【コラム】秋開幕直前企画①キャプテン×エース対談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

9月13日に開幕する準硬式野球の秋季リーグ戦。新チームをまとめる前田航平主将(環都3)と平井巽(法3)に話をお聞きしました!

ー代替わりから約3か月経ちますが、いかがですか?
前田 僕自身が元々人を、組織自体をまとめるような人柄じゃなかった、性格じゃなかったっていうのがあって。今の幹部、北條(達也主務=人3)とか小森(拓海副将=商3)とか、長尾(聡大=政策3)とかに助けてもらいながら、なんとか上手く回せてますし、雰囲気とか今年のチームになってから心配している部分もあったんですけど、思ってたほどではなくって、どちらかというと良くなってて。試合中とかも手応え感じてて、1、2回生が良い子出てきたりでリーグ戦も面白くなっていきそうやなと思ってます。
平井 僕は投手リーダーっていう立場なんですけど、新チームになってから走り込みであったりとか、基礎体力的な所をピッチャー全体上げていかないとだめっていうことで。結構きついメニューを僕が考えて、みんなに課したんですけど、結構みんな真面目なんで文句言わず付いて来てくれるというか。なんで、みんなで頑張っていこうという感じで雰囲気も良くて、僕もやりやすいんで結構助かってます。

―練習メニューは選手で考えているんですか?
前田 そうですね。副将の長尾が中心に考えて、それを幹部に確認してスタッフに通す形です。ピッチャーメニューは平井が。

―去年もそういう形で?
前田 もうずっと。
平井 ただ去年は、ピッチャーだけのメニューとかそういうのはなかったんで、今年から新しくちょっと取り組んでます。

―練習で意識していることはありますか?
前田 計画性を持ってやろうとしてて。7月が丸々オフになるんで、6月は実践やっても仕方がないから、基礎を中心にやろうって言って、しんどいノックのメニューとか長めに時間取ってやったり。8月も序盤は結構基礎をやったりしたんですけど、試合が入っていくにつれて課題とか色々出てきて。実戦メニューも去年より増えてるんじゃないかなっていう風に思ってます。ピッチャーにも結構投げてもらって、より試合に近いようなメニューで。

―投手も投げる機会が増えましたか?
平井 ブルペンだけで得られない事とか、実戦形式じゃないと得られないバッターとの駆け引きだったりとかもあるんで。去年と比べて投げる機会も多くなってますし、練習試合でも全員が投げれる訳ではないんで、そういう意味でアピールの機会にもなりますし、良い試みですね。
前田 それに、去年までのチームの傾向として、エラーが多い、守備弱いって所がめちゃめちゃ課題で。今年のチームにしたら、打てるバッターがおったらいいけど、まずは守備守れる者をスタメンにしないと、話にならへんっていうことで、シートノックを毎日やるようにしてて。

―前まではやらないことも?
前田 やらないこともありましたね。バッティング練習して、一か所バッティングして、とかはあったんですけど。(今は)絶対もう何分でも、何分ずつでもいいから短い時間は絶対にシートノックは入れるようにして。お互いのプレー見合うように、指摘し合うように言ってます。

―メンバーも守備を重視して?
前田 そうですね、だいぶ。今年は1回生が今のところ2番と3番と6番・・・3、4人くらいスタメンで出てるんですよ。みんな振れてるし、練習試合でもチャンスで打ってくれたりして。2回生も試合出れる子が多いし、3回生は1,2回生に頼ってばかりの所もあって。スタメンが現時点で、3回生が俺と平井しかいないっていう所があるんで。まあ、良いことっちゃ良いことですけど。
平井 頑張ってほしい。
前田 頑張ってほしいな。3回生がもっと出てくればって所はありますね。

―1回生の活躍に危機感も?
前田 どうなんですかね。思ってる選手は思ってるんじゃないですかね。前とか長尾もずっとスタメンで出てたのに、今スタメンじゃないので、リーグ戦はどうなるか分からないですけど。あいつ自身危機感覚えてるところとかあると思うし。外野とかも、3人外野守らんとあかんけど、誰が固定とかされてないから、競争し合ってる感じなんで。危機感持ってるんかな?3回生。
平井 どうなんやろ。

