【ホッケー】またも引き分け。次こそは勝利を誓う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ予選第2戦対阪大◇5月13日◇天理親里ホッケー場◇

【第1Q】関大0-0阪大
【第2Q】関大0-0阪大
【第3Q】関大0-0阪大
【第4Q】関大1-1阪大
【試合終了】関大1-1阪大

 

なかなか白星をつかむことができずに、迎えた春季リーグ戦3戦目。この試合も、なかなか得点を生み出せず、最終Qで先制点を奪わる。その後、PCで濱口達也(シス理3)がPCで点をもぎ取り、なんとか引き分けに持ち込むもその先でポイントを奪えず。またも引き分けで試合を終えた。

雨が降りしきる中で始まった試合。第3Qまでは、スコアボードに動きはなかった。シュート打ち込むも、なかなか得点には結びつかず。相手に幾度となく攻め込まれるが、GK大澤匠(文4)の堅守により、失点につながることはなかったが、苦しい状態が続いた。その中でも、濱口がボールを大きく飛ばし、攻撃の起点になりチャンスメイク。

△上村

FBの植村拓郎主将(人4)も、筒井裕太(人3)にパス。そして、FWの笹木大聖(経2)にボールをつなぎ、大きく前進。ゴール前に近づくことはできても、得点力が不足した。

△笹木

 

泣いても笑っても最終Q。FWの森川大(政策2)と山田慧人(人2)の2年生経験者コンビがパスをつないで、ボールを前へと運ぶ。しかし、雨によるコンディションの悪化の影響で、滑ってしまいシュートには至らず。その後、ボールは相手の手にわたり、得点チャンスを与えてしまう。ゴール前。大澤がボールに対応するも、こぼれた球を阪大に押し込まれ先制点を奪われた。

△濱口、平尾

なんとしてでも点を取り返したい残り5分、この日2度目のPCで濱口が、ポイントを取り返し、笑顔のハイタッチ。しかし、その後の得点力に欠き、無常にも試合終了のブザーが鳴ってしまう。

前節の神大戦に引き続き、ドローで終わった2戦目。「焦ったときにミスがあって自分たちの首を自分で絞めていた」と植村が振り返るように、パスミスなどが響き相手にボールを取られる状態が続き、思うように得点を重ねることができなかった。PCも普段よりも大きく回数が減り、2回。課題も残る試合となった。「当初の目標とは大きく離れてしまったが、次勝てば、上位リーグに行けるのでしっかりと勝ち切りたい」(植村)。次節で名大に白星を挙げ、1部昇格へ1歩踏み込みたい。【文:柴村直宏/写真:金田ゆかり、三嶋梨央】

▼植村主将
「ミスが目立った試合だった。前から形はつくれていたのに、点を取り切れていなかったのが響いた。守備面でも焦ったときにミスがあって自分たちの首を自分で絞めていた状態だった。攻めてるのに入らない。相手はつなぐホッケーをしているわけではないけど、大きなボールで前進してくるので、1回(流れを)切られたときに、チャンスを取られた。そこで焦りが出てしまう。攻めないといけないという気持ちも焦りにつながった。(得点力)は前と同じように足りていない。(反対によかったこととしては)、中盤で前からプレスをかけて(ボールを)取りきるということはできていた。ただ、PCが2回しかできなかったのは少なすぎるし、普段はもっと多い。何かイメージを変えたということはないけど、何があったのかしっかりとビデオを見て分析したい。当初の目標とは大きく離れてしまったが、次勝てば、上位リーグに行けるのでしっかりと勝ち切りたい」