は小学校の時に学童で1個上の人が野球好きで、そっから野球にはまりました。
池川 僕はプロ野球(笑)。家族が阪神ファンなんで、ずっと阪神応援してます。

―現在のポジションになったきっかけは?
池川 僕はピッチャーが野球において一番目立ってるポジションやなって思ってたんで、どうせやるならピッチャーがいいなって。
庄中 小学校は内野で、中学校上がって僕らの学年にキャッチャーがいなくて。で、キャッチャーなら(試合に)出れるかなって、軽いノリでやってから、気付いたらずっとキャッチャーですね(笑)。

捕手をやってて良かったなって思いますか?
庄中 ああ、思います。めっちゃ思います。大正解です。

―お2人とも目立ちたがり屋なんですかね?
池川 そうなんかな?
庄中 目立ちたがり屋です!

―高校はどんな野球生活を?
庄中 ずーっともう怒られてて。怒られた記憶しかないですけど、それが今のピッチャーとコミュニケーション取るとか、細かい気遣いとか、配球とか技術とかも、全部その監督から教えてもらったんで。監督がキャッチャー出身だったんで。あの監督じゃなかったら多分、大学は野球やってないと思います。
池川 僕もずっと怒られてました(笑)。高校終わって監督が「大学も頑張れよ」って言って下さったのがきっかけで、大学も野球しようかなって。

―準硬に入った理由は?
庄中 高校の1個上と2個上の先輩が大経大と関学の準硬入ってて。あと、1年から試合出たかったんで。野球やるのもあと4年間だし、最初から4年間ずっと出続けたいなと思ったから準硬に入りました。
池川 僕も試合出たいっていうのが一番で。高校の時自分が投げて試合したかったんですけど、それができなかったんで。だから、大学では自分が試合に出て、勝って野球をしたかったっていうのが一番です。

―準硬に入ってよかったなと思う時は?
庄中 同期がめっちゃ好きなんで。あとは試合出て、結構大事なポジション任せてもらえることですかね。
池川 僕も同期。同期とプライベートで一緒に遊べて、試合になったら応援してくれたり、後ろ守ってくれたりっていう雰囲気がすごい好きです。

―同期は結構仲良いんですか?
庄中 めちゃめちゃ仲良いです(笑)。

―何か印象的な思い出は?
庄中 冬にスノボ行ったのと、夏に白浜。
池川 え、野球じゃないの?
庄中 あ・・・。

―なんでも大丈夫ですよ(笑)。
池川 なんでもいい?じゃあ・・・合宿ですかね。春と今年の夏も1回行って、合宿すごい楽しかったです(笑)。

―お互いの第一印象は覚えていますか?
池川 第一印象?
庄中 ほんまに全然覚えてない。最初に感情抱いたのでもいいですか?感情っていうか何か思った時。最初野球してて、ほんまにはっきり言ったら、普通のピッチャーやなって思った。
池川 あ、野球面なん?最初はこいつは化け物だって思って。バッティング練習でバンバン放り込むし、肩も強いから。「うわあ、こんな人がおんねんや」ってすごいなって思ってました。

―今の印象はどうですか?
庄中 今はもうほんまに、頼れるっていうか。いや、まだまだですね。まだまだ頑張ってほしいです。
池川 僕はもう結構頼ってるんで。たまにちょっとあれ?って思う所ありますけど。試合でやらかしたり。ベース踏み忘れたり。
庄中 あったなあ(笑)。
池川 ああいうのがちょっとね。
庄中 お茶目やねん。
池川 笑いごとちゃうからな(笑)。抜けてるところがあるんで、そこはしっかりしてほしいですね。
庄中 間違いないですね。
池川 逆に楽しいけどな。
庄中 お茶目な一面も、ってことで。
池川 良いように書きすぎや。

―試合の時も結構抜けてるんですか?
池川 いや、試合のときはちゃんと。
庄中 集中してるんで。でも私生活が適当なんで、雑なんで。(合宿の間)5日間エアコン付けっぱとか。
池川 あれえぐいよな?
庄中 賞味期限切れた卵を冷蔵庫に1カ月入れてたとか。パンとか1カ月電子レンジの上に置きっぱとか。
池川 よくプロフィールに掃除好きとか書いたな。絶対あかん。

―他にもっとちゃんとしてほしい部分などはありますか?
池川 プライベートは楽しいから全然良くて。試合中はしっかり言うところは言ってくれて、上げるところは上げてくれて。野球やるにおいてはあとは全然心配してないです。
庄中 すぐ気持ちが「すぅん」ってなるんでもっと堂々と。打てるもんなら打ってみろくらい。強気で上から、バッターを上から見るくらいでいっても良いかなって思いますね。