―あまりそういう話はされないですか?
前田 こっちからはするけど。危機感もってやれよ、みたいな。実際どう思ってやってるかっていうのは。

―関関戦でも1年生投手が投げていましたが。
平井 1回生の内川(大輔=文1)と沖崎(勇人=安全1)は、入った時からかなりレベルが高くて。今回のリーグ戦でも期待してるんで、頑張ってほしいのと。2回生は草谷(聡二=政策2)は全然投げてなくてベンチにも入ってなかったんですけど、結構意識高く持って頑張ってて。試合でもたまに打たれたりしますけど、結果もある程度は付いてきてるかなと思ってるんで。声も出してくれる明るいキャラなんで、もしリーグ戦ベンチ入ったら期待してます。

―投手リーダーとしてプレッシャーを感じることも?
平井 3回生のピッチャーが、僕と田中(健介=人3)しかいなくて。1回生人数多いんで、2人でしっかりまとめるというか引っ張っていかないとだめだなって、新チームになった時は思いました。

―今の所はどうですか?
平井 今のところは・・・まあ、ある程度は。
前田 でも新チームなってから変わったもんな。先輩らおるときは先輩らがメニュー決めてたから、しんどいメニューはせえへんみたいなのはあったけど。リーダーなってからはちゃんとメニュー組んでやってるし。な?
平井 恥ずかしいです(笑)。
前田 まあ、良いことや。


△今年の関関戦では、先発の平井を前田が激励する場面も

―高校のポジションは?
平井 僕は高校の時は外野。
前田 サードとかファーストとか。
平井 (投手を)高校2年くらいまでやってたけど、1人良いピッチャー、エースの子がいて試合出れへんから、自分が生きる道というか。試合出たかったから、外野転向してレギュラーなって、大学でもそのまま外野やろうかなって思ってて。でも(当時の)4回生が引退した時に、「ピッチャーやらへんか?」って監督に声掛けられて。ちょっとやってみますって、そのまま。

―ここまでなるとその時は思ってましたか?
平井 いやあ、どうだろ。最初の話的に「両方やってもいいよ」みたいな感じやったんですけど、ここまでピッチャー1本ってなると思ってなかったし。思ったより最初結果出たから(笑)。
前田 (笑)。
平井 やめるにやめられなくなった感はある(笑)。

―投手の最初の試合は覚えてますか?
前田 それなりに試合作れて、コントロール良くて。そん時にいなかったピッチャーの安定感っていうのがあったから、リーグ戦でも1節の2試合目に先発したりとかしてたし。
平井 2回生の春リーグでベンチ入って、その時にチームがリーグ優勝して全日出て強かったっていうのもあるけど、ある程度結果が出っちゃったんで。
前田 打たれても返してくれるし。
平井 チーム状況もすごく良くて、のびのびやらせてもらってた。
前田 のびのびやってたな。

―前田さんはずっとレギュラーで?
前田 高校の時はベンチに入ったことがそんなになくて。2年の春の時はベンチに入っただけで、2年の秋、自分の代の時に初めてレギュラーになって5番付けたけど、結局最後の夏は2番手で代打要員。途中から代打で出て、そのまま守備入るみたいな。大学来てからは、2つ上の代からはずっとサードで。2回生の春からずっと。

―お互いの第一印象覚えてます?
前田 第一印象?
平井 第一印象・・・めっちゃ前やからな。
前田 平井の第一印象・・・。ああ、最初こいつ外野だったんですよ。そん時に全然ピッチャーがおらへん状況だったかなんかで。
平井 それで1回練習試合やって。
前田 それで平井が「ピッチャーやれよ」って言われてんのをちょろっと聞いたときに、「自分気弱いんで」みたいなこと言ってたから、「こいつ気弱い奴なんや」って思ったのと、あとバッティングいいなっていうのと(笑)。バッティング練習見てて、こいつバッティング綺麗だなっていうのかな。あと静かそうだなって。
平井 (笑)。なんやろなあ、態度でかいなって。
前田 (笑)。
平田 1回生の一番最初のリーグ戦から1人だけ1回生でベンチ入ってたし、シンプルに実力あるんやなすごいなって思ってた。

