【テニス】大会4日目、3名が3回戦進出決める!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度全日本学生選手権大会本戦4日目◇8月16日◇岐阜メモリアルセンター◇
【男子シングルス2回戦】
○林2(4-6、6-3、7-6(7))1恒松(近大)
〇高村2(3-6、6-3、7-5)1古賀(早大)
○大野翼2(6-3、7―6(3))0甲斐(慶大)
●山尾1(4-6、7-5、4-6)2山崎(慶大)
【男子ダブルス2回戦】
柴野・島田0(3-2中断)中山・大窪0(同大)

本戦4日目の本日は、昨日に続く悪天候に見舞われ男女ダブルスは順延に。たびたび試合が止まり、調整が難しい中も3名が3回戦へと駒を進めた。

本戦4日目にして、全日本インカレの初陣を切った林大貴主将(社4)。「早く試合がしたかった」。はやる思いをぶつける相手は、リーグ戦においても最大のライバルとなる近大の恒松。その気持ちをコートでうまく消化したかったが、第1セットは相手に奪われてしまう。だが、ここで終わらないのが林。第2セットは先にブレークに成功しものにすると、一進一退の攻防を繰り広げ、ファイナルセットではタイブレークにもつれこむ。思い切ったプレーを随所に見せ6-3。あと1ポイントで勝利まできたが、ダブルフォルトなどで好機を逃し我慢の展開が続く。5回目のマッチポイント。相手のラリーがネットにかかるとラケットを離し両手を挙げ安堵(あんど)の表情を浮かべた。「(勝てて)ほっとした」と林。次の相手は高校時代にペアを組んでいた逸崎(慶大)と相まみえる。林は「楽しみたい」と旧友との対決を心待ちにした。

高村烈司(商3)は早大の古賀と対戦。同学年同士の拮抗した戦いはファイナルセットの3-3デュースとしたところで、悪天候により一時中断を挟んだ。19時半頃に室内コートで再開するも、相手のサービスゲームを落とす。その次のゲームもキープに失敗し3-5。劣勢になり、ずるずるいきかねない状況ではあったが、フェンス越しにはポイントごとに仲間の応援が鳴り響いていた。「応援がいたから自分だけでなく、周りの力も借りて1ポイント、2ポイント多く取れた」と高村。信頼する仲間の声援を力に変え5-5のタイに戻す。そこからは思い切りのいいプレーで相手を圧倒した。最後は右ストレートに強烈なウィナーをお見舞いし3回戦突破を決めた。

第6シードとして初戦に臨んだ山尾玲貴(商2)。3-3でむかえた第7ゲームでブレークされる。その後も勢いに乗り切れず、第1セットを落とす。第2セット、4ー2で相手に流れが行きかけたところで雨により約3時間の中断。「中断して気持ちを切り替えることができたのでよかった」と言うように粘りを見せ、第2セットを奪う。勝負を決める第3セット。攻めるもアウトとなり第7ゲームを1ポイントしか取れず、ブレークされる。昨年は勝利した相手だったが、スピードが上がったサーブに対応できず。無念の敗退となった。

大野翼(経2)は試合開始から攻める。力強いストロークを軸に試合を組み立て、第1セットを6-3で難なく先取。だが、第2セットの途中、リードした場面で雨により中断したことが影響してか、ここからリズムを崩し、このセットはタイブレークにもつれる展開となる。ここで大野はギアを入れ直した。タイブレークでは力を発揮し、見事にストレートで勝利。次戦は強豪・早大のレギュラーメンバーである高村と対峙(たいじ)するが、「ラリーの中で打っていけるポイントを自分の中で探していきたい」と決意を語った。

ダブルスに登場した柴野晃輔(文4)・島田達也(人3)組は、リードして試合を進めるも、雨天により無念の中断。試合の勝敗は17日に持ち越された。

大会は4日目もまだ2回戦の段階。明日からは天候にも恵まれ、単複連戦となる選手も出てくる。タフな日程になるが一人でも多く勝ち残れるようベストを尽くしたい。【文/写真:三木勇人・長尾洋祐・松浦智・遠藤菜美香】

