【野球】高野が初先発初勝利!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦第6節対京大2回戦◇5月12日◇南港中央野球場◇

京大 000 000 000=0
関大 102 000 000=3

(京)樋川、長谷川―村山
(関)高野―高橋佑

京大にまさかの黒星を喫した第1戦から一夜。勝ち点奪取のために負けられない試合は、高野脩汰(商2)が今季初となる先発マウンドを任された。相手のミスにも助けられ、初回から得点に成功した関大は、好機が生かせないながらも高野の好投に助けられて勝利。勝ち点の行方は第3戦に持ち越されることとなった。

初回、先頭打者・多田桐吾(人4)が四球と盗塁で二塁まで進む。そして三塁に向かって再び飛び出すと、焦った相手捕手・村山の暴投でボールは外野へ。その間に多田は持ち前の足でホームへ生還し、先制に成功する。

相手のミスに助けられた関大に、3回にもチャンスが訪れる。左前打で出塁した多田がこの日3つ目の盗塁を決めると、相手先発・樋川の四死球で1死満塁の絶好機に。高まるムードの中打席に立ったのは倉川竜之介(文3)。「チャンスでなんとか返そうと思った」。倉川の一打は左方向へ伸び、ランナー2人を還す適時打に。先発・高野を後押しする追加点を挙げた。

その後、何度も関大に得点機がやって来るが、打線がつながらない。さらなる点を挙げることのできないまま、スコアには0が並んでいった。

一方、今季初先発で期待のかかる高野は、切れ味鋭いピッチングを披露した。毎回ランナーを出すものの、後続をなんとか打ち取り、テンポよくアウトを重ねる。その左腕から放たれる白球に相手バッターはタイミングを合わすことができず、次々と三振を奪った。


△好返球で走者を刺した野口智哉(人1)

そんな高野にこの日最大のピンチが訪れたのは最終回のことだった。4番鈴木一、5番佐藤峻に連打を浴び、無死一、二塁のピンチに。それでも高野は冷静に投球を続け、丁寧にアウトを取っていく。そして最後のバッターをこの日11個目の三振で斬り、試合終了とさせた。

「前の試合で抑えていたのが自信になったんだと思う」(高橋佑八主将=経4)。前回、リリーフ登板ながらも勝ち投手となり、自信を着実に付けている高野。初めての先発ながらも、堂々としたピッチングを見せ、その手で完封勝利を飾った。高野の力投でこの節は1勝1敗。勝ち点の行方は3日後の第3戦に委ねられる。必ず白星を。関大野球部が見ているのは勝利の2文字だけだ。【文:松山奈央/写真:奥井健太】

▼早瀬監督
「高野は1年経って良くなってきた。期待している。オープン戦からそれなりのものは見せていたが、近大戦のリリーフで自信付けた。体付きや軸がしっかりしてきて、初めよりはバタつき無くなった。持ち味はある。体をもっと作って、もう少しまとまったら面白くなる。(多田について)足が持ち味。今日も盗塁3つ決めた。塁に出ることで勢いが付く。塁にいるのといないのでは全然違う。足の速い選手はそれだけで有利だから、もっと出塁を。(打線について)内容は良くない。これからの課題。投げれているのに、こちらが・・・。3戦目が2日空くから、ゆっくり整えて、昨日の雪辱を晴らす」

▼高橋佑主将
「リーグで抑えていて自信が付いたんだと思う。紅白戦でAメンバーを抑えたのも自信につながったはず。まだまだ詰めは甘い。まだ伸びるし、期待している。自分たちにできるのは経験を踏ませて、自信とスキルを持たせること。今季投打がかみ合った試合はまだ無い。1試合ノーエラー4得点以上2失点以内という目標で、秋につながる試合を全員で意識していきたい」

▼倉川
「最近はまったく打てず、チームに迷惑をかけていた。チャンスでなんとか返そうと思っていた。先制を挙げてくれていたから、楽な気持ちで打席には入れた。今季優勝は厳しい。チームの目標である勝ち点3に向けて、あと3勝したい」

▼高野
「(初完封について)うれしいです。(先発で行くぞと言われたのは)昨日の試合終わり。(どういうピッチングを見せようと思ったか)真っすぐを思いっ切りほったら打たれないって高橋佑さんも言ってくださっていた。後変化球を入れにいった球を打たれるケースがオープン戦とかで多かったのでそれは頭に入れて、思いっきりプレーするということを考えていた。(三振11個だが)高校時代も平均10個ぐらい。3年の夏はけがをしてすぐ負けてしまった。高2で準決まで行って平均9個ぐらいだった。高校はずっと1人で投げていた。(スタミナに自信は)高校から土日連戦でも9回まで投げていた。(今日の気持ちとしては)自分的には9回まで行って崩れたら交代という感じだった。大学に入って完投、完封はオープン戦でもなくて初めて。リーグ戦も先発は初めて。リーグ戦は2春が初めて(登板2試合で2勝と効率がいいが)自分は抑える気でいたのでこうなってよかった。ストレートはMAX143㌔。近大2回戦で記録した。持ち球はスライダーとフォーク。9回の三振1個目はスライダーで2個目はストレート。(監督から線が細いと言われているが今後に向けてどうしていきたいか)誰からも細いって言われるのでそこが自分の一番の課題。なかなか太らない体質もある。本気で食べないとと思っている。高校の時は63㌔で今は70㌔に増えた。増やして増えたというよりは勝手に増えたという感じ。努力ではない。自信のある球はストレート。1年生の時はリーグ戦ベンチにも入っていなかった。今シーズンから。小3からピッチャーをやっていた。プロで参考にしている選手は特にいない。あまり見ないので。(関大に来た理由は)早瀬監督に呼ばれたのと出雲商業の監督が社会人でやり合っていたらしいのでそこの知り合い。(2勝目を挙げて)昨日も1点しかとられていないので取られないように思いっ切り投げて。プレッシャーはあったが調子自体は良かったので行けるんじゃないかと思っていた。絶対的エースが戻ってこられるまでつなぐ意識で頑張っている。開幕からベンチに入っている。(今日はどういう投球を心掛けたか)打たれてもビビることなく単打で終わるって思って。ランナー出ても焦らないようにほりました。(2日相手3回戦だが)怖いですね」