【バドミントン】五味・森脇ペアが1勝をもぎ取る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇第68回関西学生選手権大会◇6月2日◇近畿大学記念会館◇

【女子タブルスAクラス】
[1回戦]
浅野・野里 0(13-21 18-21)2 山田・川井(滋賀短期大)
[2回戦]
五味・森脇 2(21-14 21-15)0 上杉・古川(龍大)
竹岡・米田 0(13-21 16-21)2 髙橋・西江(龍大)
中野・山田 0(18-21 24-26)2 清家・西谷(立命大)
[3回戦]
五味・森脇 0(12-21 12-21)2竹中・山下(甲南大)

リーグ戦では惜しくも1部復帰を果たすことができなかったバドミントン部女子。この日はダブルスのトーナメントに挑む。「1戦でも勝つことはみんなが持ってた大きな目標」と山田千晴女子主将(商4)。強豪ひしめく関西の中で、まずは1勝を勝ち取りたいところだ。

先陣を切ったのは浅野真由(商4)・野里あかね(情3)ペア。試合開始からペースをつかめず大きく離され、終始リードされたまま第1ゲームを落とす。続く第2ゲームでは序盤は競るものの徐々に差を開けられ、ストレート負けを喫した。

竹岡瑞季(人4)・米田愛弥(政策2)ペアは激しい打ち合いを制することができない場面が目立つ。リズムをつかめず、そのまま離される。第2ゲームでは積極的に強い球を打ち、接戦に持ち込んだ。しかし相手の球を拾いきれずじわりとリードを広げられ、白星を挙げることはできなかった。

「すぐ直すべきところで修正できなかった」と振り返る中野愛梨(人4)・山田ペアは、第1ゲーム序盤は相手にほとんど何もさせず、次々と得点を重ねていく。エンジンのかかった相手に一時追いつかれるものの、再び突き放す。しかしミスが続いてペースを崩すと、先にマッチポイントを握られそのまま第1ゲームを献上する。そのまま第2ゲームも相手に優位に試合を進められるも、中盤以降追い付き、デュースゲームにもつれ込む。しかし白熱の試合を制することはできず、2回戦で姿を消した。

1勝を勝ち取ったのは五味祥子(社2)・森脇瑠莉(政策1)ペア。序盤は接戦だった第1ゲームの先取に成功。続く第2ゲームは開始直後こそ接戦に持ち込まれるものの、相手のミスを見極める冷静さが光り、リードする。また、相手を前後に揺さぶりながら強い球を打ち込むと、このゲームも21ー15で制し、貴重な勝ち星を挙げた。3回戦では甲南大のペアに終始主導権を握られ、4回戦へ進むことはできなかったが、レベルの高い関西で1勝をもぎ取った。

女子ダブルスを通じては「練習で見ていたよりも良かったプレーがいっぱい見れた」と山田。さらに、「ダブルスというところでは今は強くなっていっているんじゃないかな」と手応えを口にした。さらなる飛躍を目指し、一歩ずつ歩みを進める。【文/写真:宮西美紅】

▼山田女子主将
「個人戦なので個人個人目標が違った中、関西はすごい強いので1戦でも勝つことはみんなが持ってた大きな目標かなと。1試合ずつ勝っていく、しっかり勝っていくっていうのがみんなが持ってた目標だと思います。私たち自身は、インカレに出るためにはこの大会で16位以内に入らないといけないので、最低ベスト16以上に入ることが自分と中野のペアでは目標でした。(自分のプレーを振り返って)悪いところを直すのが遅かったかなと。いつも負ける時は相手のプレーとか球に対処するのが遅れる時。それが出てしまった。直せなかった。すぐ直すべきところで修正できなかった。自分たちの余裕がなくなったところで攻められて焦ってって悪循環にはまってしまって、それが抜け出せなかった悪いプレーだったなと思います。結果含め、内容含め、全体的には悪くはなかったという印象が私の中にはあります。自分の試合はすごい悪かったので何とも言えないんですけど、さっきの五味・森脇ペアだったり浅野・野里ペア、竹岡・米田ペアも速い球というか、自分たちで対処していこうと、今まで触れなかったドライブ系の速い球とかにも触って、しっかり自分たちで挑戦していこうとしているのは見れたかなという印象なので、ダブルスというところでは今は強くなっていっているんじゃないかなと。私が思っていたよりも、練習で見ていたよりも良かったプレーがいっぱい見れたので、その点に関してはすごい良かったかなと思います。特に五味・森脇ペアは練習の時に出ていた悪いところっていうのが今回の試合ではあまり見られなかったと思うので、練習時間もみんなまちまちなのでしっかり全員が練習できているとは言い難いんですけど、その中でも自分のやるべきことをしっかりやったのがこういうプレーにつながったのかなと思います。自分の中では、相手がどこが弱いのか、自分らが今何をされて点数を取られているのか、それをすぐに見極めて対応する。そこを2人で修正できないとまた次の相手でも勝てないかなと思うので、苦しい中でも冷静に相手見てプレーするっていうのが1番必要かなって思います。関大の女子ダブルス的には、シングルスにはないダブルスの速い球であったり、タッチが速い球、重たい球、相手が嫌なところに打てるかっていうので変わってくると思うので、そういうのを練習の中で見つける、共有するっていうのを大事にして。ダブルスをペア2人で作るっていうのを今後西日本に向けてできたらなと思います」