【卓球】近大に大敗、課題残る結果に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦第5日目対近大◇5月12日◇近畿大学記念会館◇

関大1-6近大

S1北岡 2(11-7、11-8、8-11、6-11、8-11)3
S2宮村 0(6-11、10-12、1-11)3
S3稲村 0(9-11、9-11、3-11)3
D1赤川・宮村 0(8-11、8-11、4-11)3
S4赤川 3(11-5、11-9、8-11、4-11、12-10)1
S5朝野 0(4-11、9-11、9-11)3
S6鈴木 0(9-11、6-11、7-11)3

なかなか白星が取れず苦しい状況が続く関大。しかし、今試合も1部の厳しさを痛感し課題の残る結果となった。

最初に登場したのは北岡さと子主将(文3)。順調に2ゲームを連取し、その後相手ペースに持ち込まれ、ラリーに食らいつくも残りの3ゲームを落とし2-3で敗れ、良いスタートを切れない。

第2シングルスは宮村栞奈(社1)、第2ゲームではデュースに持ち込み接戦となるもものにできず、敗戦。続く稲村羽奈(情1)は第1、2ゲームを2ポイント差まで縮めるもストレート負けを喫した。

赤川真理亜(化生2)・宮村のダブルスで流れを変えたいところ。しかし、ミスが続き序盤から相手にリードを許し1ゲームも取ることができなかった。

第4シングルスでは赤川が登場。着実に点を重ねていき2ゲームを連取するも、相手に2ゲーム取られてしまい、フルセットに持ち込まれる。しかし、ここで赤川が強さを見せ、デュースにもつれこむ接戦を制し、今試合初勝ち星を挙げた。

残る朝野郁香(社2)、鈴木理布(社3)は攻撃のリズムをつかめず、ストレート負けとなった。

近大のペースを崩せず苦しい結果となった。残るは翌日に行われる京産大戦のみだ。「泣いても笑っても最後」(北岡主将)。最後は何としても勝利で終わりたい。今日の結果を噛みしめ、チーム全員で白星をつかみにいく。【文/写真:野村沙永】

▼北岡主将
「結果は結果だけど反省点はある内容になったと思う。明日は泣いても笑っても最後になるので、全員で思い切ってぶつかって試合ができるようにしたいと思う。(苦しい結果が続き)メンバーそれぞれ苦しい思いがあると思うけど、その中でも戦わざるを得ない状況でもあって、どんなにしんどくてもやっぱり明日は最後の試合なので、私自身も思い切ってチーム全体で勝ちに行きたい」