―あまり自信はない方ですか?
池川 亮太がマウンドに駆け寄って来たときは「ごめん」とか弱音は吐いたりします。それ以外は気丈に振る舞うようにはしてるんですけど。

―今意識して取り組んでいることはありますか?
庄中 僕は打線の流れを止めないように考えて。フォアボール選ぶとか、粘るとか。守備は(試合に出てから)とりあえず1年経ったんで、みんなが安心できるようにどっしりと構えたいと思います。
池川 ストレートをこの夏ずっと意識してます。伸びとキレ。それができたら変化球とかもいけるんで。あと、先発ってなったら球数抑えないといけないんで。体力面は走り込みとかも。去年はなあなあやったとこを、今年はしっかりしてます。

―一番緊張した試合は?
庄中 2年春の関学の負けたら引退。あん時の試合前はめちゃくちゃ緊張した。負けたら終わりだったんで。
池川 俺、その前や。それの(関学戦の)第1戦。先発任された時。あれめっちゃ緊張した。関学の第1戦負けたんですよ。いきなり(先発すること)言われたよな。
庄中 木曜試合あった水曜、前日か前々日かに先発って。

―その時はどんな気持ちでした?
池川 え、え?って。
庄中 引退懸かってるし。
池川 1戦目か2戦目に先発するってのは分かってたから。まあ、2戦目やろうなと思ってたけど、まさか1戦目で。1戦目負けたら自力で引退阻止するのが無理で。めっちゃプレッシャーでした。

―その時の庄中選手は?
庄中 あん時の気持ち?何思ってたかな。
池川 怖かった。
庄中 普通に俺も、「負けたらやばい」って。でもまあ、やばいって思ってもしゃあないから割り切って。考えても一緒やし。

―大学1年生を振り返って下さい。
庄中 1年生は、守備はそこそこ自信あったんですけど、大学入ってから全然打てなくて。バッターボックス立つの嫌だなって感じで、あんまバッティング自信なかったですね。出してもらってるのに申し訳ないな、打てんくて申し訳ないな、って。
池川 僕は単純に3個上の試合で、大事な場面で中継ぎとか出させてもらって。そうやって試合で活躍出来たかは分からないですけど、出させてもらったことにすごい喜びを感じてたり。嬉しかった。

―では、2年生になってからは?
庄中 まあ、もう1年出てきて、春リーグもあって、いつまでも引っ張てもらってばっかじゃいけないって。先輩いるんですけど、グラウンドの中では関係なく。キャッチャーなんで全員を引っ張るっていうか。全員まとめれるような感じになりたいですね。
池川 春は試合に出させてもらう嬉しさっていうより、チームとして試合に勝ちたかったっていうのが一番強かったですね。

―池川選手はけがもされていましたが?
池川 その間は悔しかった、いたたまれなかったですね。
庄中 いたたまれなかったってなに?
池川 いたたまれなかったって言うやろ!あるやろ!
庄中 使うとこ違うやろ、なあ?北陽出てるよな?
池川 やめろって(笑)。取材やって(笑)。録音されてんで。

―元々けがは多い方ですか?
池川 そうですね、しょっちゅうしてましたね。結構亮太にも心配かけたり、雅己さん(北野雅己前主将=経4)とかにも「どうや?」って結構心配してもらって。

―大学での野球は、楽しいですか?しんどいですか?
池川 俺は楽しい。
庄中 僕も楽しい。高校野球に比べたら。

―楽しいと思う瞬間は?
庄中 やっぱリーグ戦で試合出て勝った時は、全部報われる感じしますね。
池川 僕もリーグ戦試合勝ってみんなで集合する時に、スタンドで応援してくれた人が「ナイスピッチ」とかそういうの言ってくれたらめっちゃ嬉しいです。

―活躍して、注目されるのは嬉しいですか?
池川 嬉しい!
庄中 めちゃめちゃ嬉しい。
池川 期待するもんな、活躍したら。(インタビュー)今日俺かなって。
庄中 今日俺やって、打たんくてもな。

―そういえば、お2人に試合後インタビューしましたね。
庄中 俺3回。
池川 いつだっけ?1回してもらったの覚えてる。
庄中 俺3回。秋の阪大戦2試合目と。
池川 すげえな(笑)。めっちゃ覚えてるやん。
庄中 えっと、春の立命の1試合目と、最後の関学戦!
池川 最後の関学戦はお前から行ったもんな。
庄中 そう。
池川 僕っすか僕っすか、って。
庄中 目立ちたがり屋だから。

―新チームの雰囲気はどうですか?
池川 練習に緊張感。ノックとかも1球にすごいプレッシャーを感じる場面がすごい多いんで。良い練習してるなって。
庄中 3回生が、1、2回生を引っ張ってくれてるなって。

―1年生も多く台頭していますが?
庄中 嬉しいし、できるなら全部3回生から取ってやるくらいで。
池川 僕は同期が新チームになってからいっぱい出て、バックとか守ってくれるのも嬉しいんですけど、1回生がほんまにすごくて。バッターもピッチャーも。同期がポジション取られたり、1回生に追い越されたりっていうのは自分でも危機感を感じてますし。(今のチーム状況は)嫌じゃないけど、ちょっと複雑(笑)。

