【バドミントン】関西学生選手権 シングルス中村が4回戦へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第68回関西学生選手権大会◇6月3日◇近畿大学記念会館◇

【男子シングルスAクラス】
[1回戦]
奥本 0(15-21、14-21)2 馬場(近大)
中村 不戦勝
原田 0(21-23、9-21)2 大屋(同大)
上中 0(13-21、8-21)2 中西(龍大)
池田 2(21-6、21-12)0 園田(甲南大)
辻村 2(21-19、21-17)0 清水(近大)
[2回戦]
中村 2(16-21、21-11、21-17)1 弓倉(大産大)
池田 2(21-16、21-14)0 小西(立命大)
辻村 0(16-21、9-21)2 中島(龍大)
[3回戦]
中村 2(21-6、21-11)0 五十棲(天理大)
池田 1(15-21、21-16、11-21)2 田中(龍大)

関西学生選手権2日目、シングルスの部。この日も前日に引き続き、中村勇毅(政策3)と池田圭吾(人1)が3回戦まで進出。中村は天理大の選手相手に快勝し、13日に行われる4回戦への出場が決定し、池田も敗退となったが強豪・龍大に1セットをもぎ取るなど実力が光った。

初めに行われたのは、上中知也(化生3)が龍大の選手とのゲームだった。1セット目の中盤では、両者拮抗状態が続き熱戦を演じる。シャトルを大きく打ち上げ相手のミスショットを誘うが、点差を開かれ、ゲームセットを迎えた。

次に登場したのは、原田峻矢(人2)。前後左右に動かされるも食らいつき、着々と得点を重ねる。しかし、終盤相手に3本連続でスマッシュを決められ、惜しくも第1ゲームを落とす。第2セットは終始相手のペース。追いつくことはできず初戦敗退となった。

粘り強くレシーブをし、相手のミスを誘い1回戦を勝ち上がった辻村恭吾(政策2)。2回戦はシード、龍大の選手だ。点を重ねていくも、格上の相手のスマッシュに反応しきれず第1セットを落とす。第2セットはなかなか攻めることができず試合終了となった。

シードにより2回戦からの出場となった中村は、第1ゲームを落とす。「ラリーを続けることを意識した」と中村。徐々に調子を上げ第2、3セットを奪い、3回戦に進んだ。3回戦も勢いは止まらない。「攻めきることができた」と振り返るように前後に相手を動かし、スマッシュを打ち込んだ。2セットとも大差をつけ勝利を挙げた。中村は13日の4回戦に駒を進めた。

最後に池田の3回戦が行われた。第1セットは龍大のプレーに翻弄(ほんろう)されるも、次セットではスマッシュが冴え、得点を重ねた。また、ロビングでシャトルをライン際に落とし、第2セットをもぎ取った。第3セットも序盤は龍大の選手に食らいついていたものの、ドロップショットに対応しきれず敗退。だが、強豪相手に1年生ながらも1セットを奪い、「いい収穫だった」と池田は振り返った。

試合時間の都合により、4回戦は今月13日に延期することになった今大会。進出が決定した中村は、「関学のエースか2番手の選手でどう食い下がるか。向かっていくだけなので、気持ちは楽」と意気込みを語った。また、4回戦の4日後には総合関関戦も控えている。戦いはまだまだ続く。【文/写真:柴村直宏・遠藤菜美香】

▼中村
「シードの龍谷の選手が棄権した中で、どうやって勝っていくかを考えていた。序盤がよくなかったけど、切り替えることができた。(4回戦の相手は)関学大のエースか2番手の選手でどう食い下がるか。向かっていくだけなので、気持ちは楽」

▼池田
「試合時間が長くて、時刻も遅くなって、最終的に負けてしまったけどいい試合だったと思う。(3回戦は)自分はチャレンジャーという立場だったので、向こうは受け身になっていて、相手がシャトルを上げてきたりつないできたりしてくる中で、取れるところは取れるようにチャンスをうかがった。それと、第2セットを奪うことができたのはいい収穫だった。ヤマ場は龍大戦でそこに重視していたけど、ネット前に落とされてポイントを取られたりして、最後のセットは追いつかれた。けれども、関大は春で1部に昇格することができていて、今関西の中では勢いがあるチームだと思う。総合関関戦では関学大に負けないように打って、早くシャトルを取り、身長を生かしたプレーをしたい」