【ソフトテニス】田中・中別府組ベスト8決めた!明日、強豪・日体大に挑む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第72回文部科学大臣杯全日本大学対抗選手権大会1日目◇8月7日◇備前市総合運動公園
【1回戦】
〇関大3―0昭和学院短大
[1次戦]
田中・中別府 4―0 竹越・川崎
西岡・中崎 4―1 藤木・大原
薮内・古田 4―1 肥後・宮本
【2回戦】
〇関大3―0吉備国際大
[1次戦]
田中・中別府 4―0 杉山・小箕
西岡・中崎 4―2 太田・田頭
薮内・古田 4―0 小原・小野
【3回戦】
〇関大3―1立命大
[1次戦]
田中・中別府 4―2 浅田・染川
西岡・中﨑 3―4 梶尾・塩田
薮内・古田 4―0 足立・矢式
[2次戦]
田中・中別府 4―2 梶尾・塩田

結成半年足らずのペアが勝負を決めた。全日本インカレ3回戦の相手は、リーグでも相まみえた立命大だった。1次戦では決着がつかず2次戦へ。田中純(人4)・中別府瑞希(文1)組がコートに入る。初めのゲームをあっさりと奪われるが、その後は安定したテニスを披露した。田中のラリーで崩し、ここぞという場面で中別府のポーチがコートへ刺さる。第2ゲームをデュースの末に奪うと、勢いは止まらなかった。最後は田中のミドルに相手前衛が追い付かず。3月のアジアカップから結成したペアだが、「打って攻めるタイプなのでやりやすい」と田中は好感触。チームは団体ベスト8進出を決めた。

この日は、薮内祥子(人3)・古田麻友(人2)組も好調だった。1回戦をわずか6ポイントの失点で勝利。2回戦も難なく勝ち星を挙げた。3回戦ではプレッシャーのかかる場面でも、積極的なラリーを薮内は貫く。次第に相手のミスが増え、古田の前へ落とすボレーもはまり出した。相手に流れを渡すことなく4-0での勝利。勝負強さが光った。

西岡真里華主将(文4)と中﨑萌(文3)のペアは3回戦に苦戦する。春季リーグ戦でも対戦した梶尾・塩田組を相手にリードして試合が進むも、徐々に追いつかれファイナルへ。ファイナルでは、開始に4連続ポイントを奪われ失速。逆転負けとなった。「調子は悪くない」(西岡)と他の2試合は快調だっただけに明日の戦いに期待がかかる。

明日の初戦は、優勝候補の日体大に挑む。王座では優勝を果たしている強豪だ。だが、「相手も人間。一戦一戦戦っていけば、勝てると思う」と西岡。王座3位、西日本インカレ団体優勝とチームの雰囲気も良く、全日本インカレに向けて照準を合わせてきた。いよいよ明日は大一番。すべてを出し切り頂点をつかむ。【文:松浦智/写真:長尾洋祐】

▼西岡
「(最後のインカレで緊張はした?)緊張はした。出だしが良かったのは助かったと思う。調子は悪くないが、梶尾・塩田組に西カレの個人戦、春季リーグ戦、去年の秋季リーグ戦と負けている。流れに乗ることができればもっと良かったかもしれない。少しやりきれないところがあった。前衛の塩田とは3月にも練習試合をしていて、私たちは相手にとっては一番やりやすい相手だったかもしれない。順番を変えようかと思ったけど、リベンジもしたかった。(調子は?)8月に入ってから上がってきたと思う。7月には実業団の方と練習したが、良くなかった。それでも、田中らが調子を上げてくれた。(明日について)日体大は自分たちより格上、個人では選抜で優勝している人もいるし、王座も優勝している。でも、相手も人間。一戦一戦戦っていけば、勝てると思う」

▼田中
「(最後のインカレで緊張はした?)勝手にプレッシャーを感じてしまっていたと思う。自分では緊張しないタイプだと思っていたが、全日本インカレ前に緊張しすぎて、メンタル的にも弱っていた。(試合に入ってからはどうだったか。)応援があるので緊張はしなかった。気持ち的に、負ければ終わりで負けられないというのはプレッシャーだったがそこまで緊張はしなかった。(中別府とのペアリングは?)春のアジアカップから組み出したが、打って攻めるタイプなのでやりやすい。やりづらさを感じさせたくないので、普段から話したりしている。(今日の試合の調子は?)最近調子がよくなかったが、その割には良かった。明日の日体大は一番強いところ。頑張っていきたい」

▼中別府
「(初めての全日本インカレは緊張したか?)緊張した。高校より応援がすごくて、みんなと戦っている感じがした。(試合の内容はどうだったか?)田中さんに助けられた。ストロークが安定しなかったので、明日は安定させていきたい。自分のスタイルはボレーで攻めるスタイル。明日は自分のテニスをしていきたいと思う」