【ソフトテニス】昨秋準Vからのまさかの2部降格…悔しさ胸に再起誓う

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • mixiチェック

◇平成30年度関西学生春季リーグ戦2日目◇5月4日◇マリンテニスパーク・北村

【第4戦】関大2-3大体大
谷口・飯田 4-0
阪本・大橋 2-4
岩木    1-4
石田・森島 2-4
池田・奥村 4-2

【第5戦】関大1-4同大
谷口・飯田 4-0
阪本・大橋 3-4
岩木    0-4
石田・森島 1-4
池田・奥村 1-4

【1部2部入替戦】関大2-3天理大
谷口・飯田 4-2
阪本・大橋 4-2
岩木    0-4
池田・奥村 1-4
石田・森島 2-4

まさかの展開だった。昨秋準優勝のチームがリーグ戦1勝に沈み、苦杯をなめた。昨年昇格を果たした春季リーグ戦での入替戦でしのぎを削った天理大との入替戦に敗れ、無念の2部降格となった。

第4戦の大体大戦から昨日からの悪い流れを止められない。先陣を切った谷口睦(商2)・飯田脩三(人2)組が圧巻のプレーで勝利をつかむが、後続が連敗を喫し敗北。第5試合で池田侑生(商3)・奥村亮介(安全3)組が奥村のボレーが冴え、勝利をつかんだが反撃は間に合わなかった。

勝てば1部残留が決まる大一番で迎えた相手は、ここまで全勝でリーグ優勝へひた走る同大。この試合も幸先よく谷口・飯田組がストレート勝ちを納める。

続く阪本崚(商1)・大橋和生(人1)組もカットサーブを軸に攻めてくる相手ペアを追い詰め3-2で迎えた第6ゲームにマッチポイントを迎える。だが、決めきれず勝負はファイナルへ。最後は阪本のストロークがネットにかかり、期待の1年生ペアは黒星を喫した。その後は同大の勢いを取り切れず、差をつけられての敗戦。6位の関学大が2勝目を挙げたため関大は6位に転落。入替戦を戦うことになった。

天理大との因縁の入替戦。最初2試合は飯田、大橋が絶好調の活躍をみせ連勝スタートを切り、1部残留へ王手をかける。だが、続く岩木和也(経4)が全日本インカレベスト8の強敵、高津にストレート負け。この結果、関大はこのリーグ戦でシングルス全敗となった。

2-1で迎えた池田・奥村組も第1ゲームは奪ったがその後4ゲーム連続で失い逆転負け。昇降格の行方は石田康貴主将(経4)・森島丈詞(経3)組に委ねられた。主将は「やっぱりきた」と準備万全。強気のストロークで第1ゲームをものにする。勝負の分かれ目となったのは1-2で迎えた第4ゲーム。石田のストロークが決まると、相手も負けじとポイントを重ねてくる。だが、迎えた16ポイント目。石田のフォアストロークがネットにかかり、このゲームを落とした。続くゲームは奪い粘りを見せたが、第6ゲームをラブゲームで奪われ終戦。歓喜に沸く天理大メンバーを背に主将はコートに立ち尽くした。

次の秋季リーグは3季ぶりの2部で戦う。「秋の2位っていうのがあって取り組みの姿勢が甘くなっていた」主将の口から洩れでた言葉は「練習不足」と「慢心」だった。だが、いつまでも下は向いていられない。「秋リーグで1部に上がるチャンスはあるので絶対上がれるように。西カレ、インカレを大事にしてそこで勢いをつけて2部優勝」(石田主将)。降格の悔しさの味を忘れずにまずは次の西カレ。そして、秋季リーグでの逆襲へ再び歩みだす。【文:多田知生/写真:多田知生・松浦智】

▼石田主将
「全体的に秋の2位っていうのがあって取り組みの姿勢が甘くなっていた。後衛が厳しい球打った後前衛が決めきれなかったり、相手が深い球を打ってきたときも守りにいけなかったり、前衛の仕掛けも少なかった。キャプテンという責任あるポジションをやらせてもらっている。その中で結果として負けてしまうっていうのは自分の責任だと思っている。(自分のプレーにも)練習不足があった。取り戻すのに時間がかかった。それで焦ってしまった。(天理大戦はチームの勝敗がかかった試合だったが)2-2で回ってくるだろうなということはわかっていた。「やっぱりきた」っていう感じ。強気の中でも前衛をうまく使っていこうと考えていた。(これからについて)4年生の取り組みがダメだった・そこは責任をもって。秋リーグで1部に上がるチャンスはあるので絶対上がれるように。西カレ、インカレを大事にしてそこで勢いをつけて2部優勝。入替戦もしっかりと勝ちたい。(秋季リーグ戦に4年生も出場を?)まだ決まってはない。未定。下に実力のあるいい子たちがいるので、自分たちもしっかり練習して育てていきつつ考えたい。」