【卓球】残留食い止められず。無念の2部降格。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ第6日目対京産大◇5月13日◇近畿大学記念館◇

関大2-5京産大

S1坂根 3(11-4、12-10、11-7)0
S2原 0(12-14、6-11、4-11)3
S3各務 2(11-5、4-11、11-13、11-8、6-11)3
D1坂根・福本 1(5-11、6-11、12-10、6-11)3
S4福本 3(13-11、10-12、11-3、6-11、11-9)2
S5杉山 0(8-11、10-12、6-11)3
S6増田 0(7-11、7-11、6-11)3

リーグ戦をここまで1勝5敗としていた関大。勝利すれば降格を免れるリーグ最終戦。エース・坂根翔大(経3)がまず1勝をもたらすも後続がつづかず敗北を喫し、無念の2部降格となった。

エースの風格を見せた。西郷純平(安全4)主将が「勢いをつけようとした」という狙いで最初に登場したのは坂根。主将の期待に応えるように難なく相手に付け入る隙を与えず圧倒していった。ストレート勝利を収め、流れを関大に引き寄せバトンを渡す。

その流れを引き継ぎたいS2には原健一郎(人4)。原が1ポイント目を先取するとチームもこれまでにない盛り上がりを見せ、原を後押しする。10-10のデュースに持つれこむ攻防を繰り広げるがあと一歩のところでこのゲームを落とす。するとその後は相手ペースで試合を進められストレート負けとなった。

「正直あそこ1本取れたら」と西郷主将がもらしたのはS3各務博志(人3)の試合だ。サーブを軸に試合を優位に進め第1ゲームを奪い流れに乗ったかと思われたが、そこから2ゲーム連取され1-2に。なんとかフルゲーム持ち込むも、最後は力負け。1勝2敗と相手に勝ち越された。

空気を変えたい中、坂根・福本卓朗(社1)組が登場。勝敗数をタイに戻したいがレシーブミスや、ラケットのスイートスポットに当たらずコートから大きくでるショットもありリズムをつかめない。2ゲームを落とし、1ゲームを奪い返したものの、反撃はここまで。

S4からS6で3連勝を狙ったがうまくはいかない。2面展開で行われたS4の福本はフルゲームの熱戦を制し、ダブルスのリベンジを果たした。しかし、S5の杉山孝知(社2)、S6の増田隆介(社3)がストレートで敗れ関大の敗北が決定。他試合の結果により、2部降格が決まった。

「なんとしても勝たないと」と臨んだ一戦だったが結果はついてこなかった。降格について西郷主将は「1部のレベルをはき違えていた」と分析し「2部はもうどことやっても圧勝できるぐらいの実力をつけてまた1部の舞台に戻ってきたい」と決意した。一夏を越えてまた成長した姿を秋で見せてくれるはずだ。【文/写真:三木勇人】

▼西郷主将
「昨日は結構悪い流れのまま負けてしまった。今日はなんとしても勝たないと1部に残るには厳しい試合だった。一人一人が一本一本に懸ける思いをもって最後まであきらめずにやり切ったかなと思うんですけどやっぱりちょっと京産の方が1枚も2枚も上手だったかなと思う。オーダーで取るところが取れたら勝つチャンスはあったがなかなか難しい。エースの坂根を1番に出して勢いをつけようとしました。流れ自体は悪くなかったんですけど。3番の各務の試合で正直あそこで一本取れたら後ろの流れも変わってきたかなと思うんですけど、各務自身も意識して食らいついていたので、試合の内容としてはすごく良かった。それでも負けてしまうのは実力不足だと思うので見直していかないと思います。(降格について)やっぱり秋で2部から1部に上がって自分たちの中で1部のレベルをはき違えていたかなと。新人戦も優勝していい流れには乗ったと思うんですけど1部の上の選手は全然格が違うと思ったので。秋からは2部で試合することになるがそこで手を緩めると次また1部に上がっても勝てないと思うんで。2部はもうどことやっても圧勝できるぐらいの実力をつけてまた1部に戻ってきたい。(1番の課題は)4本取らないといけない。坂根、福本以外の2本を取らないといけない。あとの5本のうちの2本を取ろうとしたらもっと個々のレベルを上げていけない。どこのチームを見ても1部のチームはレベルにムラがあるチームが少ないので関大はムラがあると思うのでもっと一人一人が自分が勝ってチームを勝たすという気持ちを持てるぐらい練習してレベルアップしてほしいです」