【卓球】接戦演じるも、2勝目とはならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦第4日目対龍大◇5月6日◇近畿大学記念会館◇

関大3-4龍大

S1北岡 2(9-11、6-11、13-11、11-5、15-17)3
S2朝野 3(6-11、12-10、11-5、6-11、11-9)2
S3宮村 3(11-9、8-11、11-7、9-11、11-5)2
D1赤川・宮村 3(14-12、11-9、11-13、13-11)1
S4鈴木 1(5-11、11-8、9-11、8-11)3
S5赤川 2(7-11、12-10、8-11、8-11、6-11)3
S6岸本 0(10-12、6-11、6-11)3

前節、4時間に及ぶ大激闘を制し、待望のリーグ戦初白星を挙げた卓球女子。今節では龍大と対戦した。第3シングルスまで全ての試合でフルゲームにもつれ込み、今回も接戦を演じる。しかし格上を相手にあと1勝が届かず敗戦。リーグ戦2勝目を挙げることはできなかった。

第1シングルスに登場したのは北岡さと子主将(文3)。最初の2ゲームを連続で落とし追い込まれるが、第3ゲームをデュース戦の末もぎ取ると、第4ゲームも連取する。しかし、「あと1歩というところが取れなかった」。最終ゲームで再びデュースにもつれ込むと、長い攻防戦を制することができず敗れてしまう。

続く第2シングルスは朝野郁香(社2)。第1ゲームを落とすも、その後2ゲームをものにする。第3ゲームはミスが重なり、ここで決め切ることはできなかったが、最終ゲームでは試合を優位に進め、勝利。試合を振り出しに戻す

第3シングルスの宮村栞奈(社1)も朝野に続く。第4ゲームまでで2勝2敗とすると、最終ゲームでは強気の卓球で次々と得点を重ねていった。最終的に11-5で相手の追随を許さなかった宮村がこのゲームをものにし、龍大を相手に1歩抜け出す。

ダブルスに出場した赤川真理亜(化生2)と宮村。シングルスの勢いそのままに試合を優位に進める。第2ゲームでは、赤川の鋭い球が入り、2ゲームを先取。第3ゲームではリズムを崩してしまうが、第4ゲームは終盤に相手のミスが重なり、ダブルスでも白星を挙げる。

しかしここから逆風が吹く。鈴木理布(社3)は第1ゲームを先取され、第2ゲームを取り返すもその後2ゲームを連取され黒星。ダブルスで相手が反応できないスマッシュを連発した赤川も、強く正確に打ち抜いてくる相手に苦戦し、勝利とはならず。ラストシングルスに登場した岸本紗良(情1)がストレートで敗れ、3-4。前節に続き、今節でも4時間を超える大熱戦を繰り広げたが2勝目を挙げることはできなかった。

「格上の相手にあそこまで食らいつくことができたのは収穫だった」と振り返った。試合中、「自信持っていくよ!」「いい球入ってるよ!」と大声で仲間を鼓舞し続ける北岡主将は、「チームの力は本当に大きいなと今日思ったので、試合に出るメンバー、応援してくれるメンバーも戦ってるつもりで、次の試合も関大卓球部みんなで勝ちにいきたい」。決意を新たに、2勝目を目指す。【文/写真:宮西美紅】

▼北岡主将
「自分もあと1歩というところが取れなくて、悔しい思いをした試合だった。勝ち星を挙げられたメンバーはもっと自信にしてほしいし、負けたメンバーもみんな全力を出して戦っていくことができたのかなと思う。やっぱり格上の相手にあそこまで食らいつくことができたのは収穫だった。最後に弱気になったらだめだと思って、強気で1本取りに行くことが大事になると感じた。最後にいかに自分を信じてやれるかというのが次に向けた課題になる。チームの力は本当に大きいなと今日思ったので、試合に出るメンバー、応援してくれるメンバーも戦ってるつもりで、次の試合も関大卓球部みんなで勝ちにいきたい」