【相撲】2年連続勝利ならず。個人では吉川が優勝

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第41回総合関関戦◇6月16日◇関西大学新凱風館1階相撲道道場◇

[団体戦]
○先鋒・梶原(すくい投げ)
●二陣・田中
●中堅・城
○副将・吉川(押し出し)
●大将・四宮
関大2●3関学大

[個人トーナメント]
優勝 吉川
ベスト4 城

昨年は2勝2敗の場面で大将戦を制し、総合関関戦勝利を挙げた相撲部。今年は西日本学生選手権2部3位の関大が、ホームに同2位の関学大を迎えての1戦となった。他部のKAISERSも見守る中、関西屈指の古豪2つが伝統の戦いに挑んだ。

先鋒の梶原竜典(経4)は、立ち合いから激しい取り組み。土俵際で相手と同時に倒れ、1度負けの判定が出る。しかし、その後取り直しとなると、今度は開始早々にすくい投げで勝負あり。貴重な白星を挙げる。


△梶原

この流れに乗りたいところだが、二陣・田中学(人4)と中堅・城裕貴(人1)は、それぞれ肩すかし、横投げで早々に勝負を決められてしまう。


△田中


△城

ここで黒星なら関大の負けが決定する。そんな副将戦は西日本学生個人トーナメント2位の実力者・吉川慧(文2)に託された。副将戦は序盤、こう着状態が続く。多くの声援が送られる中、吉川が落ち着いて相手を押し出す貫禄の相撲を披露。2勝2敗で勝負を振り出しに戻し、勝負の行方は大将・四宮瑠可主将(人3)に委ねられる。


△吉川

「きょうの敗戦っていうのは全て僕の責任」。試合後、振り返ってそう厳しい表情を浮かべた四宮。この日最も大きな声援が送られる中行われた一番だったが、一瞬で押し倒され黒星となる。2勝3敗で、2年連続勝利とはならなかった。


△四宮

団体戦の後行われた総合関関戦勝敗に含まれない個人トーナメントでは、昨年2位だった吉川が見事に優勝。ルーキーの城も団体戦で敗れた相手から白星を挙げ、ベスト4に名を連ねた。

この後に控える体重別選手権と全日本学生に向け、「それまでみんなでしっかり稽古して、夏を挟むので合宿とか出稽古とかもあるので、そこでもう1回見つめ直していきたい」と四宮。次戦ではさらに成長した相撲部が見られることに期待だ。【文:宮西美紅/写真:金田侑香璃】

▼四宮主将
「(チームの)状態自体は悪くはなかったと思います。稽古に関してもいつも通り、自分の調子を伸ばすような形で稽古をやっていました。負けてしまったんですけど、2対2で回ってきた時に取り切れなかった自分の責任というか、主将なので。きょうの敗戦っていうのは全て僕の責任だと思っています。(チームとして)内容的には悪くはなかったと思います。ただ詰めの甘さとかが出てしまって、そこが取りこぼしとかにもつながったんじゃないかなと思います。(今後は)体重別の大会と、全日本学生もあるので、それまでみんなでしっかり稽古して、夏を挟むので合宿とか出稽古とかもあるので、そこでもう1回見つめ直していきたいと思います」

▼吉川
「負けちゃったんですけど、全員頑張ったのでチーム関大としては頑張れたかなと思います。西日本大会もあって全員調子良かったので、それなりに勝負はできるかなと思っていました。個人戦は優勝できて良かったです。決勝戦は緊張して体が固まるので、動けるか心配だったんですけど動けて良かったです。これから体重別と、11月に全日本(学生)があるのでそれに向けてしっかり稽古して、優勝できるように頑張っていきたいです」