【テニス】林が主将の意地見せた!関学大を8-1で下し開幕白星スタート!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生対抗リーグ戦第1戦対関学大◇9月2日◇江坂テニスセンター◇
● D1 山中・平川1(6-4 1-6 4-6)2 田中・本間
○ D2 島田・高村2(7-5 6-2)0吉田・栗山
○ D3 林・柴野 2(6-1 6-4)0 山本・板倉
○ S1 林 2(3-6 7-5 6-4)1 本間
○ S2 高村 2(6-2 7-6(4))0 吉田
○ S3 大野(翼) 2(6-4 6-4)0 山口
○ S4 島田 2(7-6(2) 6-4)0 高田
○ S5 柴野 2(6-1 6-2)0 田中
○ S6 工藤 2(6-2 6-0)0 中澤

○ 関大 8-1 関学大

待ちに待ったリーグ戦がいよいよ本日から例年通り江坂にて開幕を迎えた。関西5連覇を懸け、負けることは許されない関大。大事な初戦は宿敵である関学大と相まみえた。まずは関大の得意なダブルスが3面展開で一気に行われた。

D1には平川暉人(人1)・山中瑠樹亜(経1)組。関学大のエースペアである田中・本間組との対戦となった。試合は幸先よく第1セットをものにするが、中盤以降苦しんだ。相手に逆を突かれ、ポイントが繋がらない。ファイナルセットでは、ここぞという場面に相手の連続ポイント。経験の差で敗れてしまった。

D2に登場したのは島田達也(人3)・高村烈司(商3)組。息の合った連係プレーを随所で見せ、ストレート勝ちを収める。それでも、「3-1からブレークバックされ、相手に息を吹かせてしまったので、それは良くなかった」(高村)。リードした場面からの戦い方に課題を残す結果となった。

昨年のリーグ戦では不動のD1として出場していた林・柴野組はD3としての出場。4年生コンビとして一番の仕事は、速く試合を終わらし、チームに流れをもたらすことだ。第1セットは1-1から5ゲーム連取。第2セットにおいてはややもつれる部分もあったものの、ストレート勝利でどのコートよりも早く関大に白星を届けた。

ダブルスは2勝1敗で勝ち越すも、最後に終えたD1が敗北を喫すなど決して流れは良くない。なんとしても関大ムードに持って行きたい中、登場したのはS6の工藤丈寬(人4)。得意のフォアハンドを武器に相手に隙を与えない。2ゲームしか与えず完勝を果たした。「チームを波に乗せられるか、乗せられないかっていうのがS6の仕事」と本人が自負しているように最上回生としての役割を果たし、後続につないだ。

S5の柴野は、試合を通じて安定感抜群の内容を披露した。第1セットからショットがさえ、試合の主導権を握る。気温が上昇する中でも、相手に流れを渡さない。結局わずか3ゲームしか失うことなく6-1,6-2でストレート勝ち。林主将とのD3を含め2連勝し、チームの勝利に大きく貢献した。

ダブルスに続いて登場になった島田。第1セットはタイブレークの熱戦の末、先取するが第2セットは0―3と劣勢に持ち込まれた。また、チェンジサイズ時にはメディカルタイムアウトを要求。「フィジカル面で不安要素があってそこがプレーにも出てしまった」と島田。しかし、そこからは頭を使ったテニスで配球やボールを打つタイミングを変え相手を惑わせる。フィジカルに問題を抱えながらもストレートで決着を付けた。

S3の大野翼(経2)は、相手のスライスに対応できず。0ー3と序盤に大きく先行されてしまった。それでも、「相手に合わせた」とここから緩いボールを駆使し、試合を組み立てる。中盤以降は立て直した大野。第2セットでは終始リードを保ち、試合を運ぶ。「いい経験になった」と大野。我慢のテニスをものにした。

