【準硬式野球】総力戦でつかんだ勝利!2次予選へ進出決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西地区大学トーナメント大会1次予選決勝戦◇対京都府立医科大◇5月5日◇関西学院大学第2フィールド◇

関  大 101 400 000=6
京府医大 000 103 000=4

(関)池本、土居、芝、増本、北野―庄中
(京)佐々木―森

9回裏、6-4の2点リードした状況で抑えを任されたのは、前日先発で8回を投げ切った北野雅己主将(経4)。1人目を空振り三振で斬ると、一瞬で見る者の心を奪った。2人目を高めの球で投ゴロに打ち取り、苦手だというフィールディングをそつなくこなす。簡単に2死に追い込み、迎えたのは4打席4出塁の3番上村。関大ピッチャーを悩ませてきた強敵も、極限状態の北野は簡単に空振り三振で抑えて、この試合にピリオドを打った。


△北野

1次予選トーナメント決勝。連日の戦いを勝ち抜いてきた関大準硬。この日の試合は、今トーナメントの中で一番苦しい試合となった。ピッチャーをほとんど使い切る、まさに総力戦を繰り広げた。

先攻の関大はこの日も先制に成功する。初回、2番長尾聡大(政策3)と4番前田航平(環都3)が四球で出塁。そして5番白石幸太郎(商4)の左中間に抜ける痛烈なタイムリーで1点を挙げる。この試合も幸先は良く、これで1次予選トーナメントは全戦初回先制となった。


△白石

その裏、先発を任されたのは池本直斗(社4)。中1日の慣れないスパンでの登板だが、しっかりとした投球でチームに応える。失策や死球で走者を出すものの、守備陣と息の合ったプレーで無失点に抑える。以降は三者凡退で相手打線を封じ続け、進塁を許さない完ぺきな投球を披露する。


△池本

打撃陣も好調だ。3回に3番村松健太郎(法4)が右方向への安打を決めると、ここでまたも白石が魅せる。右翼線の際どい位置に打球を運び、村松を生還させる2点目のタイムリーを放った。


△村松


△白石

さらに4回、7番池本が三遊間を破る二塁打を放つと、続く8番神足京平(法4)が自慢の俊足で普通は犠打となる打球をセーフティバントにする。そこから四球が重なり、押し出しで1点を追加。その後、左手を負傷した長尾の代わりに出場の2番藤元椋(経4)と4番前田のタイムリーもあり、この回一気に4点を追加した。


△池本


△神足


△藤元


△前田

大きな援護をもらった池本だが、突如崩れる。「腕に力が入らなくなっていた」。4回裏、この回先頭の3番上村以降3者連続安打を浴びると、池本の暴投で1点を返されてしまう。その後も満塁のピンチが続くが、6番米永のゴロを三塁手・前田が上手く捕球し、冷静な判断で5-2-3の併殺に成功。それ以上の失点を免れた。

疲れが見え始めた池本に代わり、5回からは土居凛月(政策2)が登板。この回は3人でしっかり抑えるが、6回に相手打線に捕まる。あっと言う間に満塁に追い込まれると、四死球の押し出しで2点を献上。ここで土居は降板となった。代わって3番手・芝勇作(商4)がマウンドへ。スクイズでさらに1点を許し、苦しみながらもスリーアウトを取って長いイニングを終わらせた。


△土居


△芝

6-4まで迫られた関大は、7回から増本皓介(社4)が登板する。死球で出塁を許すが、ここは捕手・庄中亮太(政策2)がきっちりと刺して増本を助ける。守備陣の援護をもらいながら好投を続け、ランナーを背負うものの8回まで無失点で投げ切り、安堵の表情を浮かべてマウンドを後にした。


△増本

追加点でピッチャーを安心させたい関大。だが、毎回ヒットの後が続かない。結局それ以上の点は挙げられず、2点差のまま最終イニングへ突入した。

9回裏、最後のマウンドを託されたのはエースで主将の北野。関大の最終兵器に、相手打線は手も足も出ない。ピッチングで圧倒した北野主将は、その手で勝利をもぎ取って1次予選リーグを突破した。

初戦から完全に流れを手にした関大は、破竹の3連勝でここまで来た。この先の2次予選リーグには、さらなる強敵たちが待っている。猛攻止まらぬ打撃陣と、圧巻のピッチングを見せる投手陣。この実力と勢いがあれば勝利は確実だ。次戦までの2週間でどこまで仕上げられるかが鍵となる。北野準硬の快進撃はまだまだこれからだ。【文/写真:松山奈央】

▼三浦監督
「前半、4回までは良かった。ピッチャーも普段、中1日で投げることがない。これまで2点差勝利はなくて、リーグ前半の1点差勝ちか最終戦以降の大差が多かった。慌てずに継投でしのげた。打線が、チャンスでダメ押しの点を取れなかった。しっかり6点を取って守りきれた。2次予選トーナメントへの課題も見えた。共有してレベルアップできるよう練習していきたい」

▼北野主将
「手応えのあるピッチングができた。程よく力も抜けて、しっかりと腕が振れた。先発登板だとイニングごとに力が入っていったが、今日は抑えだったから全力でいった。相手のバッター陣を見ていて抑えられる自信があった。楽しみながら、プレッシャー無くできた。春の反省や課題をみんなでこなし、切羽詰まった中でもゲームを作れた。点を取って、抑えられて、成長を感じた3日間。この勢いで2次もいきたい。2次トーナメントは関西選手権で負けた強いチームが降りてくる。実力あるチームと当たるかもしれない。試合ごとに日にちが空くから、ピッチャーも全力でいける。総力戦で、関大準硬の力を出して勝つ。それを引き出すために練習して課題をしっかりと潰す。まずは1勝」

▼池本
「中1日で体の張りはあった。負けたら終わり、やるしかなかった。昨日から準備はしっかりできた。前回よりは気楽に投げられた。球速や変化球など、前の課題は克服できたかな、と思う。4回にバテた。腕に力が入らなくなっていた。高くなったボールを打たれた。でも慌てず、1点で抑えられて良かった。最後は苦しいゲームになった。2次はレベルが上がって、苦しい試合が多くなると思う。自信を持って自分の野球を」

▼増本
「今日はあまりストレートが入らなかった。スライダーに自信はあったから押していった。リーグの立命戦で追い付かれたトラウマはあったが、打ち勝つことができた。0で抑えられたから、今日の自分は70点。出番があるならば、またチームのために抑え切りたい」

▼白石
「昨日は全く打てなかったから、今日は一打を意識した。5番にいる以上、打点が大事。今日は前2人(村松、前田)をカバーする気持ちでいった。これで勢い付いたから、この調子のままいきたい。2次に自信はある。勝ちます!」