【アイスホッケー】同大と熱戦演じ、辛勝で関西CUP制覇  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第10回関西CUP決勝対同大◇6月3日◇関西大学たかつきアイスアリーナ◇

【第1P】関大2-1同大
【第2P】関大1-1同大
【第3P】関大2-1同大
【試合終了】関大5-3同大

前試合は関西上位校に対し、今季初の「1ピリオド(P)2得点以上無失点」を達成した関大アイスマンだったが決勝戦はそうはいかなかった。開始1分にDF岩瀬谷拓哉(社1)のゴールで先制するも、不用意なミスで同点に。その後も取って取られての展開が続いた。最終P終了14秒前にDF高井優希(社2)のゴールで勝負にケリをつけ、激闘の末関西の頂を守った。

出だしは好スタートを切った。今大会、選手たちが良く口にする「フォアチェック」を武器にチャンスを演出。いいリズムで試合を進めると1分に3セット目から先制点が生まれた。DFの岩瀬谷が左サイドのブルーライン付近からロングシュートを放つ。FW赤松貴人(法4)がスクリーンをかけシュートの軌道をゴーリーから隠したこともあり、パックはそのままゴールに吸い込まれた。

この勢いのまま得点を積み重ねたかったが、5分にAマークをつけたDF中村優介(社4)が相手選手との接触により退場。10分には大迫コーチ、FW香田悠匠主将(人4)が悔やんだ痛い失点をしてしまった。相手の反則があり、そのままパックを保持した関大。相手にシュートされる心配はなく、ゴーリーを下げ6人攻撃を仕掛けた。追加点を狙いにいくも、FW高橋佑萌(人1)の相手のゴール裏からのパスが誰にも触れられることなく無情にもゴールへ吸い込まれた。オウンゴールに「ああいうプレーは流れを悪くする」と大迫コーチ。15分にFW瀧本風斗(情2)からのゴール裏のパスから國塚李久(人2)が合わせ、2年生コンビが機能し、第1Pは1点リードで終了する。

第2Pにおいても一進一退の攻防が続く。その状況下で10分にこの日シュートを外すとスティックをリンクに大きくたたきつけるなどゴールに飢えていたエースが躍動。パワープレーから香田がFW三浦詰平(人3)のパスにうまく合わせ追加点を奪った。流れをまた引き戻したかのように思われたが18分にキルプレーの時間帯から失点。息をもつかせないゲーム展開のまま最終Pに突入する。

最終Pは無失点で終えたかったが、11分に中央からパックを持った相手に突破を許し、失点する。今大会初の3失点を喫した。防戦を強いられる場面も増え、残り19秒には食らい付く相手に6人攻撃を仕掛けられた。しかしここは高井が自陣のブルーライン手前からゴールへ正確無比なシュートを放ち、接戦に終止符を打った。

奇しくも昨年、ゲームウィニングショット(GWS)までに持ち込まれた相手にまたしても苦戦を強いられた関大。主将の香田は「5-3という(僅差の)スコアだったら今後もっときつくなる」とし、「スコアリングチャンスはいっぱいあったのでそのチャンスを生かしたい」と話した。翌週から始まる関西インカレでは自分たちのホッケーをやり通し関西王者の称号をつかみたい。【文:三木勇人/写真:西井奈帆】

▼大迫コーチ
「1点目はしょうもない失点で2点目もキルプレーとはいえ3人が突っ込みすぎていたので状況をもっと判断して動かないといけない。3点目もFWがしっかり仕事するとか個々がしっかりしていれば失点するシチュエーションは出来なかった。常に毎試合、毎試合やること、意識することは変わらない。そこををやりきれるか、そこの弱さが出ていた。(1点目のオウンゴールについて)ああいうプレーは流れを悪くする。基本的なスキルを備えていれば起こることではない。入りはちゃんとスケートしてやろうという意識はあった。そこは問題なかった。(次週の関西インカレについて)相手がどこだろうがどんな大会だろうが基本的に意識することは変わらない。どんなときでも何を意識したらいいか抜けないように意識できるかが大事。関西インカレであと2試合、3試合意識することをやってほしい。(今シーズンは)全試合3Pそれができたというのはないのでそれをやるっていうのは意識してほしい」

▼香田主将
「出だしが3セット目ですぐ点数を取れていたんですけどそのあとの失点がいらなかった。あれがなければもう少しいい流れで試合できた。向こうもメンバーがいい。その相手にどれだけいい試合ができるか5-3というスコアだったら今後もっときつくなるだろうしスコアリングチャンスはいっぱいあったのでそのチャンスを生かしたい。(関大らしいホッケーは)フォアチェックをして体当たって早いプレッシャーのホッケー。今日はいつもより出だしのフォアチェックが良くなかった。チャンスがあったんですけど決めきれなかったのは課題。3点目は狙ったとかじゃなくてただゴールに向かって走ったらいいコースにパスが来たので合わせたら入った。関西インカレでは初戦から自分たちのホッケーして全部大量得点で勝ちます」