S2の高村は序盤からサービスエースを決めるなど、順調な滑り出し。積極的に前に出て攻め、ネット際でのプレーで相手を揺さぶる。第2セットはタイブレークにもつれ込むが、「自分としては余裕を持ってテニスができたと思う」としっかり勝ち切り、6-2、7-6(4)で敵を退けた。

主将でS1の林大貴(社4)は、得意の本間との一戦。相性とは裏腹に苦しんだ。この日の林は、ストロークが不調。自らのミスで点を離された。第1セットを落とし、第2セットも1ー5というまさに崖っぷちの状況。

「多少開き直った」と林。気持ちを切り替えた。ダウンザラインなどで切り抜け、立て続けにブレーク。その後も、勢いは止まらない。鋭いストロークが相手コート襲い、怒涛(どとう)のゲーム連取。ファイナルセットでも意地と意地のぶつかり合いを制した林。見事S1の役割を果たした。

いつもよりレベルの高い相手との初戦になったが、その中でも、林が崖っぷちの中、勝利をもぎとるなど8-1で快勝。「チームの滑り出しとしては良かった」と主将の表情も明るい。台風接近のため、4日に予定されていた第2戦があすに変更。連戦となるが、第3戦は中2日を挟むメリットもある。初戦の勢いのまま、第2戦も波に乗りたい。【文/写真:三木勇人・松浦智・長尾洋祐】

▼林主将
「ダブルスは柴野と夏関は早く負けてしまったが、今回は2人の持ち味を出してしっかりプレーできた。ブレークはされたが、終始自分たちのペースでできたのが良かった。シングルスはコーチにも言われたが、プレーがあってくるのが遅すぎて、3-6、1-5まで自分を勝手に追い込んでしまった。勝てたことはプラスだと思うけど、そこまでいかなくても勝てた。明日も試合があるのに疲れてしまったのでそこは反省点するべき。(D3とS1、今までとのギャップは?)S1が最後に入るので休憩ができる。そこはいいかなと思う。その分タフな相手になるので、しっかり準備していきたい。(S1としてのプレッシャーはある?)主将としても、S1としても勝つのと勝たないのでは全然違うと監督にも言われた。その部分はすごく意識していた。今日はどうしても負けられない試合だったので最後まで頑張った。(夏関言っていたチャレンジャー精神で向かっていけた?)全体を通してみると、硬さが目立った。その中でも工藤と柴野がシングルスで勢いよく勝ってくれたので2人に助けられたというのが正直ある。それ以外の選手は少し受け身になっているのはあった。そこは改善していきたい。(山尾がメンバー外となっていたが?)夏関から少し体調が悪かったので。山尾がいなくても、山尾が戻ってくるまでチームが大丈夫だというのを見せてあげられるように頑張りたい。(第2セットの第7ゲームについて)1-5までいったので、あとは思い切りやるだけだなと思って、多少開き直った部分はある。あそこで相手が少し引いてくれたので、これはチャンスだなと思って全面に声を出していった。(ベンチコーチの安積とはどのような話を?)第1セットからあまり良くなくて、ベンチでも特に話さなくて安積には迷惑をかけたと思う。それでも、最後までしっかり声を出してくれたので力になった。(第2セットから最後にかけて復調した?)それまでは、相手が自分にやらしてくれていた部分があった。簡単なボールの分自分から無理に展開してしまった。1-5からはアグレッシブにいけた。ラリーの中で戦っていけたので、自分のペースでできたのかなと思う。(夏関時に関学戦がカギと言っていたのは?)初戦で関学戦は難しい部分があったと思う。関学は夏関でもダブルス上位にいっているし、いい選手がいる。いつもの初戦よりはレベルが高いと思っていた。8-1でクリアできたのは課題もあったが、チームの滑り出しとしては良かった。明日も重要なところを任せられると思う。僕がS1にいるから4-4でも大丈夫だと思えるようにしっかり最後まで頑張りたいと思う」

