【ソフトテニス】薮内・古田組大一番勝った! 全勝でリーグ制覇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦2日目◇5月4日◇マリンテニスパーク・北村◇
【1戦目】関大3―0神松蔭大
西岡・中別府 1―4
田中     4―0
薮内・古田  4―3
【2戦目】関大3―0関外大
西岡・中崎  4―0
田中     4―0
薮内・古田  4―1

目には涙があふれていた。第4戦の相手は神松蔭大、互いに1つ勝利し薮内祥子(人3)・古田麻友(人2)組に委ねられる。開始2ゲームを奪われる苦しい展開だったが、巻き返した。第4ゲームには古田のボレーで8-6の末ものに。必死に食らいつく。ファイナルではマッチポイントを4度握られるも動じない。「勝ってヒーローになってやろう」と薮内、古田も「全く緊張しなかった」と試合とは裏腹に冷静だった。両チームが固唾(かたず)をのんで見守る中、相手ボールがネットにかかり試合終了。関大の昨年春以来にリーグ優勝が決まり「自然に出た」と薮内は涙。メンバーと抱擁(ほうよう)を交わしリーグ制覇の味をかみしめた。

勝てば優勝が決まる神松蔭女大の第1戦は西岡真里華(文4)主将・中別府瑞希(安全1)組がコートへ入る。第2・3ゲームを1-4とあっさり奪われたことで流れを相手に渡してしまった。その後も2ゲーム連続で奪われ敗北となる。

エースの強さが光った。もう負けられない状況でシングルスには田中純(人4)。相手は昨年の秋季リーグ戦で敗れた石本だった。第1ゲーム、前にボールを落とされ1-3とされる。ここから勝負強さを見せた。ラリー戦を打ち勝ち4連続ポイントでこのゲームを奪う。「リーグ前から(調子)上がってきていたし良かったと思う」とその後は快調に自分のテニスで主導権を握る。4-1で勝ち薮内・古田組につなぐことが出来た。

最終戦の関外大戦も白星でリーグ戦を締めた。2年前の秋季リーグ以来の全勝優勝を決め「田中、薮内・古田組がしっかりしていた。安心して見られた」(西岡)と主将はリーグ制覇の立役者をねぎらった。薮内も「リーグを通して精神的に成長できた」と収穫あり。6月には王座(全日本大学王座決定戦)が行われる。「勝ちにこだわって優勝を目指したい」と西岡。関西で頂点をつかんだ西岡ソフテが全国制覇へのスタートラインに立った。【文/写真:松浦智】

▼西岡主将
「全勝で優勝は私が2年生の時の秋リーグ以来で今までの中でも良かったと思う。個人としては力を出せず心残りがある。プレッシャーもあったのかな。昨日負けて吹っ切れたと思っていた。5戦目は気楽に行けたのでプレーも良くなった。今回のリーグは田中がずっと安定していて、薮内・古田組含めて3人がしっかりしていた。安心して見られたのでありがとうという感じ。逆に言えば、私が負けてしまってしんどい形で渡して申し訳ない。とりあえず、優勝できてうれしい。王座はドームになるので、風もなくなりやすい。今年で私は2回目。勝ちにこだわってみんなで優勝を目指していきたい」

▼田中
「去年の春リーグでは全勝で終えることが出来たが、秋リーグでは1敗してしまった。全勝を目指してやってきて、4戦目に秋リーグで負けた相手だったが絶対に勝たないといけない状況だったので勝てて良かった。西岡とも優勝したいと話し合っていた。神松蔭女大戦は少しだけ意識したが、プレーとしてはリーグを通して100点。リーグ前の合宿から上がってきていたし良かったと思う。6月の王座には出る予定。ラストシーズンなので向かっていきたい」

▼薮内
「緊張した。入りは良かったのに2ゲームを落としてしまった。やばいと思ったが、大丈夫と切り替えた。勝ってヒーローになってやろうと思っていた。古田も『やりきりましょう』って言ってくれたし感謝してる。前衛が古田じゃなかったら勝てなかったかもしれない。勝って安心したのか自然に涙が出て来た。このリーグを通して精神的に成長できたと思う。王座にも行けるし、すごくきつかったがきっちり勝ちきれて良かった。田中さんとも『ほんまによかった』と話し合った。王座で絶対優勝を目指していきたい」

▼古田
「3番目というよりもプレッシャーを感じずにできたのが良かった。4戦目も全く緊張しなかった。楽しんでしようと。今日のプレーは70点。自分から攻撃ができるファーストサーブのミスが良くなかった。春リーグで見つけた課題を改善して王座へ向かいたい」