【テニス】神院大相手に8-1勝利!開幕2連勝決めた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第2戦対神院大◇9月2日◇江坂テニスセンター◇
○ D1 柴野・島田2(6-3 6-4)0石川・大塚
○ D2 山尾・大野翼2(3-6 6-2 6-3)1水田・福井
○ D3 林・高村2(6-1 6-0)0辻・竹浪
● S1 林1(6-4 3-6 4-6)2大塚
○ S2 高村2(6-4 6-0)0石川
○ S3 大野翼2(6-0 6-2)0有本
○ S4 柴野2(6-0 6-1)0辻
○ S5 工藤2(6-0 6-1)0竹浪
○ S6 高橋勇2(6-2 6-1)0福井

○ 関大 8-1 神院大

開幕2連勝だ。昨日関学大を相手に勝利を決めた関大。本日の相手は神院大だった。ダブルスを3-0と理想の形で終えると、シングルスでも初出場の高橋勇人(経1)をはじめ圧倒。8-1と快勝を収めた。

D3の林大貴男子主将(社4)・高村烈司(商3)のペアは、2人のサーブが好調だった。サーブゲームでは、サーブ&ボレーなど様々な攻撃を織り交ぜ、相手に付け入る隙を与えず。リターンゲームでも、フォアハンドがさえ渡り次々と得点を奪った。第1戦とは違う組み合わせながらも問題なし。1時間足らずで勝利を決めた。

D2に登場したのは山尾玲貴(商2)・大野翼(経2)組。山尾は今季リーグ戦初出場を果たした。第1セットこそ奪われるも、その後は落ち着きを取り戻す。大野が力強いストロークを打ち込み、夏関では残念ながら棄権した山尾も負けじと粘りを見せ、最終的には3-6,6-2,6-3で勝利。チームの勝利に貢献した。

D1には島田達也(人3)・柴野晃輔(文4)組。林・高村組と同じく、全日本インカレ以来の結成となった。第1セット、第7ゲームを的確なリターンでブレーク。1ブレークを守りきりこのセットをものにする。続くセットでも、1ブレークアップで逃げ切った2人。安定感のあるテニスでダブルス全勝を決めた。

1年生の高橋勇人(経1)は、S6での出場。リーグ戦初出場ながらも堂々としたテニスを披露する。「緩急を使えた」とストロークのペースを変え、相手のミスを誘う。強烈なサーブもはまり、リードを保ち試合を運んだ。「しっかり勝てたのは大きなこと」と高橋。初のリーグ戦を勝利で飾った。

S5の工藤丈寛(人4)は、試合開始から相手を圧倒。ダウンザラインを決めるなど、序盤からコントロールがさえ、ペースを握らせない。さらに、速いボールやスライスを織り交ぜ、相手を翻弄(ほんろう)する。緩急をつけた攻撃でポイントを重ね、第1戦の関学大戦に続くストレート勝ち。最上級生の意地を見せ、自身2連勝となった。

S4には柴野晃輔(文4)が登場。「昨日より今日の方が落ち着いていた」と安定した試合運びで主導権を握る。スピードボールを軸に攻撃を組み立て、第1セットをベーグルで奪うと、勢いそのままに第2セットも6-1で奪取し、第1戦に続く単複連勝。「力みや緊張を少しでも和らげられるように調整していきたい」と6日に控える次戦を見据えた。

S3には、シングルスに続いて大野翼が出場。第1セットは、3ゲームを先行された前日とは異なり、スタートから冷静に試合を進め、ベーグルで先取する。第2セットでは相手とのラリーに苦しみ、ポイントを先行される場面も見られたが、終わってみれば6-0,6-2で快勝。関大に貴重な1勝をもたらした。

高村はダブルスに続き本日2試合目。夏関ではシードを務めた石川との1戦となった。試合は高村が先手を打つ。ベースライン上からのストロークで相手をコート外へ追い出す。サーブもストレート、ワイドともに好調だった。圧巻だったのは第2セット。苦しみながらも最初のゲームをキープすると、その後もゲームを連取。最後まで相手を圧倒し、1ゲームも与えなかった。

S1の林大貴主将(社4)は第1セットを難なく奪う。だが「もう少しセカンドの序盤で離していれば、簡単に勝てた」と本人が悔やむように、第2セットからはリズムを崩してしまう。途中にはレフェリーの判定にも泣かされ、流れを渡してしまった。最後まで必死に食らいつくが、フルセットに入った試合を制することはできず。悔しさの残る結果となった。

天候の影響もあり、次戦は6日。ここからも、甲南大、同大そして、近大と油断の出来ない戦いが続く。リーグ制覇へ向けて。あと3戦全力で戦い抜く。【文/写真:長尾洋祐・松浦智】

▼林主将
「ダブルスは、高村とインカレ以来のペアだったけど、終始自分たちのペースで、やりたいこともできたので、特に問題はなかった。シングルスに関しては、良いプレーもあったけど、もう少し徹底したプレーが必要だった。自分から焦って攻めたり、相手が嫌がることをもっとやっていかないといけなかったかなと思う。体力面でしんどい部分があったので、もう少しセカンドの序盤で離していれば、簡単に勝てた。朝起きた時点では筋肉痛とかも特になくて、そんなに疲れはないかなと思っていた。けど、試合が始まってみると、体力的には昨日よりきつかったので、2日間でしっかりリカバリーしたい。僕以外はみんな簡単に勝ってくれたので、昨日よりは硬さもなく、自分たちのプレーができていた。ただ、ダブルスのオーダーなど、まだ色々と試している途中。その中でも、良い感じでできていた。(S6の高橋勇は)1年生で、すごく真面目に練習している。ジムにも行ってトレーニングしたりしていて、その姿はスタッフや他の選手も見ていたと思う。シングルスを任された中で、しっかり結果を残してくれた。(高村との連携は)良かった。しっかりと勢いのあるダブルスができた。次の甲南大は厳しい相手。しっかり準備して、まずダブルスで3-0をつけ、シングルスでも6勝できるようにしたい。甲南大は、今日(昨年2位の)近大ともいい試合をしていたので、すごく力がある。そこをしっかり抑えることができれば優勝も見えてくると思う。9-0で勝ちたい」