▼工藤
「S6でシングルスでは一番最初に入るのは分かっていた。チームを波に乗せられるか、乗せられないかっていうのがS6の仕事だと思っていて、それを一番に考えて臨みました。(ダブルスが2連勝のあと敗戦。流れを変えることを意識したか?)結構意識しました。シングルスの雰囲気が悪くなってはだめだし、明日からもどんどん勝っていかないといけないと思っていた。(明日への意気込み)もし試合に出られるのであれば、今日6-2、6-0で勝てたのでしっかりと自分のテニスを出し切って勝てるようにしたい」

▼高村
「ダブルスは、最初ブレークしたにも関わらず、そこで勢いづかないといけなかったのに、3-1からブレークバックされ、相手に息を吹かせてしまったので、それは良くなかった。前の試合でも同じような現象があったので、改善していかないと、リーグの連戦のどこかで隙ができてしまう。大事なところでこういうことをしないように意識して練習していきたい。次回は、自分たちが有利になったときに『もう1点』を取りに行けるようにしたい。シングルスは、6-2、7-6というスコアではあったけど、自分としては余裕を持ってテニスができたと思う。相手のサーブが良かったので、それに対しては正直どうしようもない部分はあったけど、取ろうとしたときに取り切れなかったのが自分の中で悔しくて、もっとそれをセカンドセットの序盤でできていたら、ああいうスコアにはならなかったかなと思う。シングルスは自分の気持ちが大事だと思うので、気持ちはずっと強く持って、迷わず思い切ってやりたい。(夏関からはどう過ごしていたか?)リーグに疲れを持っていかないことはもちろん大事だけど、団体戦なので、チームのために自分がどうするかを考えていた。チーム全体を盛りあげるために自分が活躍するのは大事だと思うので、勝ちにつながるプレーを最初から最後までできたらいい。(仲間の活躍は刺激になるか?)そうですね。隣のコートが良くなかったら引っ張っていきたいと思っていた。自分も引っ張っていくべき存在になっているかなと思う。(次戦に向けては)スコアも少しもつれている部分はあるので、スコアも抑えたい。改善すべき点を改善し、一戦一戦頑張っていきます」

▼島田
「(ダブルスを振り返って)夏関での課題でブレークした後のサービスゲームが集中力が持続できなくて、今日も同じような結果になった。最初にブレークしたが、ブレークバックされて相手に流れがいきかけた。今後はそういうことがないようにしっかり集中力最初から最後まで切らさないことが一つの課題。でも、ブレークされた後にしっかりと立て直すっていうことはできたと思うので、そこは自分の中で収穫だと思うし今後につなげていけたらいいと思う。フィジカル面で不安要素があってそこがプレーにも出てしまった。しっかりケアをして今後の試合に影響がないようにしていきたい。(メディカルタイムアウト後変えた部分は)ボールをとるタイミングであったりとか、バックに攻めていたのをフォアに流したりなど少し変えた部分があってそこがうまくいったと思います。(明日への意気込み)今日は微妙だったので、しっかり自分たちのプレーをして勝っていきたい」

▼大野翼
「団体戦なので、すごい緊張してしまった。その中でも応援のがすごい力になった。一人で戦っているわけではないので、すごい力になった。相手も団体戦なので、すごいタフになって選手全体的にすごい強くなっていた。苦しい戦いが続くと思うのでタフに頑張りたい。(今日の相手は対応しづらかった?)自分は高い打点から叩くタイプと自分では思っている。向こうはずっとスライスで低いボールで返してくるタイプだった。それで、低いボールを打ったらネットに引っ掛けてしまった。中盤からスライスをスライスで返して、相手に合わすプレーをした。コースを突いてしっかり決めるなど考えるテニスができたかなと思う。今日の試合は自分にとっていい勉強になった。今後の糧として生かしていけるようにしていきたい。(試合の出来は?)60点くらい。ラリーが続く選手だったので、我慢が出来ず少しコースを突きすぎてのミスだとか多かった。サーブも少し暴れていて、ファーストの確率が良くなかった。明日は単複で出る予定。体力的にタフになるが、しっかり準備していきたい」