【ソフトボール】3連覇に王手!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生秋季リーグ第4節対四天王寺大◇10月24日◇万博記念公園◇

関 大 024 10 =7
四天大 000 03 =3

(関)高桒、大久保―黒田裕、黒木
(四)北出―山﨑

関大は開幕から3連勝中。3季連続全勝優勝に向けて視界良好だ。この日は第4節と最終節を行うダブルヘッダーが組まれた。まずは今季から1部に昇格した四天大に快勝を収めたい。

先手を取ったのは関大だった。二回、1死から5番・岡田が死球で塁に出ると、6番・安部が中前打で続く。積極的な走塁で1死二、三塁と好機を演出。7番・黒田圭の二ゴロの間に先制点を挙げ、8番・野原の適時二塁打で2点を先行した。
さらに三回には4番・太田が左越えに特大の3点本塁打を放つ。その後も攻め手を緩めず、7-0と相手を突き放した。
_MG_0073
投げては先発の1年生右腕・高桒が好投。3回無失点で試合をつくり、四回から2番手・大久保がマウンドに上がった。終盤は代打や守備固めで試合経験の少ない選手がグラウンドに立つ。五回に3点を返されるものの、最後は粘って耐えしのいだ。
_MG_0037
_MG_0148
打線の好調ぶりを見せつけ、3季連続の全勝優勝に王手をかけた。最終節は立命大との対戦だ。立命大は今夏のインカレで関大を上回るベスト4、今秋リーグ戦でも未だ無敗と勢いがある。頂上決戦を制し、関西の絶対王者の称号を手にしたい。【吉見元太】
_MG_0078
※ダブルヘッダーのため、コメントは2試合目の記事に掲載しています。