【テニス】本戦6日目、多数の選手が8強進出!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度全日本学生選手権大会本戦6日目◇8月18日◇岐阜メモリアルセンター◇

【男子シングルス4回戦】
○ 高村2(0-6,6-2,6-3)1松田(近大)

【男子ダブルス3回戦】
○ 柴野・島田2(7-6(4),6-3)0小野・西岡(近大)
○ 山尾・大野(翼)2(7-6(5),6-4)0福田・今村(慶大)
● 林・高村0(4-6,2-6)2逸崎・畠山(慶大)

【女子シングルス4回戦】
○ 越野2(7-6(9),6-3)0押野(慶大)
● 鎌田1(6-0,6(5)-7 2-6)2松田(亜大)

【女子ダブルス3回戦】
○ 鎌田・中塚2(6-2,6-2)0楚南・山口(亜大)
○ 越野・大野(菜)2(6-2,6-3)0小松・林(東洋学大)

全日本インカレ本戦は6日目を迎え、この日で8強が出そろった。関大は高村烈司(商3)が前日に続く快進撃で見事ベスト8入りを果たすなど、多くの選手が健闘した。

越野菜摘(文3)は、第8シードの押野(慶大)との4回戦に臨んだ。一進一退の攻防が続き、タイブレークにもつれ込む。3-6と一度は相手のセットポイントとなった。だが、「(ラケットを)振り切ってボールをコートに入れよう」と越野。攻めの姿勢で逆転し、第1セットを奪った。勢いは止まらず、ストレート勝利を収めた。明日は第4シードの牛島(筑波大)との準々決勝に挑む。

全日本インカレシングルス初出場ながらも快進撃をつづけている高村。本日の相手は昨日第2シードを撃破した近大のルーキー松田だ。スーパールーキーを前に、ファーストセットは1ゲームも取れずに終わってしまう。「出だしとしては最悪の展開」(高村)。だが、ここから徐々に本領発揮をしていく。緩いボールが多用されたファーストセットと比べて、自身の得意なアップテンポなテニスへと相手を引き込む。6-2で圧倒して第2セットを奪うと、その勢いで最終セットもつかみ取り見事ベスト8進出。「うれしいというより、驚き。(準決勝は)すごい楽しみなので思い切ってベストを尽くしたい」と意気込んだ。

女子シングルスの鎌田琴衣(社3)は、第1セットをベーグルで奪う順調な滑り出し。デュースの場面でも失点をせず、粘りを見せる。この勢いを持続させたいところだったが、第2セットのタイブレークを取り切れずにこのセットを落とすと、ファイナルセットでは相手に左右に揺さぶられ、チャンスを演出することができない。鎌田の健闘むなしく逆転負けを喫し、準々決勝への道を開けなかった。

ダブルス3回戦に出場したのは、大野菜々子(社2)・越野ペアだ。東洋学大の小松・林ペアと戦った。小松は昨年、越野がシングルスで敗北を喫した相手であり、どのような選手かは分かっていた。相手を少得点で抑え、第1セットを奪う。第2セット終盤、予想通り相手も粘りを見せる。5-3でリードしてむかえた第9ゲームでのデュースを息の合ったプレーで制し、初めてのベスト8進出を決めた。

柴野晃輔(文4)・島田達也(人3)組は、春関で敗れた小野・西岡組(近大)に挑んだ。相手が先に攻めてくるのに対し、ベースラインからの低めのストロークでつなぎ、好機を待つ。タイブレークでの初めのリターンで、ミニブレークに成功すると島田のボレーで締め第1セットを奪った。「すんなりいけた」(柴野)と第2セットでは、第8ゲームに柴野のリターンエースなどでブレークに成功。サーブゲームを一度も奪われない理想的な流れで勝利を決めた。

山尾玲貴(商2)・大野翼(経2)組は、第4シードの福田・今村組(慶大)との一戦。互いにベースラインからのストロークを主体に試合を展開する。第1セットは、タイブレークの序盤で大きく動いた。2連続でミニブレークを決めると、大野翼の強烈なサーブで寄せ付けずこのセットをものにした。第2セットでも、ラリーで崩してボレーで決める形でブレークを決め快勝。明日は、柴野・島田組との関大対決となる。

鎌田・中塚桃子(人2)組は序盤から落ち着いて試合を進める。鎌田はドロップショットをネット付近へ決め相手を揺さぶり、リズムを作っていく。ライン際のボールも腕を伸ばして拾い、相手に主導権を握らせない。一方、中塚もストロークで盛り立てる。前衛に回った際は、積極的にボレーを仕掛けミスを誘った。2人の動きがかみ合い、6-2、6-2でストレート勝ち。次戦は第1シードの強敵と対峙(たいじ)するが、鎌田は「勝てると思っている」と強気の姿勢で、勝利への意欲を見せた。

