【バドミントン】関西学生選手権 中村・池田ペアが3回戦進出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第68回関西学生選手権大会◇6月2日◇近畿大学記念会館◇

【男子ダブルスAクラス】

[1回戦]
中村・池田2(21-13、21-14)0南・鷹本(大市大)
原田・辻村0(23-25、14-21)2大西・中山(近大)
上中・奥本0(12-21、13-21)2山沖・岡崎(大経大)

[2回戦]
中村・池田2(21-11、21-15)0奥出・永恵(神院大)

[3回戦]
中村・池田0(15-21、9-21)2坂口・川原(龍大)

【男子ダブルスBクラス】

[2回戦]
北野・村松1(13-21、21-16、12-21)2立木・奈良(京大)

関西圏の大学・短大の選手が集い、個人として力を競い合う関西学生選手権。初日はダブルスが行われ、関大は1回戦での敗退となったペアが多い中、中村勇毅(政策3)・池田圭吾(人1)組みが3回戦まで勝ち進み存在感を発揮した。

1回戦。最初に中村・池田ペアが大市大の選手と戦った。序盤から後衛に入っていた中村が力強いスマッシュで相手を翻弄(ほんろう)し、得点を奪う。そして、相方である池田も負けじとドロップで大市大の2人を走らせミスを誘い、順調に初戦を突破した。

 

原田峻矢(人2)・辻村恭吾(政策2)組みも近大選手相手に点差を引き離されそうになるも、ガッツで1セット目をデュースまで持ち込んだ。ネット側にシャトルを落とし、相手のミスを誘うもあと一歩届かず敗戦となった。

また、上中知也(化生3)・奥本裕介(環都4)もラリーで粘り続けたが、勝利には至らなかった。

ここまで勝ち上がったのは中村と池田のみ。2人は2回戦でも実力を見せつける。神院大の力強いスマッシュにも屈すことなく、冷静に打ち返し対応。

初セットは少々相手のショットに左右されるものの、きっちりとセットを奪取し、2セット目はシャトルを大きく打ち上げて、神院大ペアからミスを誘うプレーが光り、ゲームセット。2回戦も無事にクリアした。

また、Bクラスの北野亘(人1)・村松龍之介(人1)組みがシードにより2回戦から出場。1セット目は京大に取られるも、2セット目を取り返した。だが、あと少し相手に力が及ばずここでの敗退が決まった。

勝ち進んだ中村・池田組は3回戦で強豪・龍大と対戦。相手の力強いショットに苦しみながらも、2人は善戦を演じた。龍大選手との点差を埋め、1セット目は一時同点に並んだ。持ち味のスマッシュを相手の死角に叩き込み、ポイントを重ねる。そして、ドロップも使い、粘るラリーで食らいつく。だが、牙城は崩せず4回戦への切符はつかむことはできなかった。「試合内容自体は悪くはなかったけど、欲しいところで1本取れなかった」と中村は試合後振り返る。

今春に1部昇格を成し遂げ、今勢いに乗っているバドミントン部。ダブルスでは4回戦に勝ち進んだ者はいないが、強豪相手に通用するプレーも多くみられた。残るは2日目のシングルス。最終戦を目指し、ラケットを振り抜く。【文/写真:柴村直宏】

▼中村
「初戦、2戦目は割と楽に勝てたが、1シードの龍大付近にいたので、そこまではいくと決めてて、そこからはどう戦っていくかということを考えていた。(3回戦は)試合内容自体は悪くはなかったけど、欲しいところで1本取れなかった。やっぱり向こうの方が攻めてきて、こっちが受けにいっていてそれを西日本までに改善していきたい。総合関関戦も頑張ります。前衛後衛の動くときに、相手にシャトルを上げさせようとして打たないといけなかったが、できなかった。それが敗因。向こうにこっちが上げさせられていた。でも、今日はしっかりダブルスの形ができててそこはよかったかなと思う」