―優勝した時のことは覚えていますか?
前田 覚えてますよ。めっちゃ覚えてます。めちゃめちゃ勝ってて、最終節迎えるまでに7勝1敗とか。
平井 同志社に1回負けただけ。
前田 1位と2位の差的に、2試合あるけどあと1回勝ったら優勝みたいな感じやって。1試合目に勝っちゃったから、2試合目行くまでに優勝決まって。ベンチの中で、これってマウンド集まっていいん?みたいな話を(笑)。
平井 ずっとしてた(笑)。
前田 行こや!明日あるけど!みたいな感じで。
平井 まあでも、優勝した時は、試合負けてても負けてる気がしなかったというか。後半絶対逆転できてたし。そういう意味で、今のチームでも目指すべき所ではあるかなと思います。

―みなさんよく使ってる写真のシーンですね。
前田 そうそう、実はあれ最終戦じゃないっていう。
平井 負けてたら次の日俺先発やったから、頼むから勝ってくれって(笑)。
前田 しかもあの試合知ってる?3点取って2打点俺やから(笑)。
平井 古澤さん(関学大)から打ったんか。
前田 そうそう!


△リーグ優勝の瞬間(2017年4月20日対関学大戦1回戦)

―優勝の話をしたりしますか?
前田 最初新チーム始動ってなった時にした覚えはあるかな。全国を経験してるし、この代で試合も一番経験してるっていうのが自分の強みだから、って話はして。言葉とかあんま上手くないかもしれないけど、とりあえず付いて来てほしいって話はしました。野球勝つことに対しては言えることは色々あると思うから。前の雅己さん(北野雅己前主将=経4)は人格者みたいな、人ができてる感じだったけど、大げさに言えば正反対やから、俺と雅己さんは。性格的な部分で。

―プレーで引っ張ろうと?
前田 プレーで引っ張ろうとは思いましたね、主将になった時は。だから絶対結果を出し続けようと思ってますね。
平井 最近打ててないんちゃう。
前田 ちゃうで、あれ3番鈴木(成大=安全1)やん。あいつが打つからな(笑)。1回生なんですよ、あいつ。打つねんめちゃめちゃ。この前までは3番村松さん(健太郎=法4)やったから、村松さんが打ったら俺も安心して打席立てんねん。打ったから俺は打たんでいいみたいな(笑)。打てへんかったから俺も打たんで大丈夫。
一同 (笑)。
前田 逆やねん、今回。鈴木が打ったら俺打たなあかんやん。鈴木が打てへんかったら俺絶対打たな(笑)。もう悪循環や。だから嫌やねん立場的に。あいつめちゃくちゃ打つし、ぱない。1回生すごいよ、バッティング。見所や。

―バッターの注目選手は?
前田 バッターは、3番DHで出てる鈴木と阪本(幹太=安全1)と。守備で言ったら、東條(光希=安全1)っていうのがずっとショートで今出てて、今までより守備固くなって。二遊間固くなったから、守備のリズムも良くなってるかなと。
平井 あとは・・・。
前田 阪本とか松本(航太=安全1)、その辺りはフルスイングって感じで。スイングが持ち味だから。

―しかもすごい打つんですよね。
平井 打つ打つ。
前田 めっちゃ打つ。たまらんくらい打つ。俺7番くらいでもいいんちゃうか(笑)。
一同 (笑)。
前田 ほんまに(笑)。俺4番で意味あるかなって感じ。

―下級生のアピールはありますか?
前田 下級生は結構。
平井 1回生は元気良い。
前田 1回生も2回生も元気やから、練習の雰囲気とかに関しては助かってるし。頑張ってるなっていう風に思うし、アピールも。実際3回生ベンチメンバーめちゃめちゃ少ないし。
平井 めちゃめちゃ少ない。去年から入ってるのがそのまま残ってるだけ、みたいな。ほぼ総入れ替え。