▼柴野
「昨日の試合の方が身体に負担がかかっていたけど、今日はスコアも余裕があって、リラックスしてできていたので、そんなに負担はきていない。ダブルスは、島田とインカレ以来のペアだったけど、インカレでやってきた内容をそのままここでも出せた。相手も強かったけど、しっかりまとめることができて、良い試合だった。前で動いたり、サーブの確率も高かったので、何の問題もなかったかと思う。シングルスは、力みが少しあったので、それが取れてくると、もっといい調子になってくるので、調整していきたい。(S6の高橋勇は)練習でやっていることをそのまま試合でも出していたので、そこは良かった。ただ、最後の2ゲームはミスが増えていると感じたので、まだまだやらないといけないことはあるかな。逆に言えば伸びしろがある。これから試合に出ていく選手なので、1年生で出るのは緊張すると思うけど、頑張ってチームに貢献してほしい。(次回への改善点は)緊張してベストパフォーマンスを妨げることがあるので、力みや緊張を少しでも和らげられるように調整していきたい。(甲南大戦は)副将として、『柴野さんが安定して勝ってくれるから、他ものびのびできる』というプレーをどんどんしていき、他の選手に余裕を持たせてあげたい」

▼工藤
「今日は昨日よりもしっかりと自分の打っていくテニスができたと思う。無茶せずに頭を使ってプレーできた。コースを使うのもそうだが、守るときは守るなどメリハリのついたプレーができた。(今日の相手との対戦経験は?)高校の2個下の後輩で、やりやすかった。自分としては今日の試合は満足している。(今日の試合で悪かったところは?)サーブが振り切れていなくて、ミスが多かった。サーブをもう少し改善していきたい。(シングルスの入りで意識していることは?)シングルスで初めに入ったので、後輩に思い切りやらせてあげようと思っている。そのためにも自分が勝っていかないといけない。しっかりと自分が勝って勢いづけていくということは意識している。ここ2戦ではできていると思う。(残り3戦への意気込み)出るからには全部勝っていきたい」

▼山尾
「出だしは相手の勢いがあった。途中からは良かったと思う。体調を壊してテニスをできていなかったが、勝てて良かった。(ポイント間はどのような話をした?)いつも通り冷静にいくように話した。(良かった点は?)思いつかない。途中から相手の癖がわかってきて動けたりしていたのでそこは良かったかな。1試合ずつ勝って優勝できるように頑張りたい」

▼大野翼
「最初相手の1人のサーブが速くて、リターンゲーム苦労した。自分と山尾が出だしからあまり元気がなくて、技術面というよりは気持ちの面で入りが悪かった。セカンドセットからは声など出して、団体戦なのでみんなの力を借りて勝ち切ることが出来た。山尾は全然練習できていなかったので、ダブルス以前に山尾の打感は戻っていないかなとは思いつつやっていた。基本的に自分に集中していたが、入り方が悪かった。(良かった点は?)追い込まれていたが、冷静にできた。切り替えが早くなったと思う。今回はファーストセットを落としたが、セカンドセットでは冷静に考えた。ポイントをとったら声をあげたりして、体も動くようになってきた。(残り3戦へ向けて)甲南や同大など今までの大学よりもレベルが高くなってくると思う。試合の中でミスが多かった。課題点が多いので自分のテニスを貫いて次も勝っていきたい」

▼高橋勇
「今まで対抗戦や早関戦に出させていただいた。それらの緊張感とは違う。チームの命運がかかっている重い仕事を任せていただいた。そこで、しっかり勝てたのは大きなことだと思う。試合の前から緊張していて、チームメイトと話したりして緊張をほぐしたりした。試合をしている自分だけではなくて、いろいろな人にサポートされていることがわかる試合だった。(S6で出るということはいつ分かった?)昨日。試合が終わってから急にメンバー発表をされた。昨日の試合は出ていなかったが、歯がゆいというか出たいなという思いはあった。そこで出ることが出来るので勝ってやるぞという気持ちで、臨んだ。やはり最初は緊張があって応援のおかげで勝てた。相手もそこまで強い相手ではなかった。これからどんどんレベルが上がっていくので、自分が出られるのであれば照準を合わせて頑張っていきたい。(プレースタイルは?)攻撃的に攻めていくタイプでがつがつ気合でいくようなスタイル。理想としては、冷静にいろんなプレーが出来て試合を進めたいというのが本音。でも、性格などを含めると気持ちを出してプレーしていかないと乗っていけない。熱くなって、冷静さを欠いてしまうことがある。(今日は落ち着いてできた?)今日は出来た。(良かったところは?)緩急を使えたところ。(反省点は?)もっと浮いたボールに対しての反応を早くしてコートの中でプレーしたかった。(残り3戦への意気込み)出たからには絶対勝ってチームに貢献できるように頑張る」