【ソフトテニス】日体大撃破も、準決勝敗退。インカレ3位で終える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第72回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権大会◇8月8日◇岡山市浦安総合運動公園◇
【準々決勝】
〇関大3-2日体大
[1次戦]
田中・中別府4-3坂井・久保
薮内・古田3-4黒田・桑名
西岡・中﨑0-4笠井・尾上
[2次戦]
田中・中別府4-0黒田・桑名
[3次戦]
田中・中別府4-1笠井・尾上
【準決勝】
●関大2-3立教大
[1次戦]
薮内・古田4-2泉田・中田
田中・中別府4-0加藤・森本
西岡・中﨑2-4松永・土井
[2次戦]
薮内・古田2-4松永・土井
[3次戦]
田中・中別府1-4松永・土井

歓喜に沸く立教大のメンバーを背に、田中純(人4)・中別府瑞希(文1)組は唇をかみしめた。準決勝3次戦。この日の5試合目の田中・中別府組がコートへ。「相手に負けたというよりは、自分に負けた」(田中)と体はすでに限界だった。開始から相手が主導権を握る展開で試合は進む。必死にラリーをつなげるが、じりじりとスコアは離れていく。1次戦で2本奪うも、逆転負け。悔しさをぐっとこらえ、握手を交わす。日体大撃破からわずか2時間。同じ展開で決勝進出を逃してしまった。


△左から田中、中別府

準決勝、最初にコートに入ったのは、薮内祥子(人3)・古田麻友(人2)組だ。第2ゲームから3ゲーム連続で相手を突き放した。続く田中・中別府組も難なく勝利。だが、最後の一組に苦しんだ。主将の西岡真里華(文4)と中﨑萌(文3)のペアは、相手のカットサーブに手を焼く。「流れを渡してしまった」(西岡)とここから3連敗となってしまった。


△西岡


△中﨑

準々決勝の相手は優勝候補の日体大だった。1次戦、田中・中別府組はゲームカウント2-3とされて反撃に出る。中別府のポーチや相手のミスに付け込み、ファイナルへ。ここから田中のラリーで一気に勢いに乗った。ファイナルでは1ポイントも奪われることなく、一勝をもたらす。

だが、続く薮内・古田組は、「無理にいってしまった」と薮内。マッチポイントを握ってから決めきれず逆転負けとなる。続く西岡真里華主将(文4)と中﨑萌(文3)のペアも0-4と黒星。一気に追い詰められてしまう。


△薮内


△古田

関大残り1組、日体大2組で2次戦へ。再び田中・中別府組がコートへ。相手を寄せ付けず勝利すると、圧巻は3次戦だった。昨年の全日本インカレダブルス女王の笠井・尾上組に対し、幸先よく1ゲームを先取。今大会屈指のカードに応援も最高潮に。ここ一番の場面で田中のショートクロスが決まり、勢いは止まらない。プレーでも声援でも完全に関大が上回っての勝利だった。


△田中


△中別府


△左から田中、中別府

「日体大を倒せてトータルではよかった」。涙もあったが、最後は笑顔で西岡は今大会を振り返った。薮内が新主将となりソフトテニス部は新体制へ。ここ2年ベスト8、ベスト4と確実に階段を上ってきている。優勝まであと2つだった今大会。この悔しさは必ず生きてくる。【文:松浦智/写真:長尾洋祐】

▼西岡主将
「優勝を目指していたので、悔しい。日体大戦を田中・中別府組がしっかりやってくれて勝ち切れた。日体大に勝てば、いけると思っていた。でも、立教大戦では1年生ペアに自分が流れを渡してしまった。(関大の負けが決まったときは)悔しさと、『あ、終わったんだ』というスーッと力が抜けた感じになった。同期も下級生も自分が負けてしまっても『大丈夫です!』っていつも言ってくれていた。なので、自分も頑張らないとという気持ちがあった。期待に応えたいという気持ちが空回りしたのかもしれない。相手が、高校の後輩で自分が負けても後ろがいるのでプレッシャーはそこまで感じてはいなかった。でも、自分のプレーができず悔いは残った。選手としては今回の試合が最後。今後は先生になり、指導者になっていきたいと思う。4年間で全日本インカレ団体は1度もいい試合がなかった。でも、今年は雰囲気も良かったし、日体大を倒せてトータルではよかった。みんなが一つになれたと思う」

▼田中
「(準決勝の3次戦、プレッシャーはあったのか。)なかった。自分らで決めてやろうと思っていた。だけど、それができなかった。体に疲れがあり、ワンツーになって思うように動けなかった。日体大戦は動けていたが、3連続になり自分は体力がないので。相手に負けたというよりは、自分に負けたと思う。自分が打って中別府につなげるのが流れ。自分が頑張ろうと思った。去年は天理に自分のテニスができなかった。今年は最後以外良かったと思う。引退式で同期が一言ずつ言っていって、自分もいろいろ思い出してしまって泣いてしまった。2年生からソフトテニス部に入る決意をしてよかったと思う。今後は実業団にはいかず、テニスに関わっていきたい。薮内は高校の後輩で次のキャプテン。頑張ってほしい」

▼薮内
「4回生を日本一にしたかった。(準々決勝の)第6ゲームの3-1としたところでミドルに打てばポイントをとれたのに無理にいってしまった。後悔している。(今年を通して)メンタルは強くなった。今年は3番を任せられて、古田と一緒に勝つことが出来た。何かはわからないけど、変わったと思う。メンタルの部分で。(今後主将として)不安はある。真里華さんと、純さんが抜けると戦力が下がると思う。チームを勝たせるようにやっていきたい。今回の負けは悔しいが、チームを引っ張っていきたい。(準決勝2次戦の心境について)『絶対勝とう。』と思って入った。でも、勝ちたいという気持ちが強くなってしまい、0-3とされた。そこから割り切って、自分のテニスをしようと思った。でも、負けてしまい、やってしまったというのはあった。(個人戦について)ダブルスとシングルス両方に出場する。関大の誰かが優勝できるように頑張っていきたい」

▼中﨑
「悔しい。個人としてもやりきれなかった。自分たちのペースに持って行けず試合が進んでしまった。最近調子は普通だった。攻められているので、攻めようと話をしていたが、受け身になってしまった。4回生が抜けて、自分たちの代は自分たちの良さがあると思う。4回生の背中を見てきたので、そこに自分らの良さを出していきたい。来年は優勝したい」

▼古田
「去年は自分のミスで終わった。今年も勝つつもりでやってきた。けど、勝つことが出来ず悔しい。最後の試合は集中力があまりなかった。先輩と勝とうと言っていたけど、うまくいかずという感じだった。日体大戦は悔しかったが後ろがあると思っていた。チームとして勝てたので良かった。先輩がいる間に自分が活躍して先輩を勝たせていきたい」