▼林男子主将
「試合が終わってコーチからプレーが弱気になっていたと言われた。そこは自分では気づけていなかったので反省したい。岐阜のコートに来てから、試合までの期間が中々空いていた。調子も良かったので早く試合がしたかった。(相手は感情的になっている場面もあった)自分には悪影響はないので試合には集中していた。ただ、近大はリーグで当たるので、負けられない思いがあった。(中々マッチポイントをものにできなかったが?)ダブルフォルトしたり、サーブの打ち方が分からなくなった。修正もしようとしてもうまくいかなかった(それでも勝利の瞬間はどういう気持ちだったか?)うれしかったというより、ほっとした。(次戦は高校でもペアを組んだ経験がある逸崎)ドローが決まったときから電話して連絡を取り合っていた。とにかく楽しみたい。(自身初めてのシングルス2回戦突破)2回戦突破は初めてだが、4年生だしここで満足できない。単複優勝を目指してがんばりたい。ダブルスも高村とは春関のときよりも良くなっているので、自分が引っ張っていきたい」

▼高村
「ファーストセットは3-1でリードしていて自分の流れで勝たないといけなかった。相手がペースを落としてきたのに対して自分もポジションを下げて遅いペースに付き合ってしまった。そこがファーストセットを落とした原因だと思う。自分のテニスはもっと中に入ってテンポの速いテニスで攻撃していくことだと思っているのでそれが第1セットで出来ていればストレートで勝ち切れた。でも、こういうファイナルセットの戦いを勝ち切れたのは自信になった。(中断があったが集中できたか)2試合目に入るつもりで用意はしていた。(中断後は相手がリード)3-4のサービスゲームは絶対に落としてはいけなかった。コーチにも言われたんですけど試合の終盤で畳みかけるメンタルであったり、戦い方は一試合の中だったんですけど多く見つかったかなと思います。5-5まで追い詰めてからやっと思い切ったプレーができたので3-3の出だしからそれを出していきたい。やはり気持ちの中でもう一歩前にでないといけない。(応援は力になったか)すごい心強かった。チームメイトがこんなに夜遅い時間まで自分の試合のために応援してくれていたので、絶対に負けられなかった。応援がいなかったら勝ててなかったかもしれない。(それほど大きかったのか?)応援がいたから自分だけでなく、周りの力も借りて1ポイント、2ポイント多く取れたかなと思います。(明日への意気込み)明日は晴れるし、単複あったりして本当にタフになってくるので気持ちでも体力でも試合でも負けないように頑張りたいと思います」

▼山尾
「初戦だったんで、しっかり勝てるようにと思い挑んだ。自分が負けていたので、中断して気持ちは切り替えることはできたのでよかった。相手はサーブがいいので屋内のほうがはやい。そこはちょっと厳しいとこがあった。去年も1回戦でやったけど、今年の方がサーブが良くてブレークができなかった。ネットにかかるのは最後まで修正できなかった。まだ、ダブルスがあるので勝てるように頑張りたい」

▼大野翼
「自分のテニスを貫くことだけ考えていた。ただ、攻めていっている中で調子が上がりすぎてミスも目立っていたので、課題はまだたくさんある。あと、長所を出して粘りを見せることがもっと必要かと思う。(タイブレークでは)体力は大丈夫だったけど、雨の中断が不慣れで、精神的なところで追い込まれていた。第2セットで5-6になったところで粘ることができたのでそこは良かった。(中断のときは)相手が追い上げてきているときで、自分の流れが悪い時だったので、雨を利用して考え直す時間を作れた。しっかり足を動かし、ミスを減らして打てるところに打っていくことを考えて試合に入った。最初の外のコートの方が球足は遅くて、ラリーもできていたけど、セカンドでミスが増えだした。ただ、中のコートでは球足が速く、しっかり打てるところに打てた。インドアの方が好きかなと思う。自分は打っていくことが持ち味だけど、ボレーが得意でない。前でプレッシャーをかけて、ボレーもしっかり決めていきたい。次の相手はラリーがとても得意。決め急ぎすぎず、ラリーの中で打っていけるポイントを自分の中で探していきたい」