―ちょっと複雑ですか?
前田 複雑。
平井 複雑。
前田 (一緒に)やりたい。やりたいけど、「勝つためにやらんとあかんから」っていうのは最初に言ったから。「絶対同い年だからってベンチに入れることもない」って言ったし。頑張り次第って言って結局こうなっちゃってるから。もっと頑張ってくれ!って感じですね。

―打撃陣の中で特に伸ばそうとしている部分はありますか?
前田 練習試合とかしてると打点は結構多くて。割と点数は毎回取れてるけど、リーグ戦になるとやっぱり良いピッチャーが来てなかなか点が入らない。そのために今やってるのは1か所バッティング。実戦形式でセーフティスクイズだったりとか、ゴロで絶対帰って来ようとか、1アウト3塁になったら絶対に1点取れる野球っていうのを固めていこうや、っていう風にして。ノーヒットでも点が取れる野球を秋リーグまでに固められたらいいかなとは思いますね。

―打つというよりも戦術的に?
前田 まあ、打って点取れたら一番良いけど、どうしてもって時は小技で泥臭く1点取らないと。取れるときに取っといたらピッチャーも安定するし、雰囲気も良くなるし。泥臭くいきたいなって思ってます。3番でも4番でも5番でも、そん時調子悪かったらセーフティスクイズとかバントとか出していこうかなと。
―投手陣は何かされていますか?
平井 ピッチャーは僕と池川が去年からずっと主に投げてて、やっぱりこの2人が引っ張っていかないといけないし、長いイニングをできるだけ投げて結果につなげるっていうのが目標で。あとは、1、2回生のピッチャーをどこのタイミングで使うか、どう生かすかっていうのを、今も練習試合とかで考えてるんですけど。これから秋リーグに向けてもっと考えていかないといけないなっていう風に思ってます。

―継投というより、1人が長く投げる感じで?
平井 まあそうなんですけど、どうなるか分からないですし、けがとかもあるかもしれないんで。色々引き出しというか、いっぱい考えてますね。
前田 理想はな、平井1試合目完投して、2試合目を池川と沖崎と1、2回生のピッチャーで回したらっていうのがベストだけど。
平井 なかなか厳しい所もあるから。

―平井さんはけがもされていましたが。
平井 春リーグ途中でけがをして離脱してしまって、チームに迷惑掛けたし、結果5位に低迷してしまって、責任もすごい感じて。申し訳なかったなと。そっから復帰しても、なかなか関関戦とかでも結果が出なくて、結構悔しい思いもして。それを踏まえての秋リーグなんで。気持ちというか、懸ける思いっていうのは、他の選手よりかはあるかなと思いますね。
前田 そうなん?
平井 結構プレッシャー掛かってんで(笑)。

―元々けがは多い方ですか?
平井 いや、どうやろ。(今までけがを)2回やって。2回生の秋リーグ戦終わった後にひざけがして。で、冬あんま練習できなくて、そのまま春リーグに出て。いけるかなと思って、あんまり調整できてないまま長いイニング投げたら、ひじけがしてしまったんで。けがの怖さというのは身に染みて分かってるんで。
前田 けがしたことないわ。
平井 嘘やん。
前田 腰痛めたことはあるけど。
平井 肩ひじなんて痛くなると思ってなかった、大学で。それで悔しい思いしてるんで、今度の秋リーグこそは自分が全部投げるくらいの気持ちでやってます。

