【野球】連敗で勝ち点落とす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生春季リーグ第3節対近大2回戦◇4月19日◇皇子山球場◇

近大 700 010 010=9
関大 104 000 000=5

(近)岡田和、山口、倉田―山野
(関)吉川、阪本大、江口、石田、増村―久米

前日に逆転負けを喫し、後がなくなった関大。前節で完封勝ちを収めた吉川が先発のマウンドにあがった。

その吉川が立ち上がりから乱調。先頭打者に四球を与えると、一死後に四死球で満塁のピンチを招く。続く打者に適時打を打たれ先制を許すと、続く打者には押し出し死球を与えここで降板。2番手で上がった阪本大も四死球を連発し、一死も取れず3番手の江口へと代わった。なおも一死満塁のピンチを江口が併殺で切り抜けたが、7点を先制される苦しいスタートとなった。
江口さん
その裏の攻撃。二死から連続四球でチャンスを作ると、5番・湟打が右前への適時打を放ち1点を返す。「ヒットになった時はうれしかった」と湟打。点を取られた直後に取り返し、相手にいった流れを引き寄せた。
湟打祥多(関大)
3回にも打線がつながる。安打と四球で1死満塁とすると初回に先制打を放った湟打を皮切りに西田友、松山の3連打で4点を返し、2点差まで詰め寄る。

初回以降0に抑えていた江口だったが、5回に一死1、3塁のピンチを迎える。続く打者の打球を右翼手・松山が前進しながらダイビングキャッチ。しかし、この間に三塁走者が本塁にかえり、追加点を許す。

何とか逆転したい関大だったが、「相手ピッチャーがコロコロ代わっていく中で、内容を全員が徹底できていなかった」という石丸主将の言葉通り、4回以降は得点することができず試合終了。2連敗で近大に勝ち点を与えてしまった。

反撃は見せたものの、初回の7点を最後まで逆転できずに負けとなってしまった。しかし、「点差が開いても食らいつけるというのが分かったと思う」(石丸主将)と収穫もある試合となった。次節の同大戦では守備からリズムを作り、勝利を目指す。【林 亮佑】

▼早瀬監督
「(初回について)若さ。吉川は自分自身をコントロールできていなかった。ここまで空回りしてしまうとは予想していなかった。阪本大も本来はコントロールがいいピッチャー。追い上げたが、3点差にされてしまった。正直連敗は痛い。あと3つは切り替えて臨みたい」

▼石丸主将
「初回がすべてだったと思う。7点取られた後は逆に開き直ったというのはある。ベンチから打てる雰囲気を作っていこうと声掛けして、出ている選手も後ろにつなごうつなごうという意識が形となった。相手ピッチャーがコロコロ代わっていく中で、内容を全員が徹底できていなかった。特に最後のピッチャーの時に打たされていて、対応できていなかったと思う。点差が開いても食らいつけるというのが分かったと思う。粘り強さは今後のチームの軸としてやっていかないといけない。守備から攻撃につなげるというのが自分たちの軸でもある。まずは守備から打撃にリズムをという感じ。序盤に点を取られたというところから崩れた。この2連敗の悔しさを晴らすためにも、同志社戦で2タテしたい」

▼湟打
「初回に7点取られて結構雰囲気が押されているところだった。こっちにいい流れがくるためには自分がしっかり初球から振っていって、いけるぞという雰囲気を作るのが大事だと思った。そういう起爆剤となるようにしっかり初球から振って、流れをこっちにもってこようと思ったら飛んだところが良かった。打った球はストレート。ヒットになった時はうれしかった。3回の場面も監督から打てという指示が出たので、攻める気持ちでいった。当てにいかずに振っていくことを意識した。甘い変化球だったのでしっかり振り抜けた結果、センターの前に落ちてくれた。序盤は良かったが、点を取れない回が続いたので、そこをもう少し課題としてチーム力を上げていかないとだめだと思った。今シーズン初めて試合に出たが、受け身になったらだめだという感じで、打撃であったら、来た球をしっかり全部打つくらいの気持ちでいこうと思っていた。守備も相手の流れに負けずに、全員で強気強気でいかないといけないと思う。いい課題が出たかなと思う。優勝するには勝ち点4取るしかないので、しっかりこの負けを生かした練習で、全員攻めていく気持ちを持って次節の初戦勝ちにいきたい」