林大貴主将(社4)・高村組は2年前の全日本インカレ覇者である逸崎・畠山組と対戦。このペアには2年前の全日本インカレでは林が、昨年の大会では高村が敗北を喫しており、因縁の相手でもあった。優位に試合に進めたかったが、「相手の方がサーブとリターンの部分で上回っていたのでそこで抑えられた」(林)。ボレーなどのネットプレーでの得点では相手と遜色なく、互角以上の戦いを繰り広げるも、基本的な得点源であるサーブとリターンで水をあけられてしまった。波に乗りきれずストレートでの敗戦となり、3度目の正直とはいかなかった。

明日はいよいよ準々決勝。昨年よりも多くの選手が勝ち残っており、活躍にますます期待が高まる。【文/写真:三木勇人・長尾洋祐・松浦智・遠藤菜美香】

▼林男子主将
「昨日に比べて高村も調子が悪そうでそこをうまく自分がボレーで切ったりだとかうまくもっていけなかったのが良くなかった。(劣勢だったがどう打開していこうとしたか?)お互いの武器であるネットプレーをうまく使ってやっていきたかったですけど、相手の方がサーブとリターンの部分で上回っていたのでそこで抑えられた。ボレーであったり、ストローク、最近自分が練習してきたリターンは通用していた。でも、やっぱりまだまだサーブとリターンが課題かなと。後の部分に関しては勝っている部分があったのでファーストサーブの大事な場面の精度であったり、リターンで思いっきりいったりそういう部分をうまくやったり、増やしていきたい。(コーチからは何を?)サーブとリターンの部分ですね。どっちかが上回っていないと自分たちは他の部分で上回っていても苦しい場面が多いと言われました。そこは夏関、リーグ、王座で勝たないといけないポジションを任されているのでサーブ、リターンを磨きたい。(夏関では柴野とペアに)2人とも最後の個人戦なので楽しんで思いっきりやりたい」
▼柴野
「2人とも集中してできていたので、最後までサービスゲームを取られずできたので良かったと思う。特に1セット目は少ないチャンスだったが、生かすことが出来て、セカンドセットがすんなりいけた。相手は勢いがあるので、ひかずに自分たちのプレーをしたら勝てると思っていたので堅いプレーをした結果がこの勝利につながったと思う。僕は林と組んでいた時に、新進で同じペアに負けて、春関でも負け3連敗は出来ないと思っていた。負けている分自分たちがチャレンジャーでいくことが出来た。最後の全国大会なので、先輩としてもしっかり先輩の強さを見せつけ夏関、リーグ、王座と戦って引退したいと思っている。今日はリターンゲームの時レシーブが苦しかった。リターンの確率を上げてベスト4を狙っていきたい」
▼島田
「全体的には2人とも出来栄えはいい感じだった。ボレーなどが今日は特にさえていたので、相手にプレッシャーを与えられたと思う。ファーストセットは7-6と競ったが、内容としてはいい感じで、セカンドセットもそのままの流れで行けて3-3とブレーク出来た。相手は春関の準決勝で負けた相手なので、次につながる勝利だったと思う。サーブの調子はインカレに入ってからずっと良い。試合でもファーストから入れることが出来て展開で来ている。それがショートポイントにつながっている。今後もファーストの確率を気を付けたい。この後すぐに夏関、リーグがあるのでここで勝てたというのはつながる。リーグではダブルス3本取らないといけなくて、ダブルスの1本に出るのでしっかりやっていきたい。明日は後輩なので勝ち切ることが大事。大野は高校から後輩でダブルスも組んだことがある。手の内は互いに知っているので、どこまでやり切れるかだと思う。ここは先輩としてしっかり勝ち切りたいと思う」
▼越野
「(シングルスについて)、(第1セットのタイブレークで)3-6までいかれて、相手のゲームポイントだったので、そのときに自分で『私のミスが多いな』って思った。『テニスの質を上げて、自分のテニスをもっとよくして、相手どうこうじゃなくて、(ラケットを)振り切ってボールをコートに入れるようにしよう』と思ってそれを意識した。(ダブルスについて)最後は相手も結構粘ってきた。去年、小松さんとは戦っているので、どういう選手かはわかっていた。最後になるにつれ上げてくるのは予想通りだった。自分たちのダブルスは私がストロークを打って、大野に前出て決めてもらって、私が動いてカバーに走ってもらう感じだけど、それに近い自分たちのプレーができた。2人で点を取れてよかった。(シングルスとダブルスの相手の)牛島さんはすごい強い選手だし、1回シングルスも負けているけど、ここまできたら強い選手しかいない。相手の名前にビビることなく、自分のベストを尽くして自分のプレーを貫きたい」
▼高村
