【野球】V逸…総力戦も夢散る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成27年度関西学生秋季リーグ第6節対立命大2回戦◇10月15日◇南港中央野球場◇

関 大 000 000 000=0
立命大 101 001 000=3

(関)阪本大、石田光、吉川―久米、高橋佑
(立)西川大―小林

実力の差を見せつけられた。関大が立命大との天王山に連敗し、終戦。立命大の優勝が決まり、目の前で歓喜の輪を見届けるという屈辱を味わった。

総力を挙げて挑む一戦だった。早瀬監督は先発オーダーを前日からがらりと変更。1番に塩田、4番に湟打を起用するなど、4年生中心で打線を組んだ。「4年生の意地を見せたかった」と石丸主将の鼻息も荒かった。

投手陣も死力を尽くした。先発を任されたのは阪本大。エース・石田光に次ぐ先発2番手として今季は3試合に登板している。防御率1.05はリーグ2位と、抜群の安定感を誇る。
IMG_7114
阪本大は5回を2失点に抑え、6回からは石田光にスイッチ。14回を1人で投げ抜いた翌日の登板だった。「流れを変えるのは彼しかいない。流れを変えたかった。今日は勝たないといけない試合だったので」(早瀬監督)。さらに、8回からは吉川が登板し、3者連続三振を奪うなど、指揮官は執念の継投を見せた。
IMG_7207
IMG_7335
IMG_9624

しかし、得点を奪えなければ勝利することはできない。刷新した打線は終わってみれば、散発4安打。一方の立命大は長短打で効率良く得点し、格の違いを見せつけた。

試合後、早瀬監督は「総力戦で勝ちにいこうと考えていたが甘くはなかった」と悔しさをにじませた。選手たちの目には涙が浮かぶ。

残された試合は伝統の一戦・関関戦のみ。4年生にとっては引退試合となる。優勝への望みは散ったが、もう一花咲かせたい。【浦野亮太】
IMG_7657
IMG_9669
IMG_9675

▼早瀬監督
「打つ方は23イニングで1点しか取れず課題を残してしまった。チャンスがなかったわけではない。チャンスで1本出れば。西川はピンチで良い球を投げていたので、それにやられた。(石田について)流れを変えるのは彼しかいない。流れを変えたかった。今日は勝たないといけない試合だったので。(スタメンについて)西川への対策。塩田は足も速い。初回、初球を打って安打になったので得点に結びつけたかった。展開によっては総力戦で勝ちを取りに行こうと考えていたが甘くはなかった。3点は取れないと勝てないと思っていた。守るのはバッテリーを中心にしのいでこられたので、得点力不足がもったいなかった。(関関戦に向けて)雰囲気は独特な物がある。最終戦にもなる。最後のゲームで今まで取り組んできた4年生は良い面が出せるように。(自身について)考えていろいろやったが、もっと良いやり方もあった。結果がすべて。目の前で優勝されたのは悔しい。優勝を阻止してもっとやりがいのある関関戦にしたかった。みんなが全力になって見応えのある関関戦にしたい」

▼石丸主将
「力の差。オーダーは4年生が多く、意地を見せたかった。目の前での優勝は悔しい。1、2、3回生は悔しい思いを次につなげてほしい。関関戦があるので切り替えて挑みたい」

▼石田
「疲労は多少あった。まだ、関関戦が残っている。後輩に何か残せるような試合にしたい。優勝はなくなってしまったが、30勝は大学生活の間に達成したい目標。万全な状態で関関戦の1戦目に臨みたい」

▼阪本大
「先に点を絶対に与えないという気持ちで投げていたけど、まだまだ自分が甘かった。自分の力不足でチームに迷惑を掛けてしまって申し訳ない。こういう試合で投げさせてもらって、感謝の気持ちを持って投げた。勝つしかなかったので、1点を取られても切り替えて、次の点を与えないように考えていた。次は4年生の最後の試合になるので、みんなで笑って終われるようにいい試合にしたい」