【卓球】待望の今季初白星!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ第4日目対同大◇5月6日◇近畿大学記念館◇

関大4-3同大
S1増田 3(8-11、14-16、11-6、11-6、13-11)2
S2杉山 3(11-8、11-6、11-13、11-7)1
S3各務 1(2-11、11-7、8-11、11-13)3
D1坂根・福本 3(11-9、11-9、11-8)0
S4西郷 0(5-11、8-11、7-11)3
S5福本 3(11-9、11-9、11-6)0
S6坂根 2(11-8、7-11、11-3、10-11、9-11)3

1部の舞台で連敗が続いていた関大。今戦からオーダーを変更、また課題としていたダブルスの改善が勝利を呼び込み、今季初の白星を挙げた。

最初を任されたのは増田隆介(社3)。第1ゲームは相手がリードし落としてしまう。続く第2ゲームは相手の追い上げによりデュースにもつれこみ、またも敗れる。しかし、その後強さを見せ、残る3ゲームを奪い取り1勝目をあげる。


△増田

第2シングルスは杉山孝知(社2)。第2ゲームまで順調に勝ち進み、第3ゲームは落とすも第4ゲームで持ち直し勝ち切った。


△杉山

第3シングルスに登場したのは各務博志(人3)。第1ゲームでは9ポイント差で落とし、次のゲームではラリーを制し追いつくも、ファイナルゲームでデュースを制せず敗れてしまう。


△各務

「勝つと、あとの試合が必ず有利になる」(西郷純平主将=安全4)と課題にしていたダブルスでは、坂根翔大(経3)・福本卓朗(社1)ペアの攻撃がはまりストレート勝ち。「1週間空いたのでその間に2人で話し合って、いい感じにダブルスらしくなってきた」(西郷主将)。


△福本・坂根

このまま勢いに乗り勝っていきたい第4シングルスだが、西郷主将は相手に押され、第3ゲームで接戦になるも敗れる。福本は第5シングルスでストレート勝ちを収め、チームに大きく貢献。
残るシングルスは坂根。2-2と接戦に持ち込まれるも、あと2ポイント差で敗れた。


△西郷主将

△福本

△坂根

4-3と辛勝にはなったが連敗は免れ、待望の白星となった。これを個人、そしてチームの自信につなげ1部で戦い続ける。【文/写真:野村沙永】
▼西郷主将
「ずっと負けていてどうしても勝ちたかった試合で、今回は今までとは違うオーダーにして臨んで、結果的に勝てたから良かった。(課題としていたダブルスは)、1週間空いたのでその間に2人で話し合って、いい感じにダブルスらしくなってきたと思う。同大は負けているときでも観客席も応援もみんなで一体になっていたので僕らも参考にしなければいけないなと思う。接戦続きだったが、全員が勝ちたいという強い気持ちを持っていたから勝ちにつながった。1年生の福本が今までダブルスかシングルかどっちか1本しか取ってなかったけど、今日はダブルスもシングルも2本取れたので、これは今後につながる大きな自信になると思う」