―対談相手に平井さんを選ばれたのはどうしてですか?
前田 話しやすいかなって(笑)。
平井 (笑)。
前田 どうやろな。試合出るってなって、活躍せなあかん選手を考えた時に平井かなって。結果とかじゃなくて、試合出たらOKなのは2回生までで、3回生で試合出たら絶対に結果出さないと、活躍しないといけない。3回生誰が出るって考えた時に、平井は投げるから、平井を選んだかな。
平井 結果は確かに自分が一番出さないと。ピッチャーなんで、僕が結果出さない=試合に負けてしまうということなんで。そういう意味で、自分で自分にプレッシャーかけて、練習でも練習試合でも投げるようにしてます。
前田 1回生とか2回生とか試合出てる子も、試合出たらOKって思ってほしいし、のびのびやってほしくて。結果出さなあかん、って思っちゃうとなかなか出なかったりするんで。僕自身が下の代から出てる時は、結果気にしてたっちゃ気にしてたけど、のびのびやってたのが1番大きかったから。何やっても怒られへんかったし、好きなようにやらせてもらってたから。それが1番でかかったなって思う。高校ってなかなか上手いことのびのびできる環境ではないから、大学野球だったら、そこを引き出してあげたら本当に結果は出やすくなると思うし、のびのびやってもらったら良いかなとは思いますね。平井は、5戦先発して4勝は欲しいな。
平井 4勝やな。で、タイトルが欲しい(笑)。今までリーグ戦3季やってきて、自分の完全に納得できる結果っていうのがまだ出せてなくて。自分が納得のいく結果を出せたらタイトルも付いて来るんかなって。

―今回もタイトル狙ってます?
前田 狙ってるよ。優勝したら最優秀選手。MVPみたいなやつ。
平井 大体ピッチャー選ばれるからな。
前田 せやねん。あと、2季連続のベストナイン。でもタイトルにこだわってやりたくないなあ。2回生の時とか、タイトル欲しくてしゃあなかったけど。
平井 今はチームが勝てれば良い。
前田 たとえ2割台であったとしても、チャンスで打って、勝負所で打って、打点があったら。苦しい時に打てるバッターでありたいし。
平井 せやなあ。
前田 今は調子良くてみんなぽんぽん打ってるけど、どうしても落ちる時は来るから。落ちた時に自分がチームを救うような1本を打てればと思う。そんな感じかな。タイトルは心の底にしまっておきます。秘めておきます。取れたら小さくガッツポーズ(笑)。
平井 新人王もあるし。

―新人王は1回生だけですか?
平井 2回生もやけど。
前井 2春まではあった。俺2春で新人王とったから。2秋はないかな。でも1回生全然チャンスある。素晴らしい。
平井 こんだけスタメンで出とったらな。
前井 誰かしら、かみ合ったらある。


△今年の春季リーグ戦で前田はベストナインを獲得

―チームへの期待は大きいですか?
前田 あとはピッチャー。リーグ戦までに仕上げてくれると信じてるから。
平井 初戦が同志社なんで、落とすとそのままズルズルいってしまう可能性もある。やっぱり初戦どうやって獲るかっていうのを大事にしていかないと。
前田 あとは今回出るのが1、2回生中心ってことは、その子らも今まで出てなかったから。緊張しちゃって足がすくんで、思うようなプレーができなかった時に、どんだけ今まで出てた俺とか長尾とかベンチが声掛けてあげて、庄中とか高品とかも。ずっと出てたから。どんだけプレーさせてあげれるかっていうのも大事になってくるかな。緊張するからなあ。
平井 独特の雰囲気。初戦はまじで緊張した。
前田 初めてのスタメンの時はまじで緊張した。

―緊張の時、2人ともどのように解消を?
前田 俺はどうやったらっていうか、打球が1本飛んできてさばいたら。さばいてもエラーしても、飛んで来たら安心する。打席も1打席立って1回フルスイングしたら大丈夫。とりあえず1球目は緊張したら振るようにはしてる。中途半端なスイングしてアウトになったら次の打席にも影響出るから。「緊張すんのはこの打席だけ」って、1球だけフルスイングしたらリラックスできる。
平井 結構航平とかぶるけど、先頭バッターをしっかり抑えれたらこの日はいけるかなって自分でも思うし。流れもできるんで。そういう意味で先頭バッターは大事に。

―お互いに成長したと思う部分はどこですか?
前田 平井が成長したとこ?どうやろな。今までは俺もそうやけど、先輩に言われるがまま、チーム方針そのままみたいな感じやったけど、俺らの代になって話振ったらちゃんと答えてくれるし、チームの事考えた発言ができるようになってるな。
平井 自分でキャプテン資質じゃないって言ってるけど、言ってるながらも考えてやってるというか、チームのためを思ってやってるのはすごいなって思いますね。
前田 無理してるからな、結構(笑)。柄じゃないことしてるから。
平井 しんどいと思うけど、やってることほんまに。
前田 しんどいよ。野球のことだけ考えてたら良い訳じゃないっていうのがしんどい。色々弊害がある。自分だけで良かった今までの時間が恋しくなってきた。先輩ほしい(笑)。まあでも、自分のやりたいことができてるから。今までのチームで思ってた、こういうことしたらいいんちゃうかなってことも出来てる。それが上手くはまった時とかは嬉しいし、楽しい時もあるし。今のところみんな付いて来てくれてるから、頑張ろうって感じ。

