【卓球】リーグ戦の雪辱果たせず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第41回総合関関戦2日目対関学大◇6月16日◇関西大学東体育館メインアリーナ

関大5●10関学大

S1福本 1●3
S2高瀬 1●3
S3増田 0●3
D1坂根・福本 3◯0
S4坂根 3◯0
S5杉山 1●3
S6各務 0●3
S7西郷 3◯0

S1北岡 1●3
S2岸本 0●3
S3宮村 3◯0
D1赤川・宮村 1●3
S4鈴木 1●3
S5赤川 3◯0
S6朝野 0●3

今春に行われた男女ともに2部から昇格し、戦ったリーグ戦。その1部の強豪校として、関大の前に立ちはだかったのが関学大だった。「力負けだった」(西郷純平主将=安全4)。今回も数多くの強者を揃える関学大に善戦するも白星はつかめなかった。

男子の最初のシングルスで登場したのは、ゴールデンルーキー福本卓朗(社1)。開始から持ち味の多種多様なサーブで攻撃を組み立てる。しかし、相手は関西個人ランキング2位の関学大の主将でもある備本だった。力及ばず敗戦。続く高瀬は台の隅をつく精度の高いショットを見せるが、敗れてしまう。さらに、増田隆介(社3)も自分の本来の力を出し切れずストレート負けを喫した。

最初のシングルス3つを落としてしまい、嫌な空気が漂う。しかし、それを払拭したのが関大の絶対的エース・坂根翔大(経3)だった。福本とのダブルスでは、相手を終始圧倒しストレート勝ち。さらに、続く第4シングルスでもその強さをいかんなく発揮し、快勝を収めエースとしての役割を果たした。

しかし、第5シングルスの杉山孝和(社2)、第6シングルスの各務博志(人3)はそれぞれ接戦となるも、詰め切れず敗戦。この時点で男子の負け越しが確定してしまったが、ラストシングルスに登場した西郷が主将の意地を見せ、カットを多用してくる相手に対し、ストレート勝ちを決め関関戦を締めた。

女子の先陣を切ったのは、北岡さと子女子主将(文3)。カットマン同士の長い試合は、我慢比べの様相を呈する。2ゲームを先取され、迎えた第3ゲーム、ラリーが一層長くなる中、多彩な攻めで相手のミスを誘い、11-8でこのゲームを制した。しかし、第4ゲームでは相手の攻撃に苦しみ敗戦。試合後は「主将として本当は取りにいけたら良かった」と悔しさをにじませた。

第2シングルスの岸本紗良(情1)も終始ペースをつかめずストレート負けを喫する。だが、第3シングルスに登場した宮村栞奈(社1)が流れを変える。一進一退の攻防戦を制し第1ゲームを取ると、第2ゲームではデュースにもつれ込む接戦を勝ち切ってみせる。第3ゲームでは序盤から相手を圧倒し、11-2で貴重な白星を挙げた。

ダブルスには宮村と赤川真理亜(化生2)が出場。第1ゲームを先取するも、その後はペースをつかめず3ゲーム連続で取られ、黒星。しかし続いてシングルスに登場した赤川は、第1ゲームは接戦となるものの11-7で制すると、その後は早い球で相手をほんろう。ストレート勝ちを収める。

鈴木理布(社3)も1ゲームを取るものの敗れ、朝野郁香(社2)もストレート負けを喫し2-5。関学大には及ばなかった。

「決して勝てない相手ではないけど、後輩たちが今よりも成長することができれば勝ってくれると思う」(西郷)。主将はリベンジを後輩に託し、最後の関関戦を終えた。【文:永津星斗・宮西美紅/写真:竹中杏有果・金田侑香璃】

▼北岡女子主将
「最近、関西学生があって、それで1回ミーティングをして、チームでそれぞれが自分の課題を再認識したっていうのが1つです。オーダーは普段は監督、コーチが決めたりしているんですけど、関関戦は自分たちがオーダーを決めるというので、そういうところでチャレンジャーな気持ちというか、そういうオーダーを組めたらいいなっていうのがあって、向かっていく気持ちでいこうっていうのはあったと思います。リーグ戦でも春に当たっている相手ですけど、レベルの差はやっぱりあったかなと思うんですけど、でもそれぞれ1個1個の試合はいいところもたくさんあったので、あとはもっと秋のリーグに向けてきょう見つかった課題とか、自分の良かった点とかそういうのをもっと伸ばしていけたらなというふうに思いました。正直自分は悔しい試合だったなと思うんですけど、主将として本当は取りにいけたら良かったんですけど、自分としても課題の見つかった関関戦だったかなと思います。(秋へは)やっぱり苦しい試合になると思うので、プレッシャーのかかった場面、極度の緊張のかかる中でも自分が思い切ったプレーができるように今後考えていきたいと思います」