【テニス】5-0完勝で開幕白星!主将「いいスタートが切れた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第1戦対甲南大◇9月3日◇江坂テニスセンター◇
○D1 越野・大野菜2(6-2 6-0)0田﨑・小嶋
○ D2 橘・鎌田2(6-2 6-2)0中谷・大西
○ S1 越野2(6-4 4-6 6-4)1 中谷
○ S2 沈2(6-2 6-0)0田﨑
○ S3 大野菜2(6-0 6-0)0田中

○ 関大 5-0 甲南大

男子の開幕に続いて女子リーグ戦も本日からスタート。昨年度の覇者である関大の初戦の相手は甲南大。2部上がりの相手ではあったが、入りの難しい初戦を見事5-0の完勝でものにし、橘彩音女子主将(経4)も「いいスタートが切れた」と納得の表情を見せた。

橘は「ダブルスがカギになる」と大会前から話していた。ダブルス2本、シングルス3本の計5試合で勝敗を争う女子の団体戦。ダブルスを終えてからシングルスに移るため、いかにダブルスがシングルスに流れをもたらすかが重要だ。初戦の今日はそれがうまくかみあった。

D1に出場したのは越野菜摘(文3)・大野菜々子(社2)組。越野が「ダブルスは結構自信があった」と話すように相手に付けいる隙を与えない。また、今リーグ戦で主将の橘から「『笑顔でいこう』と言われている」と越野。時折明るい表情を見せながら、着実に試合を優位に進め、ストレート勝利を飾った。

D2の橘彩音主将(経4)・鎌田琴衣(社3)組は6ー2、6ー2で甲南大ペアを下した。立ち上がりは悪く、相手に2ゲーム先取されてしまったが、その後はサーブから流れをつくり、危なげなく勝利した。

S3大野菜はリーグ戦では初めての単複出場を果たした。夏関のシングルスではベスト8入りを果たすなど着実に進化し続けているサウスポーはこの日も高いパフォーマンスを見せる。0-40など相手にゲームポイントを握られる場面もあったが、勝負どころを落とすことなくなんと6-0、6-0のダブルベーグルで完勝。単複2勝を挙げ、単複出場の重責を果たした。

S2沈清河(法3)は接戦を繰り広げた。1セット目は、うまくスマッシュが決まらず、思い通りにいかない。しかし、2セット目は相手に体力差を見せつけ、ストレート勝ちを収めた。

S1越野は相手エースの中谷と対峙(たいじ)。大学を背負うもの同士の戦いは、第1セットは越野、第2セットは中谷が奪い、フルセットまでにもつれこむ激闘となった。ファイナルセットでは越野が優勢で試合が進み、5-1とした。勝利まであと1ゲームとするも、簡単にはいかない。相手にもS1という意地がある。3ゲーム連取され5-4に。平常心でいられず、うまく流れをつかむことができなかった。だが、そんな時でも仲間の顔、声を聞けば「現実に引き戻される」(越野)。

チェンジサイズ時にベンチコーチに入っていた橘の顔を見て「(4回生の)引退が懸かっている。切り替えれた」。追いすがる相手を振りきり、S1としての役割を果たした。

初戦を5―0と完勝スタートを切った関大。次戦の対戦相手姫大は2部上がりながら、藤原、岸上、堺など関西学生大会でも上位に名を連ねる存在がそろう。その中でも、カギは「ダブルス」と橘は言い切る。姫大戦でも今日のような戦いでまた、1勝を積み上げたい。【文/写真:三木勇人・中西愛】

▼橘女子主将
「初戦だったので緊張する部分はある中で5-0で勝てたのはいいスタートが切れたと思います。相手のペアが想定外だったんですけど、しっかり取るところを取れて2-0にできたのは良かったです。(想定外というのは?)中谷が1っていうイメージがありすぎて2ででれるのかと。団体戦はダブルスで流れが決まるようなものなので、ダブルスをしっかり入っていこうという話をしていました。(次戦への意気込み)やっぱりダブルスですね。ダブルスをしっかり取れれば流れ的にも実力的にもしっかり勝てると思うので出だしの部分を今日も姫大は勝っていて、厳しくなると思うんですけど、しっかりダブルスを取っていきたい。そうすれば自然とシングルスも取れると思うので」

▼越野
「シングルスは4-0で回ってきて勝ちっていうのが決まっているけど、自分が去年もエースだったし、今年もS1で出さしてもらっている、こんなに強い面子の中でS1で出さしてもらっているのだから、頑張って結構早めに勝たないとっていう思いが強かった。そういうプレッシャーや色んな思いが混じりすぎてちょっと試合に対して、どうやったら勝てるかという前に自分のプレッシャーと無駄に戦ってしまった。戦略的に負けたというより、団体というものを意識しすぎたから、もっと思い切ってベストなプレーをしたい。ダブルスは自信が自分の中で結構あった。今大会は『笑顔でいこう』っていうのを橘さんから言われている。ダブルスは笑顔でやります(笑)。(チームの応援は力になったか?)すごくなった。チームは仲がいいから自分の気持ちが下がっているときも一声かけられるだけで現実に引き戻されて、これ団体やからちゃんとやらなあかんという風にプラスに働く。(ファイナルセット5-1から5-4に追い上げられた際のチャンジサイズで)ベンチの橘さんを見ていたら私は尽くす身と思った。彩音さんとか(与四田=社4)来実さんを引退させたくないし。それには自分のテニスが懸かっているから、こんなことで怒ってられんと思って切り替えれた。相手も自分に対してチャレンジャーで来ているけど団体なのでそれに負けず頑張りたい」