【アメリカンフットボール】痛い敗戦。次節、関学大に挑む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇2015関西学生リーグ戦第5節対立命大戦◇10月24日◇西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場◇

得点  1Q 2Q 3Q 4Q 合計
関大   3  0  0  0  3
立命大  14  7  7  3  31

 

立命大 1Q-02:14 #11西山→#86猪熊 2yds PASS(K-G #18栃尾)
立命大 1Q-05:27 #32西村 10yds RUN(K-G #18栃尾)
関 大 1Q-07:47 #23松田 38yds FG
立命大 2Q-06:35 #32西村 9yds RUN(K-G #18栃尾)
立命大 3Q-07:30 #42長谷川 1yd RUN(K-G #18栃尾)
立命大 4Q-05:55 #18栃尾 23yds FG

 

12

 

 

ついにアメフト2強との試合がやってきた。日本一を取るためには立命大PANTHERS、関学大FIGHTERSを倒さなければならない。避けては通れない相手だ。試合会場は西京極。立命大のある京都での負けられない戦いに関大KAISERSは挑んだ。

 

8

 

試合は立命大キックで始まる。そのボールをRB地村が25ydsキックオフリターン。自陣30yds地点から関大の攻撃は始まる。しかし、QB石内や復帰したQB岸村をもってしても、立命大の守りは固く前へ進めない。3rdダウンには石内がパスしたボールを立命大がインターセプト(IC)。そのまま流れを持って行かれ、タッチダウン(TD)される。立命大の早業だった。その後の攻撃ではパス、ランでの1stダウン更新ならず、P藤田がパント。立命大の攻撃では関大DF陣の守りも突破し21yds進ませてしまうなど止めることができない。そして、TD。開始6分で2TDを許してしまった。しかし、関大も負けてはいられない。地村が27ydsリターンしてからの攻撃では関大が見せ場を作る。石内からWR中村へのパスが通り、56ydsゲインし、観客席を沸かせた。しかし、その後QBサックを受け、1stダウンを更新できず、K松田が38ydsフィールドゴールを危なげなく枠内に収め、関大初得点を決め、3-14とした。

 

7 3

 

 

 

 

 

第2Qは立命大に圧倒され、防戦一方。LB大滝やDL松原がディフェンスで活躍を見せるもTDを許す。続く、第3QではQB大内が自らランやWR中村にパスを成功させ20yds以上前進する。その後、石内からもショベルパスを効果的に出し着実にヤード数を稼ぐ。しかし、ファーストダウンを更新できず、パントを選択。そこからの立命大のノーハドル攻撃が関大DF陣に衝撃を与える。2分間で約50ydsを突破されTDされる。25点差をつけられた。第4Qは果敢に関大は攻め、4thダウンもスペシャルプレーで得点に結び付けようとするもファンブル。最後は立命大のニーダウンで終了の合図が鳴り響いた。

 

試合結果は3-31。関大としてはTDを奪えなかったことは悔しい。次節は学生王者関学大との対戦だ。なんとしても勝利をおさめ次につなげたい。【水野 真】

 

4

1

 

▼板井監督
「最初のインターセプトは痛かった。あのあたりでエンジンがかかるか、かからないかが決まる。僕らがボールコントロールをうまくしても3本はいかれると考えていた。その中でどうやってやっていくべきかという話だと思う。(怪我から復帰した)地村が出てきたのは大きな材料だと思う。大内もそこそこ走れていたので戦力アップにはつながっていたのではないだろうか。次節(関学大戦)はもっと強い相手。だからこそ、自分たちのやってきたことにもっと集中していかないといけない」

 

▼森岡主将
「立命相手に対しては最高の取り組みをしようということで、しっかりと全員がそれに向かっていた。立命に対したプレーを練習したりしていた。気持ちも全員が絶対勝つという思いだったが結果がこうなった。しっかりと切り替えていきたい」

 

▼QB石内

「パスを中心でやる中で、自分がチームを勝たせると決めていた。いろいろな人の期待に応えることができなかったというのが一番悔しい。具体的にはファーストシリーズの入り方で相手に勢いづかせてしまった。決めないといけないところで決めることができなかった。しかし、まだ終わったわけではないので、次の関学に向けてこの悔しさを忘れずに勝たせにいきます」