―今のチームに手応えはありますか?
庄中 4番おって、エースおって、1回生出てて、2回生も俺とか池川とか高品(吉弘=経2)も(前から)出とったから、結構上手いことチームが噛んでて。だから秋はほんまにちゃんとやれることやって、ミスとかせんかったら全然いけるなって。手応えは去年よりはあります。

―同期の投手も最近活躍されていますが。
池川 2戦あるんで、2人じゃ回せないですし。メンバー大体5、6人、多くて6人(ベンチに)入ってて。だからすごい同期がこうやって活躍してくれてるのは、本当に「一緒に頑張ろう」って感じですね。下級生になるとちょっと複雑な感じはありますけど。

―同期で最近調子の良い人は?
池川 竜平(三川竜平=商2)かな。
庄中 うわ、言おうと思ってた。
池川 めっちゃ頑張ってて。春とか秋は、ベンチに入ったり入らんかったり。でも今はちゃんとレギュラーなってるんで。頑張ってほしいなって。って、めっちゃ上からやな。
庄中 俺は、草谷くん(草谷聡二=政策2)で(笑)。めちゃめちゃ大親友。右投で池川と同じなんで、池川と競争して2人で右で二枚看板なるくらい頑張ってほしいなって思います。結構努力家なんで。ほんまに練習頑張ってるんで。ベンチも雰囲気作ってくれるし。

―今の2回生はまじめな方ですか?
庄中 真面目か?
池川 真面目やろ。野球に関しては真面目。
庄中 野球には真面目。
池川 野球以外に関してはまあまあ・・・。
庄中 頭おかしいやつばっかや。
池川 お前が筆頭や。

―お互いに、今後に向けたメッセージをお願いします。
庄中 関六(関西六大学リーグ)だけじゃなくて、関西選手権出るようなチームでも一番のバッテリー。息も合ってて、実力も技術もつけ入る隙のないようなバッテリーに。
池川 関六一番のバッテリーになりたいっていうのはあって。せやなあ。勝てるバッテリーに!
庄中 俺もそれが言いたかった!
池川 勝てるバッテリーになりたい!こいつらおったら試合勝つわ、絶対いけるわ、ってバッテリーに。

―そのためにしてほしいことは?
庄中 もっと練習して、僕が捕れんくらいのまっすぐを。早いまっすぐっていうか、受けててめっちゃ楽しい球を。レベルアップしてほしい。
池川 俺は、打ってほしい。俺がピンチになって、調子悪い日もあるし。そういう時に「任せとけ」って引っ張ってくれたり、打ってくれたり。助け合いたい。
庄中 僕がその内、前田さんから4番の座を奪うんで(笑)。
池川 おお、言うたな!これ書いといて下さい(笑)。
庄中 僕が前田さんから4番を奪って下位打線に追い込むんで。僕が関六の首位打者になるんで(笑)。
池川 宣戦布告やん(笑)。それだったら俺も平井さん抜くって書いといて下さい。
庄中 そりゃそうや、抜けよ!
池川 とりあえずエースを目指して。これで後戻りできんな・・・(笑)。

―秋の目標を教えて下さい。
庄中 個人はベストナイン獲ることと、もちろんリーグ優勝ですね。
池川 リーグ優勝がチーム(目標)で、個人では完封したい!まだ1回もしたことないから。
庄中 完投やろ、まずは。
池川 完封にさせてや。
庄中 俺がホームラン打ったら、放り込んだら号外作って下さい(笑)。ポンと放り込むから。みんな実際載りたいからな。
池川 嬉しい。めっちゃ嬉しい。
庄中 載りたくないやつなんておらんで。
池川 載ることが嬉しい。
庄中 俺絶対見るで。ちゃんと見とんねん。リツイートするし。だって俺、Twitterカンスポのためにやってるもん(笑)。

―チームに何か一言お願いします。
庄中 守備は任せといてください。
池川 チームに一言・・・。
庄中 俺がお前らを勝たせたる、とかで良いんちゃう(笑)。
池川 勝たせたる・・・!
庄中 1点取ってくれたら十分やで、って。もうええ!3点もいらんよ、俺投げるから、って(笑)。
池川 もう嫌や、これ(笑)。

ーありがとうございました!

終始笑顔の対談から、2年生の仲の良さがひしひしと伝わってきました。息の合った若きバッテリーの活躍に期待が止まりません。【取材/構成:松山奈央】


◆庄中亮太(しょうなか・りょうた)
1998年(平10)10月9日生まれ、県立加古川北高出身。政策創造学部。175㌢、73㌔。捕手。右投右打。趣味はペットショップに行くこと。特技は部屋の掃除。好きな食べ物はシュークリーム。


◆池川尚樹(いけがわ・なおき)
1999年(平11)2月6日生まれ、関大北陽高出身。法学部。178㌢、77㌔。投手。右投右打。趣味はバスケと釣り。好きな食べ物は海鮮丼。好きな芸能人は博多華丸大吉。