―やりたかったことは例えば?
前田 こういうことしたいなあ、とかほんまにちっちゃいこと。ノック前とか、前やったらマウンド集まらずにそのままベース行ってボール回しやったけど、絶対マウンド集まって今日やることを言ってみんなでやること共有した上でノック入ったり。これはやろうとか、バッティング前でもこういうの意識しようとか。練習時間短いし、できることをやってほしいから、そういうのは絶対に言うようにしてたり。ちっちゃいことだけど、それがためになってると思ってやります、これからも。
平井 今チーム状況とかも良い。新チームなって3カ月弱くらい経つけど、やってきたことは間違いじゃないかなっていう風に思うかな。

―チームへメッセージをお願いします。
前田 常々言ってることではあるけど、今現状はチームの雰囲気が良い、状況が良いって思ってるけど、このまま良いと思って満足してほしくないって言ってて。もっともっとっていう。もっとレベルを、正確性を上げてもっと精度上げて、どんどん追求してほしい。1回決まったからもうできるOKじゃなくて、次はこういう感じでもっと上手いこと決めれるんちゃうかなとか。どんどんレベルアップしてほしいから、現状に満足してほしくない。これなら勝てるって、自分らが春で確信持てるくらいに持っていきたいから。そのために、練習時間も短いけど1人1人が考えてやれば、その練習の短さ、時間は取り返せることであると思うから。考えてやってほしいってことかな。
平井 リーグ優勝した時に、メンバーとか試合出たやつだけが喜ぶんじゃなくて、みんなで優勝の喜びっていうのを分かち合いたい。AとBっていうの(チーム分け)あるけど、関係なくみんなで一緒に頑張って優勝目指してやっていきたいっていうのはあります。

―秋の目標を教えて下さい。
前田 具体的に言ったら優勝しかない。
平井 うん、優勝。
前田 優勝して、関西選手権に出て、そこでも優勝して。秋は関西選手権しかないから、そこは目標ではあるけど、一番は春リーグで優勝して全国大会出てそっから勝っていくっていうのやから。秋リーグ僕が思ってるのは、春のためにどういう野球ができるのかっていうのを、リーグ戦じゃないと分からないこともいっぱいあるから。勝ちにこだわりながらも色々試して、こういう野球ができるってパターンを増やして、自分たちの幅広げて、春に生かして。それが一番目的って言ったら目的。その上で優勝を目指すって感じですかね。
平井 ピッチャーは、俺は結果出さんとあかんけど、下の学年にはある程度、この秋リーグを通して自分の実力を試したりとか、何より自信を付けてほしい。春リーグ優勝するために。なんで、のびのびやって自分の持ってる力を出せるように僕が声掛けとかしていかないとだめだなって思いますね。

―見ているのは優勝だけですね。
平井 そこはこだわりたい。
前田 関西だったら負けず、ってなりたい。全然今じゃ足りないけど。

ーありがとうございました!

関大準硬ために日々奮闘する新リーダー。誰よりチームを考える2人だからこその話をたくさん伺うことができました。この秋、前田準硬が大暴れすること間違いなしです。【取材/構成:松山奈央】


◆前田航平(まえだ・こうへい)
1997年(平9)8月19日生まれ、近大付高出身。179㌢、81㌔。三塁手。右投右打。環境都市工学部。特技はボウリング。好きな芸能人は新木優子。


◆平井巽(ひらい・たつみ)
1997年(平9)5月23日生まれ、県立川西緑台高出身。180㌢、76㌔。投手。右投左打。法学部。趣味は釣りの動画を見ること。好きな芸能人は芳根京子。