「今日はファーストセットが0-6、セカンドも0-1と7ゲーム連取されて危なかった。相手がアップテンポですごい展開の早い選手だったんですけど、僕に対しての対策か、出だしからゆっくりテニスをしてきて相手の持ち味であるテニスで戦ってこなかった。相手のスローペースに合わせてしまった。ファーストセットはラリーも長くはなっていたが自分の得点にならなくて0-6で落としてしまった。出だしとしては最悪の展開。でも逆にあとは思い切ってセカンドセットから入ろうと言っていたのでそ攻めたら相手も攻めて打ってきた。そこから自分のテニスができたのでそれはラッキーでもあったかなと思います。サーブやリターンのワンショット目から強い球を打とうとして相手もペースが上がってきてそれが自分にも合っていたので相手に打たせるテニスをしていたら自分もリズムができてきた。関西同士の戦いと言いながらもまた全国の大舞台で勝てたのはすごい自信になった。(関西学生シングルスではベスト16が最高成績だが、全国で8強入りを果たしたことについて)うれしいというより驚きで、もちろん負けるつもりで挑んではないんで、どれだけ上にいけるか楽しみではあった。普段練習してきたことが間違ってなかった証明にはなった。明日も挑戦する気持ちを忘れずに挑もうと思います。(ベスト8の結果には)もっといけるんじゃないかなとも思っています。今回はシード勢も早くに負けていて誰が優勝してもおかしくない。自分も正直自分には期待したいと思います。(ダブルスについて)相手はサーブとリターンがすごかった。前での勝負は自分たちの方がポイントが多かったと思うんですけど、やっぱり相手のサーブからのポイントで自分たちがレシーブになったときはそんなに点数が入っていなかったのでその1本目の差が大きかったかなと。試合前の対策としては(相手の球が)速い分、コースは絞れるかなと思っていたんですけどそれはファーストサーブが入って、きちんとリターンができての話なので。ファーストが全然入らなくてそこで流れが乗れなかった。サービスキープは必須でどれだけ率を上げて、リターンの確率を上げるかプレッシャーをかけるかが大事だったがうまくいかなかった。(明日への意気込み)相手は1年生でジュニアで結果を残してきた選手。でも、同じ関西で育ってきた人間で結構知っているのでこういう舞台で戦えるのも滅多にないと思うのですごい楽しみなので思い切ってベストを尽くしたい」
▼鎌田
「シングルスとダブルスは違うので、ダブルスは絶対に勝つという気持ちだった。今日は最初から中塚がギアを上げてくれたので、私もそれに乗っかっていくことができた。(中塚は)今日はすごく良かったと思うし、2人で前に出たときも、真ん中を抜かれることはなかった。攻めるところも守るところも分かっていたので、今までの大会中で一番良かったかなと思う。お互いに助け合っている意識はあまりないけど、自然と助け合っているのかもしれない。次の相手は第1シードだけど、全然怖くはない。勝てると思っているので、勝ちにいきたい」
▼大野翼
「(今年のシーズンの手ごたえは?)どんどん良くなってきている。春関の柴野さんとのインカレ懸けでの試合でつかんだ。それまでは、よくわからないミスをしたけどあの試合がきっかけで、強気のショットも落ち着いて決められるようになってきた。(今日の試合について)今村選手は中学校、高校と友達でストロークが速く、僕はボレーなどが得意ではないのでストロークで決められたらと思っていた。今日の試合は緊張していて確実に決められるときだけ、強気にいこう思っていた。プレッシャーには強くなった。1年生時はすぐに自分からミスをしてしまい、考えていられなかった。ポイントのことを考えられるようになってきた。でも、まだ粗削りなところもあるのでそこはしっかりしていきたい。明日は島田さんと柴野さんなので2人とも前衛で戦ってくる。しっかりボールを沈め、技術的な面をうまく使っていきたい」
▼山尾
「相手はストロークがいいのはわかっていたので、自分たちの勝負をしようということを心掛けていた。長いポイントがあってそこをしっかりとれたのは良かった。明日の相手は先輩なので、思い切ってプレー出来たら良いなと思う」
▼大野菜
「小松さんは、去年越野さんがシングルスで戦って、負けた相手ですごいハードヒッターっていうのは知っていた。でも、ダブルスだったらボレーとか全然シングルスとは違うのでいけるかなと思った。小松さんのボールは重いけど、遅いので慣れるまでに時間がかかった。試合のレベル自体、私も越野さんもすごくいい内容で、元気を出して試合することもできた。初めてベスト8に入って、いい波に乗っていると思う。明日は筑波大学の森崎さんと牛島さんだけど、チャンスがないことはないと思う。越野さんはシングルスもあるので、私が走り回りたいと思う」
▼中塚
「2人で絶対に勝ちに行こうと言っていた。鎌田さんはシングルスで結構動いていたので、私がいつも以上に動かなければと思っていた。それができたかは分からないけど、2人で上手く話し合いながら、楽に進めることができた。作戦通りはまったところが多かった。今回はダブルスだけなので、ダブルスで上位を狙っていきたいと思っていた。去年はシングルスで負けてしまったので、まだ全国での勝ちがなかったので、今回は3つ勝てているのでいいと思う。鎌田さんは色んなことができるプレーヤーなので、結構そういうプレーが好きなので、やりやすいなと思う。(鎌田は)シングルスで疲れているかなとは思ったけど、いつもと変わらずしっかりボレーで決めるところは決めてくれて、チャンスを逃さないテニスをやってくれたので楽にプレーできた。次は第1シードが相手だけど、思い切ってやっていかないと勝てない相手だと思う。競ったところでどういうプレーができるかがキーになってくると思うので、トリッキーなプレーを増やし、見ていて楽しいダブルスにしたい」