【ホッケー】関関戦 関学相手に引き分け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第41回総合関関戦2日目◇6月16日◇於・関西大学中央グラウンド◇

【第1Q】関大0-0関学大
【第2Q】関大0-0関学大
【第3Q】関大0-0関学大
【第4Q】関大0-0関学大
【試合終了】関大0-0関学大

春リーグ2勝2分けで来週の決勝に駒を進めた関大ホッケー部。格上、関学大に勝利を挙げ、勢いをつけたい。晴天のもと伝統ある一戦が始まった。

序盤から相手に攻撃機会を与える。第1クォーター(Q)3分、右サイドからゴールを狙われる。幾度となく関学大が攻め込んできた。

そして同7分、中央から崩され、シュートを打ちこまれる。だが、GK大澤匠(文4)の好セーブが失点からチームを救う。そして、互いに無得点のまま第1クォーターが終了。

一進一退の攻防を繰り返した第2クォーター。同12分にはこの試合初となるPCを与えるも相手のミスに助けられことなきを得る。

第3クォーター。開始4分に得点のチャンスが巡ってきた。中央からフリーシュートを打ち、ポイントを試みたが、GKの足に阻まれる。

 

得点機を生かせず、そのまま後半30分が終了。格上相手に最後まで粘るも、総合関関戦5年ぶりの勝利とはならなかった。

「負けてるんで泥臭く一点差でも何でもいいんで内容問わず勝つっていうのを目標に今日の関関戦は挑みました」(植村拓郎主将=人4)。伝統の一戦の結果は引き分けで終わったが、格上相手に最後まで戦い続け、失点を抑えるガッツの光る試合になり、選手たちの顔には悲しみの表情が浮かぶことはなかった。現在、1部昇格を目指し、日々奮闘する関大ホッケー部。この借りは関学大と同じ舞台で返す。植村ホッケーは終わらない。

【文:遠藤菜美香/写真:柴村直宏】

▼植村主将

「今年のはじめの目標として関関戦勝利っていうのはあげてたんで今まで僕の知っている代はずっと負けてますし、それ以前もずっと負けてるんで泥臭く一点差でも何でもいいんで内容問わず勝つっていうのを目標に今日の関関戦は挑みました。関学とっても同じなんですが、ホッケーとしては適さない芝生で、相手も格上で、できることは限られていて決めるチャンスが何度かあったのでそこさえ決めれたら良かったかなというのが正直なところです。関大と関学ではオフェンスの質の差を感じた。相手とそんなにガチガチに対峙したという感じではなかった。手元の技術の差もあるんでなかなかうまくいかないことは試合前からわかってたんで、そこに行くまでに小西遼(人4)であったり、山田慧人(政策2)、近藤弘明(環都3)であったりがしっかりスピードで抜け出して相手のプレスがない状況を作り出せる子がベストだったんですけど、それ以外のところでもうちょっとちゃんとできていればチャンスは増えたのかなと思います。去年も2部では優勝して、そこは最低限のノルマだと思ってるんで、、来週は難なく勝てないといけない相手だと自分たちは思っているんしっかり勝って入替戦に向けて弾みをつけれたらいいなと思う」