【ソフトテニス】主力欠き2連勝ならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第41回総合関関戦本戦2日目◇6月16日◇関西大学ソフトテニスコート◇

猪原・森島 3―4
西岡・中崎 1―4
石田・飯田 4―2
西村・中別府 2―4
池田・奥村 1―4
本城・古田 1―4
林・大橋 4―3
【結果】
関大●2―5関学大

2連勝とはならなかった。前年度の快勝とは一転、今年の関関戦は一方的な展開に。男子では谷口睦(商2)と阪本崚(商1)、女子では田中純(人4)と薮内祥子(人2)が国体予選のため出場せず。多くの主力を欠いたためか、関学大が主導権を握る試合が続いた。西岡真里華主将(文4)も調子が上がらず黒星に終わり、女子としては0勝に終わった。

まず、コートに入ったのは猪原誉士(経3)・森島丈詞(経3)組だ。0-2から、森島の思い切りのいいボレーで追いつきファイナルへ。しかし、2-1から4連続ポイントと要所では相手に得点を許し接戦を落とす。


△猪原


△森島

西岡・中崎萌(文3)組は、相手にプレーをさせてもらえなかった。「体が動かなかった」(西岡)とラリーを詰まらせ、前衛にボレーを許す展開に。なすすべなく敗れてしまった。


△西岡

石田康貴主将(経4)・飯田脩三(人2)組は初めてのペアリング。「初めてだけどプレースタイルはわかっている」と問題はなかった。第2ゲームを石田のパッシングを中心にもぎ取ると、飯田のポーチもはまり出す。最後まで強気を貫き関大に1勝をもたらした。


△石田

西村友里(社3)と中別府瑞希(安全1)のペアは、中盤に失速した。1ポイントも奪えずに2連続でゲームを失うと勝負あり。2-4で黒星となり、この時点で関大の関関戦敗退が決まってしまう。


△西村

続く池田直生(商1)・奥村亮介(安全3)組も波に乗れない。甘いボールを相手に叩かれ相手リードの展開に。最後は相手のミドルに2人とも動けず。完敗だった。

本城琴都(人1)と古田麻友(人2)の和歌山信愛高ペアは、相手後衛にポイントを奪われる場面が目立った。開始2ゲームを相手に取られたことが響き、1ゲーム奪い返すも及ばなかった。


△本城

林良太(商2)・大橋和生(人1)組は先にコースを突かれ、勝利に王手をかけられる。それでも、「自分から仕掛けた」(大橋)としり上がりにボレーが決まりだしファイナルまで持ち込んだ。ファイナルでは取って取られてのシーソーゲーム。最後まで自分たちのテニスを貫いた2人に軍配が上がる。


△林

レギュラーメンバーが不在とはいえ、白星は男子の2本のみ。主将の石田は「普段の練習の甘さが出た」と反省を口に。女子主将の西岡も「課題があった」と内容に満足はしていなかった。7月の西日本インカレ、女子は今週開幕する全日本大学ソフトテニス王座決定戦に向けて。この負けをカンフル剤に奮起したい。【文:松浦智・三木勇人/写真:濵田将志】

▼西岡主将
「教育実習の真っ最中で高校の方で練習させてもらったけど、練習不足を感じた。練習はしていたけど形式練習とかはしていない。(今日の試合について)緊張もなかったけど、思っているように体が動かなかった。自分たちも調子がいいわけではなく立て直しができなかった。後衛がしっかりしないといけなかった。男子も1、2番手の後衛がいなくて、女子も田中と薮内がいなかった。相手は欠けているのは1人だったけど、課題があった。(課題は?)サーブレシーブ。つなげて展開しなければならない。しっかりと見直していきたい」

▼石田主将
「(飯田とのペアは?)初めて。だけど、プレースタイルはわかっている。組む機会がなかったけど、1週間前言ってたからペアを考え始めた。普段出ていない池田や猪原を出せたので次につながりそうな試合だった。この2人に特に伸びていってほしい。(試合についての感想は?)普段の練習の甘さが出たと思う。大学の練習は時間がないし、人数も少ない分がん荒れないといけない。でも、逆に言えば欠点がわかりやすいと思う。西日本インカレの目標は団体での優勝。気持ちをぶつけていきたい」

▼飯田
「石田さんが気合入っていたので自分は堅実に行こうと思っていた。内容はまずまず。主力がいない中で、自分自身もチャンスだと思っていた。西日本インカレでは団体ではおそらく谷口、個人では阪本と組む予定。64までしか言ったことがないので、64以上。できれば優勝を目指していきたい」

▼大橋
「僕が仕掛けて自分が決めるのが好き。序盤にそれができずに静かにしすぎていた。途中から自分から仕掛けてそれが成功してからいい感じになった。相手も初めてやる相手どんな相手から見ながらやっていたが見すぎた。ペアリングは林さんは高校時代に組んでいたこともあってそれを思い出しながらプレーをした。相手は高校時代から名前を知っていてプレーも見たことあるし有名な選手。正直勝てると思っていなかったが、挽回して勝ててうれしい。西日本インカレについて闘志むきだしにしてムードメーカーのような存在で勝ち負けじゃなくてそっちの方の雰囲気を大切にしてプレーしたい」

▼林
「結果的にはなんとか勝ったが前半が良くなく相手のペースになっていた。自分から攻めていけば良かった。応援団の応援などはすごく力になって、あれだけ盛り上がってくれると力になる。(西日本インカレに向けて)去年は2日目に残って一発目で負けたので最低でも前回よりいい成績を残したい。(レギュラー定着の思いは強いか?)同じ高校から先輩や同期がいっぱい来ているので負けたくない。経験がないのを理由にして負けるのは情けない。精神的にも鍛えて、本番に力を出せない場面が多いのでそこが課題です」